天神ビブレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:ニチイ天神店時代及びVIVRE21時代の外観の画像提供をお願いします。2012年6月
天神ビブレ
Tenjin VIVRE
Tenjin VIVRE.JPG
地図
店舗概要
所在地 810-0001
福岡県福岡市中央区天神一丁目11番1号
座標 北緯33度35分26.9秒 東経130度24分0.2秒 / 北緯33.590806度 東経130.400056度 / 33.590806; 130.400056座標: 北緯33度35分26.9秒 東経130度24分0.2秒 / 北緯33.590806度 東経130.400056度 / 33.590806; 130.400056
開業日 1982年3月20日
(旧・ニチイ天神店 1976年11月6日
正式名称 天神ビブレビル[1]
施設所有者 株式会社因幡
施設管理者 株式会社因幡
福岡地所株式会社
敷地面積 2,430.25 m²
建築面積 2,300.27 m² (建蔽率95%)
延床面積 23,809.96 m² 
商業施設面積 9,510 m²
営業時間 10:30 - 20:30
前身 因幡町商店街

ニチイ天神店・天神一番街
(天神第1名店ビル)

天神VIVRE21
最寄駅
最寄IC 福岡高速環状線天神北出入口
外部リンク 公式サイト
OPA
テンプレートを表示
天神ビブレビル
情報
旧名称 天神第一名店ビル[2][3]
用途 店舗
設計者 株式会社東京浦辺建築事務所
施工 株式会社竹中工務店
大成建設株式会社
株式会社間組
共同企業体
建築主 福岡市天神1丁目第1防災建築街区造成組合
地権者:個人28名
事業主体 福岡市天神1丁目第1防災建築街区造成組合
管理運営 天神第一防災ビル株式会社
構造形式 鉄筋コンクリート構造(一部BC造)
敷地面積 2,430.25 m²
建築面積 2,300.27 m²
延床面積 23,809.96 m²
階数 地上8階・地下3階・塔屋2階
竣工 1976年11月5日
所在地 810-0001
福岡県福岡市中央区天神一丁目11番1号
テンプレートを表示

天神ビブレ(てんじんビブレ)は福岡県福岡市中央区天神において株式会社OPAが運営する商業施設。ビブレ業態の1号店である。

開業までの経緯[編集]

もともと当地には、因幡町商店街西鉄商店街(西鉄街)などの商店街があったが、木造店舗が多く火災が数回発生していたため、市街地再開発として天神コアとともに耐火構造のビルが建設されることとなり、再開発組合として「福岡市天神1丁目第1防災建築街区造成組合」を結成。ユニード(現:ダイエー)やジャスコ(現:イオン)・長崎屋などの総合スーパーが核店舗の候補に上がる中、当初は西武百貨店に内定していた[4]。しかし、オイルショックによる建設コストの増大、それに伴う家賃の値上げなどもあり交渉は難航。西友の出店も検討したものの最終的に入居を断念した。その影響や旧商店街一部店主や地権者の離脱[5]で建設が一時停止されたが直後にニチイが仲介会社を介する形態で初回に続いて出店を表明。離脱騒動も解決の目処が立ったため計画中止の事態は回避された。なお、一部店舗は暫定店舗として現在のイムズのある地に建設されていたてんじんファイブに一時期入居していた[2]

なお、建設時および開店当初のビル名は「天神第一名店ビル」であった[6]。また、開店当初はニチイの直営売り場は1階の半分程度と2階以上であり、それ以外の部分は地元商店主らによる「天神一番街」エリアとなっていた[7]。それに合わせて、商店主らを中心としたテナント会「天神第1名店ビル商店会(現:天神ビブレ商店会)」を結成している[8]。また、開業時から1990年代までは当店のみまたは西新ビブレ共通のCMを制作・放送していた[9][10]

開業後の推移[編集]

1976年(昭和51年)11月6日に、ニチイ天神店(ニチイ天神ショッピングデパート)が天神第一名店ビルの核店舗としてオープンした[2]。ニチイ天神店は繁華街にある都市型店舗として出店されたが、岩田屋博多大丸天神コアダイエーなどの競合店が密集する激戦地であったことや、若者向けのエリアに30代から40代をターゲットにする総合スーパーを開店させたという客層に対するミスマッチから業績を伸ばすことができなかった。これは出店以来単年度黒字を一度も計上することができなかった点からもわかる[11]

