千里丘駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
千里丘駅
JR Senrioka Station - panoramio (13).jpg
駅舎と駅前(2013年10月)
せんりおか
Senrioka
JR-A41 茨木 (2.9 km)
(1.7 km) 岸辺 JR-A43
所在地 大阪府摂津市千里丘一丁目1-1
北緯34度47分28.64秒 東経135度33分4.84秒 / 北緯34.7912889度 東経135.5513444度 / 34.7912889; 135.5513444座標: 北緯34度47分28.64秒 東経135度33分4.84秒 / 北緯34.7912889度 東経135.5513444度 / 34.7912889; 135.5513444
駅番号 JR-A42
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 A 東海道本線JR京都線
キロ程 544.7 km(東京起点)
京都から31.1 km
電報略号 セオ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線(乗降は2面2線のみ)
乗車人員
-統計年度-
16,498人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日 1938年昭和13年)12月1日[1]
備考 直営駅
みどりの券売機プラス設置駅
テンプレートを表示

千里丘駅(せんりおかえき)は、大阪府摂津市千里丘一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線である。駅番号はJR-A42。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。

概要[編集]

摂津市内では唯一のJRの旅客駅である(貨物駅も含めると当駅の他に大阪貨物ターミナル駅がある)。

市内の駅の中では群を抜いて利用客数は多いが、駅自体は吹田市域や茨木市域と近接する位置にあり、両市からの利用も多い。また吹田市については、市外でありながらコミュニティバス(すいすいバス)を駅前に発着させている。

駅名について[編集]

当駅一帯は千里丘陵ではなく、そこから南東に外れた麓に当たる。

摂津市の町丁としての千里丘は、当駅一帯およびそこから南西に広がる地域で、東海道本線以北の市域をおおよその範囲とする(ただし、旧吹田操車場跡地一帯は千里丘新町として分離している)。地域名としての千里丘は、町丁の千里丘と千里丘新町、およびそれらと東海道本線の南東側で隣接する地域、また町丁の千里丘の北に隣接する吹田市の地域などからなる一帯の呼称である。なお、「千里丘」の付く町丁は摂津市と吹田市の双方に存在するが、いずれも千里丘駅の開業後に設けられている。

歴史[編集]

元々は地上駅だったが、1970年に開催された大阪万博で最寄り駅に想定され、それに併せて橋上駅舎化などの再開発を行う予定だった。しかし、最寄り駅競争は京都方面の隣の茨木駅に敗れ、その後約13年間再開発されないままだった。[要出典]

年表[編集]

当駅の東側には阪急京都本線が走っており、当駅から近い位置に摂津市駅2010年(平成22年)3月14日に開業した。

駅構造[編集]

構内(2006年6月)

旅客線のみに島式ホーム2面4線を持つ地上駅橋上駅舎を有する。ただし、通過列車のみの1番のりばと4番のりばは柵が設置されており、利用できなくなっている。分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。

直営駅ではあるが駅長は配置されておらず、高槻駅(管理駅)と茨木駅(地区駅)が当駅を管理している。ICOCA利用可能駅であり、ICOCAの相互利用対象カードも利用可能。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 線路 行先
1 AJR京都線 上り 外側線 (通過列車のみのため閉鎖)
2 A JR京都線 上り 内側線 高槻京都方面[5]
3 下り 大阪三ノ宮方面[5]
4 AJR京都線 下り 外側線 (通過列車のみのため閉鎖)
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

ダイヤ[編集]

日中時間帯は1時間に8本が停車する。朝ラッシュ時は本数が多くなる。

利用状況[編集]

2020年(令和2年)度の1日平均乗車人員16,498人で、JR西日本の駅の中ではJR難波駅に次いで第47位である[JR 1]

かつてはJR京都線の普通しか停車しない駅の中で最も利用客数が多かったが、前述の摂津市駅開業もあり減少傾向が続いた。現在は吹田駅に次いで2番目の数字となっている。

近年の1日平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 24,401 [* 1]
1991年(平成03年) 24,360 [* 2]
1992年(平成04年) 24,969 [* 3]
1993年(平成05年) 24,885 [* 4]
1994年(平成06年) 24,808 [* 5]
1995年(平成07年) 25,665 [* 6]
1996年(平成08年) 25,831 [* 7]
1997年(平成09年) 24,611 [* 8]
1998年(平成10年) 23,131 [* 9]
1999年(平成11年) 22,172 [* 10]
2000年(平成12年) 21,566 [* 11]
2001年(平成13年) 20,689 [* 12]
2002年(平成14年) 20,483 [* 13]
2003年(平成15年) 20,971 [* 14]
2004年(平成16年) 20,768 [* 15]
2005年(平成17年) 20,517 [* 16]
2006年(平成18年) 20,566 [* 17]
2007年(平成19年) 20,145 [* 18]
2008年(平成20年) 19,652 [* 19]
2009年(平成21年) 19,296 [* 20]
2010年(平成22年) 18,258 [* 21]
2011年(平成23年) 18,095 [* 22]
2012年(平成24年) 18,410 [* 23]
2013年(平成25年) 19,071 [* 24]
2014年(平成26年) 19,214 [* 25]
2015年(平成27年) 19,760 [* 26]
2016年(平成28年) 20,064 [* 27]
2017年(平成29年) 20,179 [* 28]
2018年(平成30年) 20,230 [* 29]
2019年(令和元年) 20,297 [* 30]
2020年(令和02年) [JR 1]16,498

