サンロード青森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンロード青森
SUN ROAD AOMORI
SUNROAD Aomori.jpg
店舗概要
所在地 030-8533
青森県青森市緑三丁目9-2
座標 北緯40度48分28.1秒 東経140度45分11.8秒 / 北緯40.807806度 東経140.753278度 / 40.807806; 140.753278座標: 北緯40度48分28.1秒 東経140度45分11.8秒 / 北緯40.807806度 東経140.753278度 / 40.807806; 140.753278
開業日 1977年(昭和52年)9月2日
施設所有者 協同組合サンロード青森
施設管理者 協同組合サンロード青森
中核店舗 イオン青森店
営業時間 10:00 - 20:00
(一部店舗をのぞく)
外部リンク www.sunroad.or.jp
ÆON RETAIL

サンロード青森(サンロードあおもり)は青森県青森市に所在するショッピングセンター

核テナントはイオン青森店。市民には「ジャスコ(かつての店名)」と「サンロード青森」が同じ意味で使われることが多いが、運営主体は異なる。

本記事では、運営主体としての「サンロード青森」とショッピングセンターとしての「サンロード青森」の両者をあわせて扱う。運営主体については後述

概要[編集]

当時郊外部であった沼の場所を利用して1977年にオープン。周辺の開発が進んで開店当初の面影はないがもともとは場所が悪かったため、家屋は一軒立ち退いたのみで建設することができた。設立の主な動機は高度成長により拡大してきたナショナルチェーンの地方進出に対抗するのと、亀屋松木屋など地方企業が百貨店化するのに対抗するためでもあった。また、青森市中心市街地が商業機能のドーナツ化現象を起こしていたのも原因ではあるが、出店した敷地は当時の郊外に当たる地区であり、その後中心市街地の店舗はますますその規模を縮小していくことになり、この動機は結果的にはさほど果たされなかったということになる。

テナント[編集]

キーテナント[編集]

  • イオン青森店
    • 2011年3月1日、運営会社のイオンリテールが展開する大型スーパー3ブランド[1]の名称を一斉変更するのに伴い、「ジャスコ青森店」より変更された。

専門店街[編集]

かつてはテナントに県内企業以外は出店させないという内規があったが、その後この内規は撤廃され、2011年現在ではサンマルクカフェ日本マクドナルドなど、全国展開する企業もテナントとして入居している。

アムゼ[編集]

平成に入り、サンロード青森が総工費約80億円を用い、正面にあった駐車場の敷地を用いて工事を行い、市内初の屋内遊園地を目指し「AMZ(アムゼ)」を開発するもすぐさま財政難で挫折。多額の借金が残った。理由としてはそもそも屋内遊園地という構想が無謀であったこと、デザインとして意図的に傾けた形にして建設してしまったため融雪費だけでも年間100万円程度の費用がかかること、国道103号に面するかつての正面玄関に当たる場所を塞いだため、全体としてのバランスが崩れてしまったことなどが挙げられる。その状況にサンロード青森側は柔軟に対応し、当初の姿勢を反省、方針を大幅に変換。全遊具を撤去し、アムゼの一部を他の店舗に割り当て、他の場所をゲームセンター(現・タイトーステーション青森アムゼ店)にし、地下は映画館青森松竹アムゼ)にする工事が行われた。

郵便局[編集]

  • サンロード青森内簡易郵便局 - ただし窓口は1階、ATMは3階[2](RAB学苑入口付近)にある。

建物の変遷[編集]

1985年に現在のアカチャンホンポの場所が増設された。現在ではその痕跡はほとんど残っていないが、アカチャンホンポの入り口の左脇に半円形の何に使うのか現在ではもはや不明なものがあるのは当時の名残である。当時はそれが何個も入り口に連なっており服などを飾っていた。タクシー乗り場は国道103号に面した場所(現在の成田本店とアムゼの境界線付近)に位置しており、そこが正面玄関として認知されていた。

なお、当時のゲームセンターはジャスコの横(現在の化粧品売り場)に位置しており、3階まで上るスロープがその隣にあった。ジャスコにあったゲームセンターはその後の改装後3階に移ったが、その後アムゼが屋内遊園地からゲームセンター化していくのに合わせるようにして消滅した。

1994年にはアムゼ部分が増設された。これにより、北側のタクシー乗り場がなくなった。当初はアムゼに入るためには入場料が必要であったが後に撤廃。2階に出店していた飲食店も後に閉鎖、現在はその跡が窺えるのみである。当時1階にあったメリーゴーランド(現在アムゼの中でアイスクリームなどの自動販売機がある場所の北側にあった)などの施設も、今ではわずかにその床の形から推測できるのみである。当時映像などを流しながら、座席が動く仕掛けになっていた場所は、1996年から映画館となり、現在「青森松竹アムゼ」として営業している。なお、アムゼにあったさまざまな施設の撤廃は徐々に実施されたものである。