そこで、ニチイ(当時)は1982年(昭和57年)2月にニチイ天神店を閉店し、後のマイカルの語源ともなった「YOUNG MIND」(ヤングマインド)をキーワードに、大学生やOLなど20歳前半の若者をターゲットにした店舗として1ヶ月間の改装工事を施してビブレに業態転換。1982年(昭和57年)3月20日に天神ビブレ21としてリニューアルオープンした。これまでニチイの主力であり強みでもあった衣料品部門を大幅に縮小して雑貨を増やし、更には専門店を大幅に増やしたことが特徴であった。しかしながら、購買力のない若年齢層(10代の中学高校生など)が来客者の大半を占めるという、更なるターゲットの読み違いが発生した[11]。理由としては、内装をピンク色にするなどの政策ミス、顧客が新しい店舗ブランドへ慣れてなかったことなどがあげられ、スタッフはリニューアル1週間ほどで失敗に気づくことになる[12]。これらの問題や周辺競合店の相次ぐ改装も重なったこともあり、1982年11月に天神ビブレ21は、更にターゲット層の業態に即した店舗にリニューアルした[11]。後に、店名を「天神ビブレ」に、ビル名称を「天神ビブレビル」に変更している。

1997年には道路を挟んで東側のビル(旧・天神東急プラザ)に「天神ビブレ2」を開業した[13][14]が、マイカルの破綻に伴い開業から数年後の2001年(平成13年)2月25日に閉店した[15]。尚、天神ビブレ2閉店後の2001年(平成13年)11月には、跡地に「メディアモール天神」が開業している。2011年(平成23年)3月1日に運営会社がマイカルからイオンリテールに変更された。

天神地下街の天神コア側入口には案内表示板として「天神コア VIVRE21 一番街」の表示があったが、2012年(平成24年)秋に「天神コア 天神ビブレ」表示のものに差し替えられた。その後、2014年(平成26年)には入口看板ごと撤去されており、先述の看板は現存しない。

イオングループ内のファッションビル事業の再編に伴い、2016年(平成28年)3月1日に運営会社がイオンリテールからOPAに変更された。しかし福岡市が進行している天神ビッグバン計画により、天神コア、福岡ビルとともに2020年2月で閉店されることが明らかになった[16]。当初は福岡ビルと天神コアビルを第1期事業で、第2期事業で当ビルの建て替えの予定だったが、西鉄とOPAの親会社であるイオンモールとの間で合意に達したことから同時開発に至り、天神ビッグバンの期限である2024年までの立て替え完了を目指すことになった。この合意で当初予定されていた再開発ビルは1.4倍に拡大し、イオンモールは地下1階に食物販ゾーンを出店する予定[17]

主なテナント・施設[編集]

フロア構成[編集]

現在[編集]

2016年7月現在[19][20]。全フロアが天神コアと連絡している。B2Fは、メディアモール天神にも連絡している[19]

施設 連絡
8F Music & Gothic & Lolita / Live
ビブレホール・ミュージックランドキーなど
天神コア
7F Used & Casual Wear
GU
6F Culture
アニメイト福岡天神など
5F Men's Casual / Goods/Shoes
ライトオンアスビーサンキューマートなど
4F Men's Business & Casual / Accessories
ムッシュニコルなど
3F Men's Business & Casual
ニコルクラブフォーメン・コムサコミューン・カフェキャロットなど
2F Ladie's Casual / Bag / Shoes
ヴァニティフェイス・イオン銀行ATMなど
1F Ladie's Casual & Goods
ABCコスメストア・シアトルズベストコーヒーなど
B1F Cafe & Restaurant
マクドナルドサブウェイおむらいす亭手打ちうどん杵屋など
B2F Ladie's Casual & Goods
マジェスティックレゴン・地球文化屋など
天神コア
天神MMTビル
(メディアモール天神)

1977年頃(ニチイ天神店時代)[編集]

