スクラップアンドビルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スクラップアンドビルドとは、老朽化して非効率な工場設備や行政機構を廃棄・廃止して、新しい生産施設・行政機構におきかえることによって、生産設備・行政機構の集中化、効率化などを実現すること。

概要[編集]

工場設備や行政機構などで、非能率的な設備や組織を廃棄して、新しい能率的なものに立て直すこと。

小売業界では、老朽化した店舗や小規模店舗を閉店し、同じ商圏(または地域)で大規模の新店舗に置き換えることを指す。

使用例[編集]

炭鉱[編集]

日本の炭鉱は、1960年代後半から事故への対策や海外炭との競合から採算性が悪化、老朽化した施設を有する炭鉱を閉山して、新しい炭鉱への集約が行われた。この経緯をスクラップアンドビルドからビルド鉱と呼ばれた。

行政組織[編集]

日本の行政組織は、予算や組織(ポスト)の新設を行う場合、肥大化を防ぐために多くの場合は既存の予算や組織を廃止する。これをスクラップアンドビルド方式と呼ぶ[1]

商業施設[編集]

日本の流通業においては、イオングループ等がこの手法を多く活用している。例として、駅前立地の小型店や多層階の店舗を閉鎖[2]して郊外に大型で駐車場のあるショッピングセンターを作って移転したりする手法がある[3]。また、同一店舗を改築・改装する場合もある[4]

出典[編集]

  1. ^ スクラップアンドビルド方式(Kotobank)
  2. ^ ビブレフォーラストポスなどに業態転換する場合(例としてニチイ天神店天神ビブレの例がある)や一部エリアを使いマックスバリュグルメシティなどの系列スーパーマーケットを出店させる場合もある。
  3. ^ 移転例としてジャスコ伊勢店ジャスコ新伊勢店(現:イオン伊勢店)イオン七戸店イオン七戸十和田駅前店等の例があげられる。
  4. ^ 改築例としては、ジャスコいかるが店→イオンいかるが店ダイエー渕上店ダイエーグルメシティ博多祇園店ダイエー赤羽店などの例がある。

関連項目[編集]