高松貨物ターミナル駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高松貨物ターミナル駅
たかまつかもつターミナル
Takamatsu Kamotsu Terminal
(四国桃太郎貨物駅)
香西 (1.3km)
(1.4km) 鬼無
所在地 香川県高松市香西南町347番地2
所属事業者 日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 予讃線
キロ程 4.7km(高松起点)
電報略号 タタ
駅構造 地上駅
開業年月日 2000年(平成12年)8月16日
備考 貨物専用駅
テンプレートを表示

高松貨物ターミナル駅(たかまつかもつターミナルえき)は、香川県高松市香西南町にある日本貨物鉄道(JR貨物)予讃線貨物駅である。愛称は四国桃太郎貨物駅(しこくももたろうかもつえき)[1]

高松駅周辺の湾岸地区再開発(サンポート高松)に伴い、高松駅の貨物取扱業務を引き継ぐ形で開業した[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

地上駅。予讃線香西駅 - 鬼無駅間の上下本線から突き出た終着駅のような構造をしている。予讃線貨物列車の起点となっており、香西駅(高松駅)方面から直接進入することはできない。

コンテナホーム1面、着発線荷役方式(E&S方式)を採用する着発荷役線2本、着発線1本、貨車の留置などに使用される解結線6本、機関車を留置する機留線3本などがある。着発荷役線・着発線は機回し線を備える。また、貨車検修庫が1棟置かれている。

駅舎はホームの北端付近にある。営業窓口であるJR貨物四国支店も駅舎内に入っている。

取扱う貨物の種類[編集]

なお、四国旅客鉄道(JR四国)の新型車両は当駅ではなく高松駅または多度津駅で引き渡される。そのため高松駅では貨物取扱いが残され、多度津駅では国鉄分割民営化の際に貨物営業が復活した。

貨物列車[編集]

四国のターミナル駅となっており、本州から四国、あるいは四国から本州へ直通する貨物列車もすべて当駅を経由する。以下は2014年3月15日改正時点での状況である。

高速貨物列車
岡山駅方面から瀬戸大橋線宇多津駅構内の短絡線経由)を通り当駅を経由し、予讃線を多度津駅方面へ向かう下り列車は、1日8本停車する。そのうち当駅終着が3本、始発が4本となっている。
多度津駅方面から当駅を経由し岡山駅方面へ向かう上り列車は、1日6本停車する。そのうち当駅終着が2本、始発が1本となっている。列車の行き先は吹田貨物ターミナル駅大阪貨物ターミナル駅東京貨物ターミナル駅である[4]
トラック便
徳島オフレールステーションおよび高知オフレールステーションとの間に1日2往復ずつ運行されている[5]

このほか、臨時列車も設定されている。なお、専用貨物列車の発着はない。

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
予讃線
香西駅 - 高松貨物ターミナル駅 - 鬼無駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “「四国全体の拠点ターミナルに」 「四国桃太郎貨物駅」で開業式”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 地方版/香川. (2000年8月23日) 
  2. ^ 鉄道ジャーナル』第31巻第8号、鉄道ジャーナル社、1997年8月、 85頁。
  3. ^ “JR7社14年のあゆみ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 9. (2001年4月2日) 
  4. ^ 『貨物時刻表 平成26年3月ダイヤ改正』、鉄道貨物協会、2014年、 105頁。
  5. ^ 『貨物時刻表 平成26年3月ダイヤ改正』、鉄道貨物協会、2014年、 147頁。