宇多津町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
うたづちょう
宇多津町
Utazu town seen from Seto-Ohashi Line.JPG
瀬戸大橋線からみた宇多津市街
右端はゴールドタワー
Flag of Utazu Kagawa.JPG
宇多津町旗
Utazu Kagawa chapter.JPG
宇多津町章
1964年昭和39年)10月17日制定
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 香川県
綾歌郡
団体コード 37386-9
面積 8.10 km²
総人口 18,893
推計人口、2015年5月1日)
人口密度 2,330人/km²
隣接自治体 坂出市丸亀市
町の木
町の花 さつき
宇多津町役場
所在地 769-0292
香川県綾歌郡宇多津町字網ノ浦1881番地
北緯34度18分37.3秒東経133度49分31.8秒座標: 北緯34度18分37.3秒 東経133度49分31.8秒
宇多津町役場
外部リンク 宇多津町役場

宇多津町位置図

― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

宇多津町(うたづちょう)は、香川県

人口密度・人口増加率、共に香川県内の自治体で最も高い。町名の由来は旧郡の鵜足(うた)郡の津という事であり、古くは鵜足津とも表記された。

地理[編集]

香川県の瀬戸内海沿、中央よりやや西寄りの中讃地方に位置する。面積は県内自治体の中では最も小さく、東側に隣接する坂出市と西側の丸亀市に挟まれており両市の中心部にも近いが、経済的に比較的余裕があるため平成の大合併による合併は行わなかった。

町内のうち、字吉田の地域(番の州臨海工業団地の一部)は埋め立て地であるが、町内他場所とは北浦漁港で隔てられているため、陸路でのアクセス手段は隣接する坂出市を経由しなければならない飛び地である。

人口[編集]

Demography37386.svg
宇多津町と全国の年齢別人口分布(2005年) 宇多津町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 宇多津町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
宇多津町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 9,569人
1975年 10,752人
1980年 11,341人
1985年 11,864人
1990年 12,807人
1995年 14,928人
2000年 15,978人
2005年 17,460人
2010年 18,434人
総務省統計局 国勢調査より
宇多津町地区別人口・面積(2010年国勢調査)
区分 総数
(人)

(人)

(人)
世帯数
(世帯)
面積
(m²)
人口密度
(人/km²)
宇多津※ 8,942 4,397 4,545 3,783 5,189,319.6 1,723.2
  浜一番丁 357 183 174 179 315,659.3 1,131.0
浜二番丁 335 154 181 250 225,578.6 1,485.1
浜三番丁 176 89 87 130 330,036.2 533.3
浜四番丁 420 213 207 202 152,478.0 2,754.5
浜五番丁 1,895 941 954 853 307,878.2 6,155.0
浜六番丁 1,848 933 915 836 205,480.3 8,993.6
浜七番丁 1,639 784 855 712 126,774.3 12,928.5
浜八番丁 820 419 401 354 164,260.6 4,992.1
浜九番丁 811 393 418 336 138,421.2 5,858.9
新宇多津都市計 8,301 4,109 4,192 3,852 1,966,566.7 4,221.1
東分 1,191 586 605 415 953,103.5 1,249.6
合計 18,434 9,092 9,342 8,050 8,108,989.8 2,273.3

※「宇多津」の地域は大字が存在しない地域であるためこれは町丁名・大字名・地区名のいずれでもないが、便宜上「宇多津」と表示している。

広袤(こうぼう)[編集]

国土地理院地理情報によると宇多津町の東西南北それぞれの端は以下の位置で、東西の長さは3.45km、南北の長さは5.70kmである。

北端
北緯34度20分17秒 東経133度49分15秒 / 北緯34.33806度 東経133.82083度 / 34.33806; 133.82083 (宇多津町最北端)
西端
北緯34度18分39秒 東経133度48分22秒 / 北緯34.31083度 東経133.80611度 / 34.31083; 133.80611 (宇多津町最西端)
中心点
北緯34度18分44.5秒 東経133度49分29.5秒 / 北緯34.312361度 東経133.824861度 / 34.312361; 133.824861 (宇多津町中心点)
東端
北緯34度18分23秒 東経133度50分37秒 / 北緯34.30639度 東経133.84361度 / 34.30639; 133.84361 (宇多津町最東端)

南端
北緯34度17分12秒 東経133度50分6秒 / 北緯34.28667度 東経133.83500度 / 34.28667; 133.83500 (宇多津町最南端)

大字・町丁[編集]

  • 宇多津町(大字なし地域)
    • 字津ノ郷、字沼ノ池、字十楽寺、字長縄手、字中村、字山下、字西町、字本村、字網ノ浦、字塩浜、字新開、字平山、字坂下、字茶臼山、字津の山、字岩屋、字青の山、字吉田
  • 浜一番丁、浜二番丁、浜三番丁、浜四番丁、浜五番丁、浜六番丁、浜七番丁、浜八番丁、浜九番丁
  • 大字東分
    • 字板橋東、字板橋西、字牛堂、字三本松、字本村西、字本村東、字池ノ内、字元結木

住所表記[編集]

1955年昭和30年)5月3日以前の町域のうち、町丁が存在する県道33号以西(宇多津新都市、「浜○番丁」の地域)以外の地域は大字も町丁も無いため、町名の後に直接番地が表記され、「宇多津町○番地○」という形になる。大字がない地域の郵便番号は769-0210。

