薬ヒグチ&ファーマライズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
薬ヒグチ&ファーマライズ株式会社
Pharmarise & Higuchi Corporation
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
東京都中野区中央1-38-1 住友中野坂上ビル8階
設立 1965年9月(徳庵商事株式会社)
業種 小売業
法人番号 2120001002279
事業内容 ドラッグストア、調剤薬局の経営
代表者 代表取締役社長 大野利美知
資本金 9000万円
従業員数 483名(2015年10月時点)
主要株主 ファーマライズホールディングス(55.1%)
ヒグチ産業(30%)
ファミリーマート(14.9%)
外部リンク http://www.ph-higuchi.co.jp/
テンプレートを表示
薬ヒグチ江坂店(大阪府吹田市
薬ヒグチフレスポ東大阪店(大阪府東大阪市

薬ヒグチ&ファーマライズ株式会社(くすりヒグチアンドファーマライズ)は、東京都に本社を置く、ドラッグストア、調剤薬局の経営をおこなう企業である。黄色い鳥マークのドラッグストア「薬ヒグチ」や薬局チェーンを国内各地に展開している。

本項目では、2015年まで「薬ヒグチ」を運営していたヒグチ産業株式会社についても記述する。

会社概要[編集]

チェーンドラッグストアである「薬ヒグチ」を展開している。薬の販売事業を中心に、自社で配置薬を取り扱うなどする一方、1980年代からは旅行会社の「ヒグチトラベル」、DPE(写真現像・プリント)の「ヒグチカラー」も経営していた。

かつては1970年代から1980年代にかけて、創業者・樋口俊夫ゾウの上に乗り、「目標、1327店!(当初は427店)[1]」と宣言するテレビCMを放映していたことで知られた。2009年現在では関東・関西の両地区を中心に、北海道東北地方を除く全国各地に店舗を展開している。最盛期は関西地区での駅前商店街や市場への出店を中心に約500店の規模まで出店数を伸ばしたが、近年はそれまでの主力出店先であった商店街が量販店との競合により衰退傾向にあることや、同業他社との競合激化により都市型大型店舗および調剤併設店舗を中心とした出店方針に転換。既存の小型店については閉店・統合を順次進めるなど、スクラップアンドビルドの途上にある。

2010年コンビニエンスストアポプラとフランチャイズ契約を結び、コンビニとドラッグストアの融合店舗「ポプラ+薬ヒグチ」をオープン。また2012年5月、コンビニ大手のファミリーマートとフランチャイズ契約を結び、コンビニとドラッグストアの融合店舗「ファミリーマート+薬ヒグチ」の第1号店を東京都千代田区神田小川町にオープンさせた。以後、「ファミリーマート+薬ヒグチ」は首都圏京阪神を中心に店舗を展開している。

ファミリーマート+薬ヒグチ京橋店(大阪市都島区

2015年、ファミリーマートとファーマライズホールディングス(調剤薬局大手)との三社共同出資の薬ヒグチ&ファーマライズ株式会社に薬局部門を譲渡し、ヒグチ産業株式会社には不動産部門のみ残ることとなった[2]

沿革[編集]

  • 1947年昭和22年):創業者の樋口俊夫が大阪・京橋で薬局を開店。
  • 1953年(昭和28年)4月20日:ヒグチ産業株式会社設立[3]
  • 1954年(昭和29年):現在の薬ヒグチの元となる「京浜薬局」を設立。
  • 1961年(昭和36年):「薬ヒグチ」を設立。
  • 1970年(昭和45年):「薬ヒグチ」のフランチャイズ事業を開始。樋口俊夫本人が出演したテレビCMの放映が開始される。
  • 1980年(昭和55年):目標としていた427店舗の出店を果たす。
  • 2015年平成27年)10月1日:ヒグチ産業の子会社・徳庵商事にドラッグストア事業を分割譲渡。徳庵商事はファミリーマート・ファーマライズホールディングスに対し第三者割当増資を行い、社名を薬ヒグチ&ファーマライズ株式会社に変更[4]

脚注[編集]

  1. ^ 「427店」という中途半端な出店目標は、1947年に厚生省が発表した全国の薬局数の1%に当たる数字に由来している。この出店目標を達成後、百の位である「4」を「1」と「3」に分解して1327店を新たな目標数値とした。
  2. ^ ヒグチ産業 ドラッグコンビニのFC確立へ(流通ジャーナル on the web、2015年4月28日)
  3. ^ 流通会社年鑑 1978年版, 日本経済新聞社, (1977-10-25), pp. 315 
  4. ^ 合弁会社に関する最終契約締結のお知らせ (PDF)”. ファミリーマート (2015年8月18日). 2015年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]