多度津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
多度津駅
JR Tadotsu Station01n3999.jpg
駅舎(2010年9月)
たどつ
Tadotsu
所在地 香川県仲多度郡多度津町栄町三丁目3-1-1[1]
北緯34度16分15.92秒 東経133度45分24.25秒 / 北緯34.2710889度 東経133.7567361度 / 34.2710889; 133.7567361座標: 北緯34度16分15.92秒 東経133度45分24.25秒 / 北緯34.2710889度 東経133.7567361度 / 34.2710889; 133.7567361
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
日本貨物鉄道(JR貨物)
電報略号 タト
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線[2]
乗車人員
-統計年度-
1,675人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日 1889年明治22年)5月23日[3][4]
乗入路線 2 路線
所属路線 予讃線
駅番号 Y12
キロ程 32.7 km(高松起点)
岡山から52.7 km
Y11 讃岐塩屋 (2.6 km)
(3.8 km) 海岸寺 Y13
所属路線 土讃線
駅番号 D12
キロ程 0.0 km(多度津起点)
(3.7 km) 金蔵寺 D13
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
テンプレートを表示
多度津駅
たどつ
Tadotsu
(2.2 km) 浜多度津
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 予讃本線(貨物支線)
キロ程 0.0 km(多度津起点)
開業年月日 1913年大正2年)12月20日[5]
廃止年月日 1979年昭和54年)7月1日[6]
テンプレートを表示

多度津駅(たどつえき)は、香川県仲多度郡多度津町栄町三丁目にある[7]四国旅客鉄道(JR四国)・日本貨物鉄道(JR貨物)のである。駅案内パネルのコメントは「四国鉄道と少林寺拳法発祥の駅」。

概要[編集]

予讃線所属線とし[4]土讃線を加えた2路線が乗り入れ[7][8][9]、その分岐駅となっている。土讃線は当駅が起点であるが、予讃線高松駅方面へ直通する列車が数多く設定されている。すべての特急列車が停車する。駅番号は予讃線がY12、土讃線がD12である。

車両工場(多度津工場[7]と多数の留置線が併設されたJR四国の要衝であり、乗務員区所である多度津運転区も併設されている[7]。予讃線高松方面から続く複線区間はこの駅で終わり、予讃線松山方面や土讃線方面は単線になる。

かつては高松駅発着・岡山駅発着の特急列車がこの駅で分割・併合を行っていた[10]2002年(平成14年)3月23日のダイヤ改正後にその役割は宇多津駅に移されたが[10] 、特急「しおかぜ」・「いしづち」の下り4本・「南風」・「しまんと」の下り1本は現在も当駅で併合を行っている。また、当駅は2017年4月に運転を開始した観光列車四国まんなか千年ものがたりの始発・終着駅となっている[11][12]

歴史[編集]

文化財[編集]

給水塔(2007年2月)

構内の2施設が国の登録有形文化財に登録されている。

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を持つ地上駅[2]、ホーム間は地下道で連絡されている。1日の乗降客数が2000人を超えているがエレベーターエスカレーターなどのバリアフリー設備はなく、車いす利用の際は構内の職員専用通路を駅係員付き添いで通るようになっている。

また、駅舎横には「リトルマーメイド多度津駅店」が併設されている。なお、かつて当駅構内には社員専用の「構内食堂」(社員以外も利用可能)[1]が設置され2021年に老朽化で廃止となったが[7][8][9]、同年善通寺市善通寺西側に移転、店舗名を「善通寺構内食堂」として営業を再開している[9][22][23]

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1・2 予讃線 上り 宇多津坂出高松岡山方面 一部列車は宇多津駅から瀬戸大橋線へ直通
3・4 下り 観音寺松山方面  
土讃線 琴平高知方面  
付記事項
  • 主として奇数番線に予讃線方面の列車、偶数番線に土讃線方面の列車が発着するが、例外もある。予讃線同士・土讃線同士の緩急接続も、上下とも可能である。
  • のりばは瀬戸内海側から1-4番のりばであるが、運行上は駅舎の側線から1-5番線である。

貨物駅[編集]

JR貨物の駅は旅客駅に併設されている。1971年より定期貨物列車の設定はないが、臨時車両輸送列車が発着することがある。松山運転所高知運転所に配置される新型車両搬入の際はここで引渡しがなされ、当駅から先は自力で回送される。

利用状況[編集]

近年の1日平均乗車人員は以下の通り[24]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2013 2,092
2014 2,012
2015 2,071
2016 2,102
2017 2,095
2018 2,122
2019 2,094
2020 1,675

