南茨木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
南茨木駅
みなみいばらき
Minami-ibaraki
所在地 大阪府茨木市天王2丁目
北緯34度48分9.54秒 東経135度33分55.07秒 / 北緯34.8026500度 東経135.5652972度 / 34.8026500; 135.5652972座標: 北緯34度48分9.54秒 東経135度33分55.07秒 / 北緯34.8026500度 東経135.5652972度 / 34.8026500; 135.5652972
所属事業者 阪急電鉄駅詳細
大阪モノレール駅詳細
乗降人員
-統計年度-
67590人/日
開業年月日 1970年昭和45年)3月8日
テンプレートを表示

配線図

阪急電鉄
摂津市駅

STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

茨木市駅


大阪モノレール
宇野辺駅

STRg STRf
KRWg+l KRWgr
KRWgl KRWg+r
STR STR
STR+BSr
STR+BSl
STRg STRf

沢良宜駅

南茨木駅(みなみいばらきえき)は、大阪府茨木市にある、阪急電鉄(阪急)と大阪モノレール阪急京都本線大阪モノレール本線が接続する。駅番号は阪急がHK-68、大阪モノレールが19

当駅は1970年昭和45年)に設置された。それまでは正雀駅 - 茨木市駅間の約5.4kmが阪急で最長の駅間距離であった[1]。なお、2021年現在は高槻市駅 - 上牧駅間の約4.3kmが最長である。

歴史[編集]

1970年(昭和45年)に開催された日本万国博覧会(大阪万博)の会場アクセスのためにまず阪急の駅が阪急京都線と大阪府道の中央環状線が交わる地点に設置され[2]、万博期間中は当駅から会場のメインゲートまでを直結するバスが運行されていた[3]。その後1990年(平成2年)に大阪モノレールの駅が開業し接続駅となった[4]

阪急が万博会場へのアクセスのために設置した駅は当駅のほかにも千里線万国博西口駅があるが、同駅が仮設であった[5]のに対し、当駅は恒久の駅として建設された[6][3]

阪急電鉄[編集]

  • 1970年昭和45年)3月8日日本万国博覧会開催に際し、正雀駅 - 茨木市駅間に開業[3][2]
  • 2001年平成13年)3月24日ダイヤ改正により急行停車駅となる[7]
  • 2007年(平成19年)3月17日:ダイヤ改正で急行が準急に格下げされたのに伴い準急停車駅となる。
  • 2010年(平成22年)3月14日:ダイヤ改正で新設された快速の停車駅となる。
  • 2018年(平成30年)6月18日:この日発生した大阪府北部地震により駅舎が損傷し営業を休止。京都本線は地震当日の22時頃全線で運転を再開したが、駅舎が使用不能のため当駅は各駅停車を含め当日の全列車通過扱いとなり、翌日より営業再開した。
  • 2020年令和2年)12月10日:大阪府北部地震により損傷した南茨木阪急ビルの建て替え工事により、10月1日より供用を開始していたエレベーターに次ぎ、この日より階段も供用開始となる。
  • 2022年(令和4年) 7月27日:「南茨木阪急ビル」全体竣工。翌28日にはエスカレーターの供用を開始し、8月1日よりビル内店舗が順次オープン。この工事の完了をもって、大阪府北部地震により損傷した南茨木駅の復旧工事が完了した[8]

大阪モノレール[編集]

駅構造[編集]

両社の駅は歩道橋で連絡している[4]

阪急電鉄[編集]

阪急 南茨木駅
Minami-Ibaraki-Station.jpg
駅舎(阪急電鉄)
みなみいばらき
Minami-ibaraki
HK-67 摂津市 (2.0 km)
(1.9 km) 茨木市 HK-69
所在地 大阪府茨木市天王二丁目6番14号[3]
駅番号 HK68
所属事業者 阪急電鉄
所属路線 京都本線
キロ程 12.9 km(十三起点)
大阪梅田から15.3 km
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
(特定日)46,939人/日
-2019年-
乗降人員
-統計年次-
(通年平均)30,138人/日
-2020年-
開業年月日 1970年昭和45年)3月8日
テンプレートを表示

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅橋上駅舎を有する。分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。改札口は1か所で、改札外にはコンビニエンスストアローソン)がある。各ホームと改札を連絡するエレベーターエスカレーターが設置されている。大阪モノレールとの乗り換え客が多いが、特急停車駅の茨木市駅の隣であり連続停車を避けるため、特急や快速急行は通過している。

2003年(平成15年)頃に京都本線(上り)ホームに仮設トイレが設けられていた。

2018年の地震の影響で駅ビル(南茨木阪急ビル)が損壊し、一部のエレベーターが使用できなくなった。2020年末のエレベーター設置、2022年夏の改築を目標に工事がなされる予定[11]

