丸亀駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
丸亀駅
駅舎
駅舎
まるがめ
Marugame
Y09 宇多津 (2.6km)
(1.6km) 讃岐塩屋 Y11
所在地 香川県丸亀市新町6-3-50
駅番号 Y10
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 予讃線
キロ程 28.5km(高松起点)
岡山から48.5km
電報略号 マメ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
3,976人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1889年明治22年)5月23日[1]
備考 みどりの窓口
テンプレートを表示
丸亀駅配線図

宇多津駅

STRg STRf
STR STR
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STR STR
STRg STRf

讃岐塩屋駅

駅舎。MIMOCAに続く駅前広場にはパブリックアートが設置されている
プラットホーム

丸亀駅(まるがめえき)は、香川県丸亀市新町にある、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線である。駅番号Y10

臨時列車を除き、特急を含めた全旅客列車が停車する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

北口

相対式ホーム2面2線を持つ高架駅。高架化工事で仮線に切り替えられるまでは単式・島式の複合型2面3線であった。ホームは曲線を描いており、線路も通過列車があるためカントがつけてある。

丸亀市の津波避難ビルに指定されている[3]

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1 予讃線 下り 観音寺松山琴平高知方面 一部列車は多度津駅から土讃線へ直通
2 予讃線 上り 坂出高松岡山方面 一部列車は宇多津駅から瀬戸大橋線へ直通

利用状況[編集]

近年における1日平均の乗車人員は以下の通り[4][5]

年度 1日平均
乗車人員
2004年 4,394
2005年 4,190
2006年 4,202
2007年 4,180
2008年 4,125
2009年 3,970
2010年 3,866
2011年 3,826
2012年 3,824
2013年 3,929
2014年 3,853
2015年 3,948
2016年 3,976

駅周辺[編集]

丸亀港丸亀城・丸亀市役所のほぼ中間に位置する。丸亀港フェリーターミナル(塩飽諸島航路乗り場)は北に約600m、 丸亀城北隣に位置する丸亀市役所は南に約800mの位置にある。南口駅前広場の西隣には丸亀市猪熊弦一郎現代美術館丸亀市立中央図書館が位置している。

路線バス[編集]

駅前バス停

南口駅前東側に「丸亀駅」バス停があり、琴参バスと丸亀市コミュニティバス「ぐるっとバス」、高速バスが停車する。

琴参バス
丸亀市コミュニティバス「ぐるっとバス」
  • 丸亀西線
    • 丸亀城前・労災病院方面
    • 丸亀高校・城西高校前・ゆめタウン前・スポーツセンター・丸亀スタジアム・善通寺ICバスターミナル方面
    • 塩屋橋・中讃ケーブル・ゆめタウン前・ボートピア丸亀・善通寺ICバスターミナル・丸亀スタジアム方面
  • 丸亀東線
    • 競艇場口・宇多津駅北口方面
    • 丸亀城前・蓬莱橋・長友団地・飯野山登山口・飯山市民総合センター・亀山団地方面
  • 丸亀垂水線
    • 丸亀港方面
    • (左回り)丸亀高校・郡家郵便局・垂水橋方面
    • (右回り)丸亀城前・高津団地・岸の上・垂水橋方面
  • レオマ宇多津線
  • 綾歌宇多津線
    • 丸亀高校・郡家郵便局・岸の上・南コミュニティセンター・琴電岡田駅・綾歌市民総合センター・湯舟道方面
高速バス

なお、丸亀市総合運動公園内にあるPikaraスタジアムJリーグカマタマーレ讃岐の試合が行われるときに琴参バスが運行するシャトルバスも南口から発車するが、この場合の乗り場は上述のバス停ではなく、猪熊弦一郎現代美術館向かいの臨時バス停となる[6]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
予讃線
快速「サンポート」・普通
宇多津駅 (Y09) - 丸亀駅 (Y10) - 讃岐塩屋駅 (Y11)

脚注[編集]

  1. ^ a b “讃岐鉄道開業120年記念し多彩なイベント/23日”. 四国新聞(四国新聞社).(2009年5月14日)
  2. ^ 鉄道ジャーナル』第21巻第1号、鉄道ジャーナル社、1987年1月、 18頁。
  3. ^ 「津波避難ビル」について 丸亀市](2015年12月19日閲覧)
  4. ^ 平成28年版丸亀市統計書 (PDF)
  5. ^ JR四国・会社案内
  6. ^ 丸亀駅~丸亀競技場”. 大川自動車. 2017年10月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]