イオンモール茨木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンモール茨木
ÆON MALL IBARAKI
ÆON MALL Ibaraki (1).JPG
地図
店舗概要
所在地 567-0033
大阪府茨木市松ヶ本町8番30号
(店舗棟・立体駐車場棟)
大阪府茨木市下穂積一丁目7番5号
(スポーツ棟)
座標 北緯34度48分38.7秒 東経135度33分29.1秒 / 北緯34.810750度 東経135.558083度 / 34.810750; 135.558083座標: 北緯34度48分38.7秒 東経135度33分29.1秒 / 北緯34.810750度 東経135.558083度 / 34.810750; 135.558083
開業日 2001年平成13年)1月1日
正式名称 イオンモール茨木
施設所有者 三井住友信託銀行株式会社[1]
フロンティア不動産投資法人[2]
施設管理者 株式会社マイカル

イオンリテール株式会社

イオンモール株式会社
敷地面積 63,055.02 m²
延床面積 146,195.85 m² (容積率232%)
中核店舗 茨木サティ・茨木ビブレ

イオン茨木店・茨木ビブレ

イオンスタイル茨木
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 約2,500台
前身 日本専売公社の工場

マイカル茨木

イオン茨木ショッピングセンター
商圏人口 約50万人
最寄駅 茨木駅宇野辺駅
最寄IC 茨木IC吹田IC
外部リンク www.aeon.jp/sc/ibaraki/
AEON MALL logo.svg

イオンモール茨木(イオンモールいばらき)は、大阪府茨木市に位置し、イオンモール株式会社(2013年10月31日まではイオンリテール株式会社)が運営する大型ショッピングモール

概要[編集]

当ショッピングセンターの敷地は日本専売公社(現・日本たばこ産業)の工場跡地で、1990年代前半までは大規模郊外百貨店「茨木そごう」の出店が計画されていた。しかし、そごうの経営不振が続き、計画が断念された経緯がある。

その後、マイカルと日本たばこ産業によってショッピングセンターが建設され、2001年1月1日にマイカル茨木として開業。マイカルは1990年代から各地で数多くの大型SCを開業させてきたことが一因となり、資金調達の難航から同年9月に経営破綻したため、従前のマイカルが開発した最後の大型SCとなった。土地や建物・湧出する温泉は日本たばこ産業の所有となっている。 なお、マイカルタウンの施設としては唯一複数の建物を通路で繋いだ形式となっていない。

2011年3月1日に、それまで営業を行っていたマイカルとイオンリテールが合併したのを機に、核店舗の一つである茨木サティイオン茨木店に名称変更。ショッピングセンター名も「イオン茨木ショッピングセンター」に変更した。

2011年(平成23年)から進められたイオンの大型ショッピングセンターの名称の「イオンモール」への統一[3]に伴い、2015年4月29日の全館リニューアルを機に「イオン茨木ショッピングセンター」から「イオンモール茨木」に名称が変更されたがそれに先駆け4月24日にソフトオープンがなされた際に公式ホームページは同名称となっている。なお、リニューアルに際し茨木ビブレが閉店となった。

SC北側の松ケ本町バスターミナルには、スクールバスなどの誘導のために、市から委託された警備員が交通整理にあたっているが、このターミナルには、もう一つの核店舗である茨木ビブレの商品搬送車両の出入り口も設置されており、同店に出入りする搬送車両についても、茨木市と契約した警備員が交通整理にあたっている[4]。なおこのバスターミナルは都市計画道路茨木松ヶ本線用地を一時的に転用したものであり、今後の茨木松ヶ本線整備計画によっては廃止ないし移転となる。

沿革[編集]

主なテナント[編集]

マイカル茨木時代の店舗外観

核店舗であるイオンスタイル茨木の他シネマコンプレックスのイオンシネマ(旧ワーナー・マイカル・シネマズ)茨木などにより構成されている。大阪府道14号大阪高槻京都線(産業道路)をはさんだ別館には、天然温泉施設を併設したコナミスポーツクラブ茨木がある。

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップ&レストラン」を、営業時間およびATMを設置する金融機関の詳細は公式サイト「インフォメーション」を参照。

イオンスタイル茨木[編集]

1階は「食料品のフロア」、2階は「レディスファッション&メンズファッションのフロア」、3階は「キッズ&ホームファッションのフロア」である[5]イオンラウンジは2階に設置されている[5]

交通[編集]

付記[編集]

  • 1974年に開店し、1990年に閉店したニチイ茨木店は当ショッピングセンターとは直接無関係であり、阪急茨木市駅側に店舗が存在した。
  • 市内には旧ジャスコ店舗の「イオンスタイル茨木」が存在するが、当ショッピングセンターの「イオンスタイル茨木」の開業より前の1986年7月に開業した。この「新」は旧ジャスコ茨木店(1986年7月閉店)に対して付与されたもので、店舗ブランド統一の際に店舗名重複を防ぐために「新」が残されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成24年度大規模小売店舗立地法法第6条第2項(変更)届出の概要【2012年10月末】”. 経済産業省 (2012年10月31日). 2012年12月11日閲覧。
  2. ^ イオンモール茨木”. ポートフォリオ情報. フロンティア不動産投資法人. 2013年4月21日閲覧。
  3. ^ “イオン、大型SCの運営を一元化 イオンモールに集約へ”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2013年10月24日)
  4. ^ 大阪・茨木市が「マイカル茨木」の交通整理を“肩代わり”?[リンク切れ]
  5. ^ a b イオンモール茨木 フロアマップ (PDF) - イオンリテール株式会社

関連項目[編集]

近隣のショッピングセンター[編集]

外部リンク[編集]