茨木市駅

拡張半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

茨木市駅
駅舎(西口)
いばらきし
Ibaraki-shi
HK-68 南茨木 (1.9 km)
(1.4 km) 総持寺 HK-70
地図
所在地 大阪府茨木市永代町1番5号[1]
北緯34度49分0.03秒 東経135度34分32.79秒 / 北緯34.8166750度 東経135.5757750度 / 34.8166750; 135.5757750座標: 北緯34度49分0.03秒 東経135度34分32.79秒 / 北緯34.8166750度 東経135.5757750度 / 34.8166750; 135.5757750
駅番号 HK69
所属事業者 阪急電鉄
所属路線 京都本線
キロ程 14.8 km(十三起点)
大阪梅田から17.2 km
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
(特定日)57,598人/日
-2021年-
乗降人員
-統計年次-
(通年平均)49,009人/日
-2022年-
開業年月日 1928年昭和3年)1月16日
備考 1948年(昭和23年)に茨木町駅から改称
テンプレートを表示
駅舎(東口)
ホーム
引き上げ線

茨木市駅(いばらきしえき)は、大阪府茨木市永代町にある、阪急電鉄京都本線。駅番号はHK-69

概要

「いばらし」と読まれることがあるが、当駅の正しい読み方は「いばらし」であり、連濁しない。「阪急茨木」などと「市」を付けずに呼ばれることもある。

茨木市の中核となる駅の1つであり、特急も含め平日全列車が停車する。ただし大阪(梅田)までの所要時間は当駅から特急に乗車するよりJR京都線茨木駅から快速を利用した方が早く、普通を利用した場合でもほぼ同程度である。このため乗車人員は同駅より少なくなっているが、両駅間は1.5kmほど離れていることから高槻市駅とJR高槻駅ほどの大差にはなっていない。高槻市駅と当駅の乗降客数はほぼ同等である状態が長らく続いている。

市外から乗り入れてくるバス路線が多く、また高槻市摂津市域からそれほど離れていないことや駅自体の利便性の高さもあり、茨木市民以外の利用もみられる。

歴史

駅構造

配線図[16]

待避設備を備えた島式2面4線のホームを有する高架駅。ホームは3階、コンコース改札口は駅舎の2階にあり、改札口は南北に1か所ずつある。北側は「ごあんないカウンター」が設置されているものの、南側は駅員無配置である[17]

また、京都側には引き上げ線があり、当駅で大阪方面に折り返す普通が使用する。

高架下の駅舎内にはショッピングモールの『ロサヴィア』や、大阪府北大阪赤十字血液センター、阪急茨木市献血ルームがある。ペデストリアンデッキで西口に所在する再開発ビルの「ソシオいばらき」と直結している。

のりば

号線 路線 方向 行先
1・2 京都本線 上り 高槻市京都河原町嵐山方面
3・4 下り 淡路大阪梅田天下茶屋方面

内側2線(2号線と3号線)が主本線、外側2線(1号線と4号線)が待避線である。

ダイヤ

土休日ダイヤで運行される快速特急「京とれいん雅洛」を除く全ての定期列車が停車する。土休日下り(大阪梅田・天下茶屋方面)の普通を除く多くの列車で緩急接続を行う。

朝夕を中心に当駅止まりの上り普通が運転されている他、2022年12月17日のダイヤ改正より平日のみ下りの当駅止まりの普通も設定された。

当駅始発列車

平日ラッシュ時には、京都側の引き上げ線を用いて大阪梅田・天下茶屋方面の始発列車が運行されている。現在は普通列車のみだが、1982年11月27日改正から2001年3月24日改正まで、2007年3月17日改正から2010年3月14日改正までの間はそれぞれ停車駅は異なるものの、当駅始発梅田(当時)行きの準急が運行されていた。また、2010年3月14日改正以前は土休日ダイヤにおいて当駅始発の急行→快速急行(現在の準特急)の設定もあった。

京都河原町方面に関しては当駅始発河原町行きの快速急行6300系で運行されていたが、2010年3月14日のダイヤ改正[18]で梅田始発に延長されて消滅していた。しかし、2022年12月17日ダイヤ改正で快速急行が準特急に改称されるのに合わせ[19]、当駅始発京都河原町行きの準特急が設定された。平日ダイヤで朝7時台と夕方17時台に1本ずつ、土休日ダイヤで朝7時台に2本が運行される。

