東向日駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東向日駅 *
駅舎(西口)
駅舎(西口)
ひがしむこう
Higashi-muko
HK-78 西向日 (1.4km)
(1.3km) 洛西口 HK-80
所在地 京都府向日市寺戸町小佃5番地2[1]
駅番号 HK-79
所属事業者 阪急電鉄
所属路線 京都本線
キロ程 35.0km(十三起点)
梅田から37.4km
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
17,412人/日
-2014年-
開業年月日 1928年昭和3年)11月1日
乗換 向日町駅JR京都線)**
備考 * 1972年(昭和47年)に東向日町駅から改称
** 公式な乗換駅ではない
テンプレートを表示
東口
ホーム
京都向日町競輪場への無料バス

東向日駅ひがしむこうえきは、京都府向日市寺戸町小佃にある、阪急電鉄京都本線。駅番号はHK-79

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。駅舎は両ホームの梅田寄りにあり、双方のホームは地下道で連絡している。梅田方面行ホーム側の改札口(東口)は無人(駅員無配置)であるが、自動券売機は設置されている。競輪開催時を見据えてか、ホーム幅員は広く自動改札機の台数が多い。

のりば
(西側) 京都本線(上り) 京都(河原町)嵐山方面
(東側) 京都本線(下り) 大阪(梅田)天下茶屋北千里神戸宝塚方面

※のりば番号は設定されていない。

向日町競輪場で競輪が開催される際は夕方の快速急行臨時停車することがある。2001年平成13年)3月24日ダイヤ改正以前は昼間・夕方の一部の急行が臨時停車していた。

洛西口駅開業前は桂車庫桂駅)構内配線の関係上で当駅始発の列車が設定されていたが、洛西口駅開業後は洛西口駅始発とされた。

利用状況[編集]

「向日市統計書」によると、2014年(平成26年)度の1日平均乗降人員17,412人である。

近年の1日平均乗降・乗車人員は下記の通り。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
1997年 24,480 12,178
1998年 22,648 11,424
1999年 22,254 11,220
2000年 22,980 11,559
2001年 22,407 10,901
2002年 20,584 10,213
2003年 20,417 10,129
2004年 19,974 9,909
2005年 18,851 9,444
2006年 18,415 9,252
2007年 18,036 8,873
2008年 20,074 10,050
2009年 18,152 9,057
2010年 17,151 8,542
2011年 15,536 7,726
2012年 15,947 7,980
2013年 16,310 8,212
2014年 17,412 8,666

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

阪急東向日

当駅を経由するバスは一旦降車客扱い後、営業所内に入った上Uターンして乗車客扱いをする。

  • 阪急バス大山崎営業所向日出張所担当、いずれも阪急田園バス運行委託
    • 4系統:(洛西ニュータウン線 高田町、洛西口駅前、西竹の里経由)洛西バスターミナル
    • 24系統:(洛西ニュータウン線 車塚住宅、洛西口駅前経由)福西竹の里方面循環
    • 63系統:(大原野線 東山→右京の里経由)洛西バスターミナル行/JR向日町行
    • 64系統:(大原野線 東山→右京の里→勝山町経由)阪急東向日/JR向日町行循環 - 平日13時26分発、土・休日13時56分発まで
    • 64系統:(大原野線 勝山町→右京の里→東山経由)阪急東向日/JR向日町行循環 - 平日13時55分発、土・休日14時25分発以降
    • 65系統:(大原野線 東山→右京の里経由)南春日町行/JR向日町行
    • 66系統:(大原野線 東山→右京の里・灰方経由)西国三十三霊場 第二十番札所 善峯寺(しあわせ地蔵)行き(冬期は小塩(十輪寺前)止まり)/JR向日町行
    • 70系統:(長岡京線 滝ノ町→一文橋経由)JR長岡京行(滝ノ町回り)
    • 71系統:(長岡京線 JR向日町→JR長岡京→友岡→久貝経由)JR長岡京東口行(中久世・下久世 回り)

かつては京阪バスも乗り入れていた。

タクシー乗り場[編集]

阪急タクシー 京都営業所

隣の駅[編集]

阪急電鉄
京都本線
快速特急・直通特急・特急・通勤特急・快速急行・快速
通過
準急・普通
西向日駅 (HK-78) - 東向日駅 (HK-79) - 洛西口駅 (HK-80)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『阪急ステーション』 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部〈阪急ワールド全集 4〉、2001年、106頁。ISBN 4-89485-051-6
  2. ^ a b c d e f g h 生田誠 『阪急京都線・千里線 街と駅の1世紀』 彩流社〈懐かしい沿線写真で訪ねる〉、2013年、4-6・34-35頁。ISBN 978-4-7791-1726-8
  3. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』9 関西2、新潮社2009年、50頁。ISBN 978-4-10-790027-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]