この大字も町丁も無い地域の存在というのは自治体同士の合併が繰り返された現在では珍しくなった現象で、県内では他に土庄町(一部)、琴平町(一部)、直島町(全域)にのみで同じ例が存在する。かつては町村制が施行された1890年明治23年)2月15日に村同士が合併をしなかった場合で、かつそれ以後にも合併をしていない自治体であれば普通に見られた現象であり、県内においても多くの自治体がこれに当てはまった。特に宇多津町の場合は、他自治体との合併をしなかったものの、他自治体の部分編入や埋め立てによる土地造成という歴史的経緯の結果、「大字も町丁も無い地域」、「大字が設定されている地域」、「町丁が設定されている地域」の3パターンが混在するという現象が生じている。

なお、町内において住居表示制度は一切導入されていない。

歴史[編集]

古代、港として大和朝廷に貢物を積み出していた。鎌倉時代には多くの寺院が建立され、兵の集結宿泊所として利用される。又、物資の積み出しの港として重要な位置を確立する。

1363年(貞治2年)、細川頼之細川清氏を破り、宇多津に居城を構え、讃岐の守護所とする。これより政治の中心地となり細川頼之が四国を分国として統治する際も宇多津の居城に在住したため、四国の中心地になった。

年表[編集]

行政[編集]

町長[編集]

歴代町長(公選)

  • 初代 三木百之助 - 昭和21年6月5日〜昭和23年5月6日
  • 二代 平田三次郎 - 昭和23年6月20日〜昭和35年6月19日
  • 三代 本川宗治 - 昭和35年6月20日〜昭和45年10月1日
  • 四代 平田次郎 - 昭和45年11月8日〜平成5年3月15日(宇多津町名誉町民)
  • 五代 米沢正文 - 平成5年4月25日〜平成14年9月13日(平成14年9月8日に受託収賄容疑で逮捕され、13日失職)
  • 六代 谷川実 - 平成14年10月20日〜平成22年10月19日

町役場組織[編集]

  • 総務課
  • 危機管理課
  • まちづくり課
  • 地域整備課
  • 水道課
  • 税務課
  • 住民生活課
  • 保健福祉課
  • 健康増進課
  • 出納室
  • 教育委員会 学校教育課
  • 教育委員会 生涯学習課

警察[編集]

  • 香川県警察坂出警察署 宇多津交番

町内にある国・県の機関[編集]

  • 第六管区海上保安本部備讃瀬戸海上交通センター


立法[編集]

  • 定数:10人
    • 議長:香川虎生
    • 副議長:平田弘次

また、香川県議会の選挙区は坂出市選挙区に属し、同市と合わせて定数は3となっている。

経済[編集]

ゴールドタワー

かつては広大な塩田が広がっていた町だったが、1980年代以降塩田が埋め立てられ再開発が始まった。その後瀬戸大橋の開通にあわせ、JR宇多津駅舎も予讃線の移設(かつてはやや内陸部を走っていた)と合わせて高架化され、ゴールドタワーなどの観光・商業施設の充実や高層マンションの建設や中層マンションのラッシュなど大きな発展をみせた。現在も以前のような勢いはないものの、マンションやスーパーなど商業施設の建設が行われており発展し続けている。
しかし、一方で郊外部にショッピングモールイオンモール高松イオンモール綾川ゆめタウン丸亀など)が建設されたことで商業施設の激化が更に進み、核商業施設となっていた『宇多津ビブレ』が2014年2月末で閉店するなど、町の商業地区の集客力が低下してきている。

産業[編集]

特産品[編集]

  • -入浜式復元塩田でつくられている。

教育[編集]

学校[編集]

大学・短期大学[編集]

高等学校[編集]

  • 町内にはない。

中学校[編集]

町立

小学校[編集]

町立

幼稚園[編集]

町立
  • 宇多津幼稚園
私立
  • 青山幼稚園
  • 香川短期大学附属幼稚園

専門学校[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

宇多津駅

町内にはJR四国宇多津駅があり、予讃線高松方面・丸亀方面、本四備讃線岡山方面を結んでいる。当駅は多数の特急列車が停車する。

路線バス[編集]

注:2014年9月現在、町役場にアクセスする路線バスは無い

リムジンバス[編集]

道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

町道[編集]

道の駅[編集]

出身有名人[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

復元された入浜式塩田
郷照寺

名所・旧跡・観光スポット[編集]

  • うたづ臨海公園
    • うたづ海ホタル(宇多津町産業資料館) - 塩田に関しての資料・道具などが展示。
    • 復元塩田 - 復元された入浜式塩田
  • ゴールドタワー(高さ158m)
  • 世界のガラス館
  • 常盤公園
  • 青の山頂上展望台

神社・寺院・仏閣[編集]

祭事・催事[編集]

  • 塩竃神社例大祭
  • 宇夫階神社例大祭
  • うたづの町家とおひなさん-2004年に開始され、毎年3月上旬に開催。民家の玄関に明治からのひな人形が飾られる[4]


通信[編集]

  • 市外局番は全域0877(丸亀MA)。

脚注[編集]

  1. ^ 図典 日本の市町村章 p194
  2. ^ a b 町の歴史”. 宇多津町. 2015年8月31日閲覧。
  3. ^ “宇多津町ご当地ナンバープレートのデザインが決まりました!” (プレスリリース), 宇多津町, (2010年9月28日), http://town.utazu.kagawa.jp/1news_kiji/20100928-2.html 2010年12月7日閲覧。 
  4. ^ “風情、愛らしさ競演/うたづの町家とおひなさん” (プレスリリース), 四国新聞社, (2015年3月1日), http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/20150228000273 2015年8月29日閲覧。 

外部リンク[編集]