利用状況

2021年(令和元年)度のある特定日における1日の乗降人員57,598人で、阪急電鉄全線では第8位である。JR京都線茨木駅の方が利用者数が多い。また同線のJR総持寺駅開業までは高槻市駅よりも利用者が多く、阪急全線で7位だった。

近年の1日乗車・乗降人員数は下表の通り。

年度 特定日 1日平均
乗車人員[20]
出典
乗降人員 乗車人員
1995年(平成07年) 70,355 34,884 - [統計 1]
1996年(平成08年) 75,948 37,059 [統計 2]
1997年(平成09年) 76,804 37,409 [統計 3]
1998年(平成10年) 73,491 35,815 [統計 4]
1999年(平成11年) - -
2000年(平成12年) 71,572 35,855 [統計 5]
2001年(平成13年) 70,248 34,952 [統計 6]
2002年(平成14年) 68,488 34,195 [統計 7]
2003年(平成15年) 67,453 33,617 36,093 [統計 8]
2004年(平成16年) 66,403 32,577 35,301 [統計 9]
2005年(平成17年) 67,963 34,004 35,989 [統計 10]
2006年(平成18年) 65,011 32,149 36,586 [統計 11]
2007年(平成19年) 66,031 32,789 35,816 [統計 12]
2008年(平成20年) 65,596 32,443 36,276 [統計 13]
2009年(平成21年) 63,904 31,343 34,668 [統計 14]
2010年(平成22年) 63,487 31,019 33,890 [統計 15]
2011年(平成23年) 64,456 31,693 34,484 [統計 16]
2012年(平成24年) 64,261 31,342 34,841 [統計 17]
2013年(平成25年) 62,918 30,598 35,331 [統計 18]
2014年(平成26年) 62,927 30,624 34,621 [統計 19]
2015年(平成27年) 65,576 31,828 35,016 [統計 20]
2016年(平成28年) 63,370 30,784 35,559 [統計 21]
2017年(平成29年) 65,825 31,938 34,759 [統計 22]
2018年(平成30年) 64,647 30,845 35,775 [統計 23]
2019年(令和元年) 65,937 32,985 34,664 [統計 24]
2020年(令和02年) 56,352 28,103 25,027 [統計 25]
2021年(令和03年) 57,598 28,691 26,345 [統計 26]

駅周辺

西口

当駅と東海道本線JR京都線茨木駅との間は距離にして約1.5キロメートルあり、両駅間は路線バスにより連絡している[2](バス路線については#バス路線を参照)。

東口

バス路線

阪急バス近鉄バス京阪バスの3社の路線バスと空港リムジンバスが乗り入れている。

西口

ロータリー中央に3つのホームがあり、阪急バス・近鉄バス・京阪バスがそれぞれ1面ずつ使用している。駅南口付近には近鉄バスと阪急バスが共同で使用しているのりばが1箇所ある(標柱はそれぞれのものが立てられている)。

駅北口1階には京阪バス仕様の発車案内ディスプレイが設置されており、阪急バス・近鉄バスの案内も西口発着系統に限り行われている。

おりばについては駅北口付近にあり、主に阪急バスと近鉄バスが使用する。京阪バスも阪急茨木止まりの便の一部が使用することがある。

阪急バス

停留所名は「阪急茨木市駅(西口)」。1番ホームを使用し、2・3のりばの2つに分割されている。

かつては1のりばもあったが、千里茨木線が廃止になってからは休止となり、標柱も撤去された。

その他ののりばの使用状況については下記の通り。

  • 2のりばは当停留所始発でJR茨木駅を経由し各方面へ向かう路線で、通路奥側に発着。
  • 3のりばは当停留所から竹橋町方面へ向かう路線で、ホーム寄りに発着。
  • 4のりば(近鉄バスと共同使用)は竹橋町方面からのJR茨木駅行きのみ。