2000年には施設の改装を実施した。主にアムゼでの失敗部分をカバーする形となり、増設ではなく必要性から行わざるを得なかったものである。この工事によりアムゼのうち、傾いた形に設計された建物を除く部分(現在ダイソーと成田本店がある場所)がアムゼのゲームセンターから除かれることになる。移動に便利なように、1階成田本店横の通路、2階アメリカ屋横の通路と、3階に細い通路が作られた。また、3階には通路の角に見下ろすための狭い台が2か所あるだけであったものを、サンホールを見おろすための窓が新たにつくられた。

運営主体[編集]

協同組合 サンロード青森
Sunroad Aomori
種類 協同組合
本社所在地 日本の旗 日本
030-8533
青森県青森市緑3-9-2
北緯40度48分28.00秒
東経140度45分12.00秒
設立 1969年2月4日
業種 小売業
法人番号 9420005000184
代表者 理事長 岡島秀雄
資本金 4億5341万円(2006年3月現在)
外部リンク www.sunroad.or.jp
テンプレートを表示

協同組合サンロード青森はショッピングセンター「サンロード青森」を運営する事業協同組合である。

会社名として名乗る時は、ニュータウン商事株式会社と称する。1976年5月25日設立。

沿革[編集]

  • 1969年(昭和44年)2月4日 - 日専連青森会加盟の有志27名により協同組合サンロード青森結成。当時の組合員は27人で初代理事長は村田基之であった。5月から10月にかけて用地買収が行われる。
  • 1970年(昭和45年)7月 - 青森市が当該地区の区画整理事業を発表したため、オープンを1973年に変更することになる。
  • 1971年(昭和46年)6月 - 区画整理事業の遅れによりオープンを1974年に再変更することになる。
  • 1973年(昭和48年)1月 - 資金が集まったため用地買収をさらに進める。オープンはさらに遅れる見込みとなる。
  • 1975年(昭和50年)12月 - キーテナントがジャスコに決定される。
  • 1976年(昭和51年)5月25日 - ニュータウン商事株式会社として会社を設立。同年10月に着工される。
  • 1977年(昭和52年)9月2日 - 現在の敷地にオープン。「サンロード青森」は日本初の地元専門店主導型ショッピングセンターであった。
  • 1985年(昭和60年) - 北駐車場を用い、パレサンロード(現在のアカチャンホンポの場所)を増設。
  • 1991年(平成3年)3月 - パレサンロード退店。
  • 1994年(平成6年)3月 - 東の駐車場を用い全天候型アミューズメント施設アムゼがオープンし、立体駐車場が使用開始となる。
  • 2000年(平成12年)3月 - リニューアル。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月31日 - この日をもって無料送迎バスの運行終了[3]
    • 11月1日 - 東北地方のショッピングセンターとしては初めて、ケータイクレジット「iD」を全館に導入。
  • 2009年(平成21年)11月20日 - 一部を除く専門店でWAONの利用開始(ジャスコなどでは既に利用可能となっている)。
  • 2011年(平成23年)3月1日 - キーテナントの「ジャスコ青森店」が、イオンリテールが展開する大型スーパーの名称一斉変更に伴い、「イオン青森店」に変更される。

周辺[編集]

駐車場[編集]

立体駐車場[編集]

アムゼが建設された際に、廃止される駐車場の収容台数を補填するために設置された。6階建であるが、サンロード青森は4階建であり、周辺に複数存在する露天の駐車場の方が利用価値が高いとして、2011年時点では5階以上は関係者専用とされている。一般の駐車場料金は無料である。

屋上駐車場[編集]

サンロード青森の3階に開設当初からある駐車場である。屋上中央出入口を境にイオン側とサンロード青森専門店側の二つの部分に分かれている。一般の使用料金は無料である。なお、この屋上駐車場とその出入口付近に限り、右側通行となっている。

屋外駐車場[編集]

2011年現在東に2か所、西に4か所、南に1か所ある。一般の使用料金は無料である。ただし、「東-2」駐車場は隣接する「サイバーカフェフリークス 青森サンロード店」との共用である上、冬季は、降雪及び駐車場の除雪基地も設置されるため、純粋にサンロードのみ利用可能な台数が少なくなる。[要出典]

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジャスコ、サティイオン
  2. ^ 青森銀行・みちのく銀行のATMと並んでいる。
  3. ^ 但し、路線バスが通らない地区へ曜日限定で「買い物バス」を運行している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]