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道(JR四国)
予讃線
快速「サンポート」・普通
讃岐塩屋駅 (Y11) - 多度津駅 (Y12) - 海岸寺駅 (Y13)
土讃線
快速「サンポート」(土讃線内は各駅に停車)・普通
(讃岐塩屋駅 - )多度津駅 (D12) - 金蔵寺駅 (D13)

廃止路線[編集]

日本国有鉄道
予讃本線貨物支線
多度津駅 - (貨)浜多度津駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e うどん県旅ネット 多度津駅周辺を散策”. 香川県観光協会 (2020年3月31日). 2021年11月16日閲覧。
  2. ^ a b 『週刊 JR全駅・全車両基地』 53号 松山駅・伊予西条駅・下灘駅ほか83駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年8月25日、20頁。 
  3. ^ a b “讃岐鉄道開業120年記念し多彩なイベント/23日”. 四国新聞(四国新聞社).(2009年5月14日)[要ページ番号]
  4. ^ a b c d e f g h i j k 石野 1998, p. 633.
  5. ^ a b 石野 1998, p. 642.
  6. ^ a b c 石野 1998, p. 643.
  7. ^ a b c d e f g “鉄道職員支えた味 惜しまれ閉店へ JR多度津駅の食堂”. 朝日新聞デジタル. (2021年1月23日). オリジナルの2021年1月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210123191542/https://www.asahi.com/articles/ASP1Q7JW2P1MPTLC02F.html 2021年11月16日閲覧。 
  8. ^ a b c “閉店する駅の名物食堂 駅員らに愛され鉄道ファンも通う”. 産経ニュース. (2021年2月25日). https://www.sankei.com/article/20210225-ISHZL766UVKAFMEXQTIGNTW23M/ 2021年11月16日閲覧。 
  9. ^ a b c d 愛媛インサイト “構内食堂”に魅せられて”. NHK松山放送局 (2021年5月13日). 2021年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月16日閲覧。
  10. ^ a b 「JR四国の香川地区ダイヤ改正について」『RAIL FAN』第49巻第8号、鉄道友の会、2002年8月1日、 10頁。
  11. ^ “元豪商邸宅の活用策 和洋折衷の観光列車に学ぶ”. 朝日新聞デジタル. (2020年10月31日). オリジナルの2020年11月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201101113916/https://www.asahi.com/articles/ASNBZ6X25NBXPTLC00D.html 2021年11月16日閲覧。 
  12. ^ 徳島出身・園都が体験 渓谷や里山を走る徳島・香川観光列車の旅”. NEWSポストセブン (2021年9月3日). 2021年11月16日閲覧。
  13. ^ 石野 1998, p. 663.
  14. ^ “多度津駅の改築完成 JR四国”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1990年6月11日) 
  15. ^ “JR四国でのICOCAサービス開始日が決定!” (日本語) (プレスリリース), 四国旅客鉄道/西日本旅客鉄道, (2014年1月27日), オリジナルの2014年2月25日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140225025333/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/14-01-27/01.htm 2020年12月21日閲覧。 
  16. ^ “多度津駅に新跨線橋完成 耐震構造で避難路にも”. 四国新聞 (四国新聞社): p. 24. (2018年3月27日) 
  17. ^ 多度津駅周辺開発整備等推進計画 (PDF)”. 多度津町. p. 21 (2020年3月). 2021年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月27日閲覧。
  18. ^ “駅売店のセブン化完了、多度津に20店舗目 JR四国”. 日本経済新聞. (2018年7月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32602320U8A700C1LA0000/ 2021年11月16日閲覧。 
  19. ^ “香川・多度津駅「構内食堂」ごちそうさまでした 老朽化で閉店”. 毎日新聞. (2021年3月29日). オリジナルの2021年3月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210329075055/https://mainichi.jp/articles/20210329/k00/00m/040/185000c 2021年3月29日閲覧。 
  20. ^ JR多度津駅構内転車台 - 文化遺産オンライン文化庁
  21. ^ JR多度津駅構内給水塔一 - 文化遺産オンライン文化庁
  22. ^ “新店名は善通寺構内食堂 多度津駅食堂が移転オープン”. 朝日新聞デジタル. (2021年5月14日). オリジナルの2021年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210514031634/https://www.asahi.com/articles/ASP5F72S2P5BPTLC01J.html 2021年11月16日閲覧。 
  23. ^ “「構内食堂」善通寺で再出発…多度津駅の名物店”. 読売新聞オンライン. (2021年5月28日). オリジナルの2021年5月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210528034629/https://www.yomiuri.co.jp/local/kagawa/news/20210527-OYTNT50134/ 2021年11月16日閲覧。 
  24. ^ JR四国・会社案内

参考文献[編集]

  • 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年。ISBN 978-4-533-02980-6 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]