一部が豊能営業所と共管である以外は茨木営業所の管轄。

のりば 路線 系統・行先 備考
2 石橋線 92系統阪急石橋阪大前駅
90系統:郡山団地/鍛冶屋橋/茨木営業所前方面循環
93系統:豊川四丁目
茨木彩都線 95系統彩都西駅
忍頂寺車作線 81系統:忍頂寺/余野(東能勢中) 豊能営業所と共管
181系統:希望ヶ丘東(豊能営業所 豊能営業所の管轄
85系統:粟生団地
82系統追手門学院
茨木サニータウン線 83系統茨木サニータウン 中央図書館前経由。茨木山手台七丁目からは77系統
86系統:茨木サニータウン 茨木山手台七丁目は経由しない。平日の最終便は深夜バス(運賃倍額)
87系統:茨木サニータウン 茨木山手台七丁目から77系統となる便あり
77系統:茨木山手台七丁目 茨木サニータウンから83または87系統となる便あり
忍頂寺車作線 89系統:車作/千提寺口 千提寺口行きは平日朝1本のみ。豊能営業所と共管
彩都もえぎ線 ロジスタ・ロジクロス茨木彩都 直行便
4 茨木サニータウン線 77系統:JR茨木駅

近鉄バス

停留所名は「阪急茨木市駅」。2番ホームを使用。南側から順に1〜3ののりばが並んでいる。

南口付近の4番のりばは、ホームからは離れているものの近鉄バスでは最も発着本数が多い。

路線名は全て茨木線である(鳥飼営業所の管轄)。

のりば 路線 番号・行先 備考
八防系統 20番南摂津駅
21番:南摂津駅 平日のみ
18番:鳥飼五久
春日丘系統 2番:春日丘公園循環 昼間時間帯以降
東和苑系統 70番:花園・東和苑 昼間時間帯以外
73番:花園・東和苑 昼間時間帯のみ、JR総持寺駅経由
75番:追大総持寺キャンパス前
77番:追大総持寺キャンパス前 土休日昼間時間帯のみ、JR総持寺駅経由
4 阪大系統 12番:日本庭園前 平日のみ
24番阪大本部前
25番:茨木美穂ヶ丘 時間帯により経由順が一部異なる
八防系統 21番:JR茨木駅 平日のみ

京阪バス

3番ホームを使用。停留所名は「阪急茨木」。

ホーム上にはのりば番号は振られていないが、駅南口側が枚方・白川方面のりば、北口側がJR茨木方面のりばである。

路線名は枚方茨木線高槻営業所の管轄)。

この他、毎年4月1日は1往復のみ9号経路も発着する[21]。枚方方面は7号経路と同様。茨木方面はJR茨木東口を経由し南茨木駅へ向かう。

系統・行先 備考
3号経路枚方市駅北口 朝のみ、白川三丁目は経由しない
4A号経路:白川三丁目 平日夕方のみ
6号経路:白川三丁目 平日朝のみ、玉川橋団地は経由しない
7号経路:枚方市駅北口
7B号経路:竹ノ内町
33B4677B号経路JR茨木

東口

一般路線は2017年以降阪急バス(柱本営業所管轄)のみ。停留所名は「阪急茨木市駅(東口)」。

過去には近鉄バスの柱本系統も発着していた。

この他、京阪バスの「中津町北」停留所が東口ロータリーから300mほど離れた枚方茨木線沿いにあり、枚方茨木線各経路の阪急茨木方面行きが停車する(枚方・白川方面は停車しない)。2021年3月12日まで当停留所も「阪急茨木東口」を名乗っていた[22]

運行事業者 路線名 系統・行先 備考
阪急バス 柱本線 141系統:柱本団地 2021年3月28日まで停留所名は「阪急茨木東口」であった[23]

空港リムジンバス

阪急バスのりば付近に関西国際空港行きのリムジンバスのりばがある。関西空港交通と近鉄バスの共同運行で、過去には大阪空港交通(現在の阪急観光バス)とも共同で運行していた。2021年3月から全便運休中。

南口

ともに阪急茨木南口停留所。駅南側200mほどの「東西通り」沿いにある。

のりば 運行事業者 路線 系統・行先 備考
東行 京阪バス 寝屋川茨木線 12号経路寝屋川市駅(西口)/上鳥飼北 寝屋川営業所と共管。上鳥飼北行は学休期のみ運行
NS経路摂南大学 学休期運休。摂南大学までノンストップ
近鉄バス 平田系統 83番:水尾三丁目・平田方面循環
84番:桑田町・平田方面循環
85番:桑田町・平田方面循環 平日最終便。循環運行後、当停留所で運行を打ち切る
西行 京阪バス 寝屋川茨木線 12号経路:JR茨木東口 NS経路も停車するが、降車のみの扱いである
近鉄バス 平田系統 8384番:JR茨木東口