号線 路線 方向 行先
1 京都本線 上り 茨木市高槻市京都河原町嵐山方面
2 下り 淡路十三大阪梅田天下茶屋方面

大阪モノレール[編集]

大阪モノレール 南茨木駅
Osaka Monorail Minami-Ibaraki Station.JPG
駅舎(大阪モノレール)
みなみいばらき
Minami-ibaraki
18 宇野辺 (1.2 km)
(1.2 km) 沢良宜 20
所在地 大阪府茨木市若草町
駅番号  19 
所属事業者 大阪モノレール
所属路線 本線
キロ程 13.3 km(大阪空港起点)
駅構造 高架駅
ホーム 島式 1面2線
乗車人員
-統計年度-
15,760人/日(降車客含まず)
-2019年-
乗降人員
-統計年度-
31,198人/日
-2019年-
開業年月日 1990年平成2年)6月1日[9]
テンプレートを表示

島式ホーム1面2線を有する高架駅。改札口は1か所で、改札外にはかつてキヨスク型の売店があったが閉店し、今はテナントスペースとなっている。門真市発の終電は当駅止まりとなっている。

のりば[編集]

ホーム 路線 行先
1 本線 沢良宜大日門真市方面
2 万博記念公園千里中央蛍池大阪空港方面

利用状況[編集]

阪急電鉄
2020年(令和2年)度のある特定日における1日の乗降人員38,621人である。阪急電鉄全体では第19位[12]
2020年(令和2年)度1日平均乗降人員は36,984人である[13]
大阪モノレール
2020年(令和2年)度の1日平均乗車人員11,656人である[14]。大阪モノレールでは、千里中央駅に次いで乗車人数が多い。

各年度の1日乗降・乗車人員数は下表の通りである。

  • 大阪モノレールのデータは1日平均である。
  • 阪急のデータは交通量調査に基づく値である。
年度 阪急電鉄 大阪モノレール 出典
特定日 1日平均
乗車人員[15]
1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
乗降人員 乗車人員
1990年 27,889 12,850 - 未開業 [16]
1991年 - 8,903 4,463 [17]
1992年 28,151 14,157 10,833 5,355 [18]
1993年 - 11,648 5,759 [19]
1994年 - 11,650 5,815 [20]
1995年 29,933 14,857 12,767 6,405 [21]
1996年 32,301 15,934 13,140 6,619 [22]
1997年 37,377 18,280 17,552 8,816 [23]
1998年 37,967 18,435 20,379 10,181 [24]
1999年 - 20,759 10,292 [25]
2000年 37,853 18,676 21,287 10,584 [26]
2001年 37,653 18,586 21,406 10,569 [27]
2002年 38,399 19,101 21,813 10,717 [28]
2003年 37,641 18,663 19,271 21,955 10,925 [29]
2004年 37,693 18,401 18,852 21,983 10,963 [30]
2005年 38,116 18,937 20,295 22,403 11,174 [31]
2006年 38,057 18,757 20,317 23,086 11,565 [32]
2007年 40,422 19,933 19,973 24,238 11,971 [33]
2008年 40,892 20,186 21,041 24,712 12,214 [34]
2009年 39,975 19,711 21,443 24,549 12,165 [35]
2010年 39,399 19,140 21,279 24,600 12,197 [36]
2011年 39,793 19,272 21,057 24,502 12,184 [37]
2012年 40,357 19,628 21,084 25,036 12,470 [38]
2013年 39,744 19,264 22,000 25,051 12,572 [39]
2014年 40,906 19,810 21,635 25,831 12,966 [40]
2015年 43,682 21,162 22,448 27,270 13,740 [41]
2016年 44,429 21,553 23,559 29,995 15,195 [42]
2017年 44,477 21,570 24,258 30,339 15,364 [43]
2018年 44,139 21,279 24,151 30,702 15,575 [44]
2019年 46,939 23,579 23,751 31,198 15,760 [45]
2020年 38,621 19,298 18,175 24,101 12,147 [46]

駅周辺[編集]

駅周辺は阪急電鉄が開発したマンションが立ち並ぶ。駅は、阪急京都線と大阪府道の中央環状線(高架)と近畿自動車道とが、X字状に交わる地点の南側に位置する。

バス路線[編集]

京阪バス(モノレール高架下から)

