比地大駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:駅舎および駅周辺の画像提供をお願いします。2010年3月
比地大駅
ホーム 高瀬方より
ホーム 高瀬方より
ひじだい
Hijidai
Y16 高瀬 (3.0km)
(2.4km) 本山 Y18
所在地 香川県三豊市豊中町比地大
駅番号 Y17
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 予讃線
キロ程 50.0km(高松起点)
電報略号 ヒシ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
127人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1957年(昭和32年)10月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

比地大駅(ひじだいえき)は、香川県三豊市豊中町比地大にある四国旅客鉄道(JR四国)予讃線駅番号Y17

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅無人駅である。駅構内にトイレはないが、駅前ロータリーに市営のトイレ(水洗、男女及び身体障害者用)が設置される。待合室内にオレンジカード未対応の自動券売機自動販売機が設置されている。また線路を跨いで駅北東側に、市営の二輪車置場がある。

周辺施設[編集]

周辺交通[編集]

三野町吉津・詫間町へ通じる県道や、七宝山トンネルを通って仁尾町に抜ける県道ができ、交通の要所になりつつある。

バス連絡[編集]

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は以下の通り。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2008 150
2009 137
2010 122
2011 124
2012 116
2013 119
2014 127

歴史[編集]

1957年(昭和32年)に上高瀬駅(現・高瀬駅)と、本山駅の間に「気動車旅客駅」として新設される。開業当時のホーム有効長は50m。

当時は3往復しかなく、下りは8時42分発、14時35分発、22時21分発、上りは5時25分発、9時26分発、15時32分発と、通勤通学には不便なダイヤだった。

その後、客車列車も停車できるだけの有効長を確保するため、近隣住民が奉仕により盛土し、ホームを延伸した逸話がある。

現在はすべての普通列車が停車する。

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
予讃線
高瀬駅 (Y16) - 比地大駅 (Y17) - 本山駅 (Y18)

関連項目[編集]