駅周辺[編集]

フォルテ摂津

周囲は摂津市西部の北端に当たり、東海道本線の北側を並行する府道14号大阪高槻京都線産業道路)を越えた辺り(約200m先)から吹田市域に入る。また、当駅から茨木駅方面に向かって約400m先からは茨木市域に入る。駅東口には駅前再開発によりフォルテ摂津が建設され、バスターミナルも整備された。引き続き、西口も再開発中である。

駅から南へ歩くと摂津市立総合福祉会館があり(現在は建物の老朽化により閉鎖)、プラネタリウムを楽しむことができた。

当駅の東と西を結ぶ大阪府道142号正雀停車場線(旧・大阪府道2号大阪中央環状線)は、かつては片道1車線の狭路で、交互信号が設置されていた。再開発とともに、この道路トンネルの拡幅工事も進められ、2009年平成21年)10月、2車線通行が可能になった。また、かつては時間帯右折禁止だった、産業道路吹田市街方面からの右折(千里丘駅・門真市方面)が、これに併せて終日可能となった。

駅ビル[編集]

西口方面[編集]

東口方面[編集]

バス路線[編集]

東口側には、阪急バス近鉄バスが乗り入れている。

のりば 運行事業者 系統・行先 備考
1 近鉄バス 5354番:鳥飼車庫
55番:摂津市内循環
全て平日のみの運行
2 阪急バス 33343536系統:柱本団地
33系統:上鳥飼
36系統:摂津ふれあいの里

西口からは吹田市コミュニティバスが発着する。

備考[編集]

  • さらに、2006年(平成18年)12月31日を最後に近鉄バスの以下の路線がそれぞれ乗客減少・コスト高を理由に運行休止となった。代替路線は、JR茨木駅・阪急茨木市駅からの水尾3丁目行と南摂津行である(野々宮行きについては、川端通りから南茨木駅へ向かう直線的な道路が開通したために2012年4月より南茨木駅からの路線が復活した。ただし、島を経由しないため、従来のルートとは大きく異なる上、2017年3月末で休止となった)。これにより、当駅発着の近鉄バスは摂津市内循環系統しか走らなくなった。
    • 31番:野々宮
    • 50番:江口橋(平日朝1本のみ運行)
    • 53番:別府(鳥飼営業所出入庫を兼ねて夜のみ運行)
    • 55番:南摂津駅
  • 西口側からは、吹田市千里丘陵にある毎日放送千里丘放送センターやそれに付属する千里の湯へ向かう無料バスが乗り入れていたが、2006年度中に千里の湯が閉鎖されて、運行を終了した。ただし、関係者用と思われる千里丘放送センターへのバスは残っている。また、当駅から遠いマンションの住居者向けに当駅と各マンション間にジャンボタクシーやマイクロバスも乗り入れている。これらはマンション側と地元のバス会社やタクシー会社が契約で走っているマンション居住者専用のバスで標柱はなく、主に府道の側道から発車する。以前は、西口の出入口すぐから発車していたが、ガードを潜る府道に側道が出来たことなどから、交通が支障しにくい府道の側道へ発着が移動しつつある。
  • 産業道路の千里丘交差点付近まで吹田市のコミュニティバスのすいすいバスも乗り入れていたが、千里丘ガード拡幅後はその側道まで乗り入れるようになり駅までかなり近くなった。
  • 2018年11月2日までは、東口から阪急バス58系統 メゾン千里丘循環が発着していた。
  • 西口から期間限定(2017年12月1日(金)〜2018年12月28日(金)の平日)で、EXPOCITY行きのバスが発着していた。所要時間は約15分[6]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道(JR西日本)
A JR京都線(東海道本線)
新快速・快速
通過
普通
茨木駅 (JR-A41) - 千里丘駅 (JR-A42) - 岸辺駅 (JR-A43)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、36頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ “きょうから使用開始 千里丘駅橋上化”. 交通新聞 (交通協力会): p. 1. (1983年3月18日) 
  3. ^ 「ICOCA」いよいよデビュー! 〜 平成15年11月1日(土)よりサービス開始いたします 〜インターネットアーカイブ) - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年8月30日
  4. ^ 琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線・大阪環状線の駅のホームで使用している「入線警告音」の音質を見直します
  5. ^ a b 千里丘駅|構内図:JRおでかけネット”. 西日本旅客鉄道. 2023年1月11日閲覧。
  6. ^ 2017/12/1(金)よりJR千里丘駅前⇔EXPOCITY⇔北千里駅前・南千里駅前無料シャトルバス運行! | ららぽーとEXPOCITY

利用状況[編集]

データで見るJR西日本
  1. ^ a b データで見るJR西日本2021 (PDF)”. 2021年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月20日閲覧。
大阪府統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]