  • 9号経路 枚方市駅北口行(立命館大学(岩倉公園前)・JR茨木東口・茨木市役所前・阪急茨木・玉川橋団地・白川三丁目・竹ノ内町・経由)
    • 2015年3月29日運行開始。なお、2021年3月までは平日ダイヤの8:19発の1本のみ、立命館大学(岩倉公園前)行が運行されていた。
    • 2022年現在、1日4本のみの運行。
    • 2015年4月25日~2016年3月31日までは、高速バスあわひらかた号徳島駅前行き、徳島バスと共同運行)も停車していた。
  • かつては、近鉄バスも1997年まで西口からJR千里丘行(マクセル前経由)の路線バスを、2012年4月から2017年3月まで東口から野々宮行(真砂二丁目・北摂つばさ高校前経由)の路線バスを運行していた。

隣の駅[編集]

阪急電鉄
京都本線
快速特急A・快速特急・特急・通勤特急・快速急行
通過
快速・準急
上新庄駅 (HK-64) - 南茨木駅 (HK-68) - 茨木市駅 (HK-69)
普通
摂津市駅 (HK-67) - 南茨木駅 (HK-68) - 茨木市駅 (HK-69)
大阪モノレール
本線
宇野辺駅 (18) - 南茨木駅 (19) - 沢良宜駅 (20)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2010年平成22年)3月に摂津市駅が開業したことにより、この区間はさらに分割されている。
  2. ^ a b 阪急電鉄株式会社 編集 『75年のあゆみ 記述編』1982年、75頁。 
  3. ^ a b c d 『阪急ステーション』阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部〈阪急ワールド全集 4〉、2001年、94頁。ISBN 4-89485-051-6 
  4. ^ a b 生田誠 『阪急京都線・千里線 街と駅の1世紀』彩流社〈懐かしい沿線写真で訪ねる〉、2013年、4-6,18-19頁。ISBN 978-4-7791-1726-8 
  5. ^ その後、同駅があった場所の至近に山田駅が新設されている。
  6. ^ 「京阪神急行電鉄の万博対策」『鉄道ピクトリアル』1970年1月新年特大号、電気車研究会、1970年、 32-33頁。
  7. ^ 鶴通孝、2001、「関西私鉄 王国復権の道(3.運転パターンを刷新する阪急)」、『鉄道ジャーナル』(通巻415号)、鉄道ジャーナル社、2001年5月 p. 67
  8. ^ 「南茨木阪急ビル」が7月27日に全体竣工します。”. 2022年8月26日閲覧。
  9. ^ a b c d 曽根悟(監修) 著、朝日新聞出版分冊百科編集部 編 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』 30号 モノレール・新交通システム・鋼索鉄道、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年10月16日、9頁。 
  10. ^ 南茨木駅で「可動式ホーム柵」を使用開始します” (日本語). 大阪モノレール (2019年9月26日). 2021年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月5日閲覧。
  11. ^ リンク先画像参照
  12. ^ 阪急電鉄株式会社 駅別乗降人員
  13. ^ 茨木市統計書 令和3年版(2021年版) (PDF)
  14. ^ 大阪高速鉄道株式会社 決算状況
  15. ^ 茨木市統計書を元に算出。(注)これまで2007・2011・2015・2019の各年度は1月以降が閏年であったので、出典記載の乗車人数(単位:千人)を366日で除算した(但し出典記載の母数自体がすでに千人単位の概数であるもの)。
  16. ^ 大阪府統計年鑑(平成3年) (PDF)
  17. ^ 大阪府統計年鑑(平成4年) (PDF)
  18. ^ 大阪府統計年鑑(平成5年) (PDF)
  19. ^ 大阪府統計年鑑(平成6年) (PDF)
  20. ^ 大阪府統計年鑑(平成7年) (PDF)
  21. ^ 大阪府統計年鑑(平成8年) (PDF)
  22. ^ 大阪府統計年鑑(平成9年) (PDF)
  23. ^ 大阪府統計年鑑(平成10年) (PDF)
  24. ^ 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  25. ^ 大阪府統計年鑑(平成12年) (PDF)
  26. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  27. ^ 大阪府統計年鑑(平成14年) (PDF)
  28. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  29. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  30. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  31. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  32. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  33. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  34. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  35. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  36. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  37. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年) (PDF)
  38. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  39. ^ 大阪府統計年鑑(平成26年) (PDF)
  40. ^ 大阪府統計年鑑(平成27年) (PDF)
  41. ^ 大阪府統計年鑑(平成28年) (PDF)
  42. ^ 大阪府統計年鑑(平成29年) (PDF)
  43. ^ 大阪府統計年鑑(平成30年) (PDF)
  44. ^ 大阪府統計年鑑(令和元年) (PDF)
  45. ^ 大阪府統計年鑑(令和2年) (PDF)
  46. ^ 大阪府統計年鑑(令和3年) (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]