隣の駅

阪急電鉄
京都本線
快速特急
通過
通勤特急
十三駅 (HK-03) - 茨木市駅 (HK-69) - 高槻市駅 (HK-72)
特急・準特急
淡路駅 (HK-63) - 茨木市駅 (HK-69) - 高槻市駅 (HK-72)
急行・準急
南茨木駅 (HK-68) - 茨木市駅 (HK-69) - 高槻市駅 (HK-72)
普通
南茨木駅 (HK-68) - 茨木市駅 (HK-69) - 総持寺駅 (HK-70)

脚注

出典

本文中の出典

  1. ^ a b 『阪急ステーション』阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部〈阪急ワールド全集 4〉、2001年、95頁。ISBN 4-89485-051-6 
  2. ^ a b c d e f 生田誠『阪急京都線・千里線 街と駅の1世紀』彩流社〈懐かしい沿線写真で訪ねる〉、2013年、4-6・20-21頁頁。ISBN 978-4-7791-1726-8 
  3. ^ 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』 9 関西2、新潮社、2009年、50頁。ISBN 978-4-10-790027-2 
  4. ^ 「七駅のホーム延伸」『交通新聞』交通協力会、1972年5月7日、1面。
  5. ^ 「15日からはまず四駅」『交通新聞』交通協力会、1973年9月12日、1面。
  6. ^ 100年のあゆみ(部門史) p373
  7. ^ 「TOPIC PHOTOS」『鉄道ピクトリアル』第38巻第12号、電気車研究会、1988年12月号、95頁。 
  8. ^ “阪急、下り線も高架 京都線茨木市駅付近立交化”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1990年6月19日) 
  9. ^ “主要4駅を終日禁煙に 阪急電鉄”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1993年2月1日) 
  10. ^ 鶴通孝、2001、「関西私鉄 王国復権の道(3.運転パターンを刷新する阪急)」、『鉄道ジャーナル』(通巻415号)、鉄道ジャーナル社、2001年5月 p. 67
  11. ^ 京都線のダイヤ改正について (PDF) - 阪急電鉄ニュースリリース 2009年12月9日
  12. ^ 草町, 義和. “阪急阪神、駅ナンバリングを導入へ…三宮駅は「神戸三宮」に改称”. レスポンス(Response.jp). 2013年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年2月12日閲覧。
  13. ^ 〜すべてのお客様に、よりわかりやすく〜「西山天王山」駅開業にあわせて、「三宮」「服部」「中山」「松尾」4駅の駅名を変更し、全駅で駅ナンバリングを導入します (PDF) - 阪急阪神ホールディングス、2013年4月30日
  14. ^ 【大阪地震】鉄道駅も大きな被害~茨木市駅で電光掲示板が落下 | データ・マックス NETIB-NEWS」『データ・マックス NETIB-NEWS』、2018年6月18日。2018年6月24日閲覧。
  15. ^ 定期券発売所の変更について”. 阪急電鉄 (2021年9月10日). 2021年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月22日閲覧。
  16. ^ オフィスJ.B、旭和則『都市鉄道完全ガイド 関西私鉄・地下鉄 2022-2023年版』双葉社、2022年8月31日、7頁。
  17. ^ http://www.hankyu.co.jp/station/pdf/map/ibaraki_shi.pdf
  18. ^ 京都線のダイヤ改正について (PDF) - 阪急電鉄プレスリリース(2009年12月9日)
  19. ^ 2022年12月17日(土)初発より 阪急全線(神戸線・宝塚線・京都線)でダイヤ改正を実施 〜2024年に京都線で座席指定サービスを開始します〜』(PDF)(プレスリリース)阪急電鉄、2022年10月12日https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/dd2e3f9dbc4759095b47e378f4d54e59336a79ac.pdf2022年10月13日閲覧 
  20. ^ 茨木市統計書より
  21. ^ 京阪バス 2023年4月1日(土) ダイヤ改正等について”. 2023年4月30日閲覧。
  22. ^ 2021年3月13日ダイヤ改定について(高槻・茨木地区)”. 京阪バス (2021年3月1日). 2021年4月1日閲覧。
  23. ^ 【3月29日(月)より】摂津市、高槻市域(吹田摂津線、柱本線) 運行内容の変更について” (PDF). 阪急バス (2021年3月18日). 2021年4月1日閲覧。

利用状況の出典

関連項目

外部リンク