八十場駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:電化前の下りホーム画像の画像提供をお願いします。2011年3月
八十場駅
Yasoba Station-Platform.jpg
ホーム 鴨川方より
やそば
Yasoba
Y06 鴨川 (2.0km)
(2.7km) 坂出 Y08
所在地 香川県坂出市西庄町831
駅番号 Y07
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 予讃線
キロ程 18.6km(高松起点)
電報略号 ヤソ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
107人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1952年昭和27年)1月27日
備考 無人駅(自動券売機 有)
テンプレートを表示

八十場駅配線図
2 1


STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

八十場駅(やそばえき)は、香川県坂出市西庄町にある四国旅客鉄道(JR四国)予讃線駅番号Y07

普通列車以外は通過となるため、瀬戸大橋線系統の列車は停車しない。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅無人駅である。

かつてはホームが1両分しかなく、国鉄時代は仮乗降場同然の扱いで普通列車もほとんど通過していた[2]。下りホームは、枕木を積み重ねただけだった[3]讃岐府中駅と共に「一日上下1本づつしか停車しない駅」として紹介されたこともあり[3]、特に同じくほとんど停車列車のなかった「八十場→讃岐塩屋」は1980年頃までの時刻では、近距離であるにもかかわらず当日のうちに到達することは不可能だった[4]

JR化直前の電化完成後は停車列車が増え[5]、ホーム延伸で2両分になったが、進行方向後寄りの2両のみドア開閉し、前寄りの1、2両が締切扱いだった。現在は4両分となっている[6]

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 予讃線 上り 高松方面
2 予讃線 下り 多度津観音寺琴平方面
1両ホームを拡張した上りホーム

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は以下の通り。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2008 88
2009 88
2010 99
2011 96
2012 98
2013 107
2014 107

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
予讃線
快速「マリンライナー」・快速「サンポート
通過
普通
鴨川駅 (Y06) - 八十場駅 (Y07) - 坂出駅 (Y08)

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「日本国有鉄道公示第11号」『官報』1952年1月22日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 1982年11月15日改正ダイヤによれば、当時当駅に停車する列車は下りは高松発松山行き普通列車(135D)の7時53分発、上りは琴平発高松行き普通列車(1260D)の17時22分発のみ。
  3. ^ a b 小学館『コロタン文庫36 国鉄駅名全百科』p300(下りホームの写真が掲載されている)。
  4. ^ 1982年11月15日改正ダイヤによれば、八十場駅に停車する下り松山行き普通列車(135D)は讃岐塩屋を通過するが、讃岐塩屋に停車する列車は135Dよりも32分前に高松を発車する普通列車琴平行き(1253D)で、この列車は八十場を通過する。
  5. ^ 非電化時代の気動車に比べ、機動性の高い電車の導入により生まれた余裕時分を停車に振り向けた。同様な駅に香西駅讃岐府中駅讃岐塩屋駅がある。これらの駅を当時の国鉄部内では「電車駅」と呼ぶむきもあったという。
  6. ^ 音楽館のシミュレーターソフトTrain Simulator JR四国1は、ホームの延長工事をしている時期に撮影がされたため、延長工事の様子がよくわかる、ある意味貴重な映像ともいえる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]