ニチイ天神店
(ニチイ天神ショッピングデパート)
天神一番街
店舗概要
所在地 810
福岡県福岡市中央区天神一丁目11番1号
開業日 1976年11月6日[2]
閉業日 1982年2月
正式名称 天神第一名店ビル
(天神第一防災ビル)[2][21]
施設所有者 天神第一防災ビル株式会社[2]
施設管理者 天神第一防災ビル株式会社[2]
敷地面積 2,430.25 m²
延床面積 23,809.96 m² 
商業施設面積 14,736 m²[21]
※専門店街も含む
前身 因幡町商店街
後身 天神VIVRE21

天神ビブレ
Nichii
ニチイチェーン
天神ショッピングデパート
テンプレートを表示

1977年頃のフロアガイドは下記の通り(一部抜粋)[21]

施設
7F リビングのフロア
家庭日用品・靴修理コーナー
6F ホビーとレジャーのフロア
おもちゃ鉄道模型文房具・スポーツ用品・インテリア用品
5F ファミリーのフロア
紳士服(肌着等)・子供服(肌着等)・婦人服(肌着等)・寝具・布団
4F メンズのフロア
紳士服・男性用化粧品
3F レディスとチルドレンファッションのフロア
婦人服・子供服
2F レディスカジュアルのフロア
婦人服・化粧品
1F ファッションエクセレントフロア(天神一番街)
紳士服ダーバンフタタCDコーナー(福岡相互銀行)など
B1F 集いのフロア(天神一番街)
雪印スノーピア手打ちうどん杵屋など
B2F 出逢いのフロア(天神一番街)
くすり・化粧品コクミン高千穂カメラなど

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大規模小売店舗の変更の届出 - 福岡市 2011年4月11日閲覧
  2. ^ a b c d e f g 参考資料:『因幡町商店街35年史』 天神ビブレ商店会、1984年。
  3. ^ 計画時・建築中の仮称は「天神第一防災ビル」であった。
  4. ^ ニチイも西武百貨店に並ぶ候補とされていたがこの時は選定を勝ち取ることができなかった。
  5. ^ 当時は地権者が複雑に入り組んでいた。ビルの完成を機に「天神第一防災ビル株式会社」を創設して権利・ビル管理関係を一本化した。その後、天神地区の一部ビルの権利を保有・管理する「株式会社因幡(天神地区の旧地名の一部であった「因幡町」から命名したものと思われる)」に統合されている。
  6. ^ 入口付近の大規模小売店舗表示板には2010年現在も「天神第一名店ビル」の表記がある。
  7. ^ 2011年現在は一部が衣料品店や漢方薬の店舗などとなっている以外はマクドナルドなどの飲食店エリアとなっており、天神一番街の名称も表向きには使われていない。
  8. ^ 『福岡天神 都心界50年の歩み』都心界、1999年3月、67-68頁。
  9. ^ ニチイ天神店CM - Youtube、2013年9月14日閲覧
  10. ^ 分割手数料無料セール 天神ビブレ - Youtube、2013年9月14日閲覧
  11. ^ a b c 参考資料:小樽商科大学『ビブレへのリニューアル・業態開発におけるイノベーションと競争 ビブレのケース』近藤公彦、2002年。
  12. ^ 『MYCALグループ 時代の感性を読む経営』講談社、1990年12月。
  13. ^ 西日本新聞 2019年11月17日
  14. ^ シティ情報ふくおか 臨時増刊号「ふくおか天神本 NEW 天神の最新情報すべてがわかる!」1998年3月27日発行
  15. ^ “マイカル、天神ビブレ別館2月25日閉鎖 福岡県福岡市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年3月1日)
  16. ^ 天神ビブレ 来年2月閉店 再開発「ビッグバン」中核に 若者文化発信し38年 西日本新聞社 2019年10月19日
  17. ^ 「福ビル街区建替 プロジェクト」街区全体の同時開発決定 - 西日本鉄道、イオン 2019年11月28日(2019年11月29日閲覧)
  18. ^ グルメ杵屋>店舗案内>福岡県2013年7月10日閲覧。
  19. ^ a b 天神ビブレフロアガイドリーフレット参照。
  20. ^ 天神ビブレ ショップ一覧”. 天神ビブレ. OPA. 2016年7月10日閲覧。
  21. ^ a b c 西日本新聞社「九州の顔 天神 小売商業の変化と都市構造」333P、1977年。2013年9月12日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]