はりま勝原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
はりま勝原駅
開業当日の駅舎(2008年3月)
はりまかつはら
Harima-Katsuhara
英賀保 (2.8 km)
(2.9 km) 網干
地図
所在地 兵庫県姫路市勝原区熊見44-3[1]
北緯34度48分36.59秒 東経134度36分50.67秒 / 北緯34.8101639度 東経134.6140750度 / 34.8101639; 134.6140750 (はりま勝原駅)座標: 北緯34度48分36.59秒 東経134度36分50.67秒 / 北緯34.8101639度 東経134.6140750度 / 34.8101639; 134.6140750 (はりま勝原駅)
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 A 山陽本線
キロ程 62.2 km(神戸起点)
大阪から95.3 km
電報略号 ハリ
駅構造 地上駅橋上駅[1]
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
4,781人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 2008年平成20年)3月15日[1]
備考 業務委託駅[1]
みどりの券売機プラス設置駅
テンプレートを表示

はりま勝原駅(はりまかつはらえき)は、兵庫県姫路市勝原区熊見にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線である[1]

概要[編集]

福井県越美北線(九頭竜線)に同じ字を使う勝原駅(読みは「かどはらえき」)があることから、旧国名を冠した播磨勝原駅の仮称で建設が進められていたが、旧国名をひらがな表記として、はりま勝原駅となった[2]

歴史[編集]

当駅は姫路市の要望により開業した請願駅である。駅設置計画当初は2007年(平成19年)3月18日の開業を予定していたが、建設工事が遅れたことなどから、開業は2008年(平成20年)3月15日となった。

年表[編集]

駅構造[編集]

ホーム(網干側から望む)

12両編成対応の相対式ホーム2面2線の橋上駅舎を有している地上駅。ホームには待合室が設置されている。2008年3月15日の開業時点からエレベーターが設置されているが、エスカレーターは設置されていない。

当駅はJR西日本交通サービスによる業務委託駅である[7]

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 A 山陽本線 下り 相生播州赤穂上郡岡山方面[8]
2 上り 姫路大阪方面[8]

ダイヤ[編集]

日中時間帯は1時間に3本停車する[1]

上り列車のうち2本は姫路行きの普通列車である。赤穂線の播州赤穂から来る列車で、11時台後半以降は姫路にて新快速と接続する。後の2本は手前の網干発の列車で、西明石から快速として運転する大阪方面への普通列車である。基本的には姫路駅にて新快速と接続をするが、特急列車の運転の兼ね合いで、10分以上接続時間が生じる列車も存在する。

下り列車のうち2本は大阪方面から来る普通列車の網干行きである。後の2本は姫路始発の普通播州赤穂行きである。3駅先の相生山陽本線から分岐する赤穂線に入る電車で、相生で主に岡山方面行きに接続する。

朝晩は、岡山方面の列車が姫路発着になり、新快速を含む網干発着の列車・播州赤穂方面の列車が増えるため、上り下りとも停車本数が増える。

利用状況[編集]

開業前の予想では1日平均約5,000人の乗降客を見込んでいた[9]。年々利用客が増えている。

2021年(令和3年)度の1日平均乗車人員4,781人である[10]

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである[10]

年度 1日平均
乗車人員
2008年 2,327
2009年 2,898
2010年 3,349
2011年 3,646
2012年 3,920
2013年 4,395
2014年 4,508
2015年 4,791
2016年 5,015
2017年 5,189
2018年 5,347
2019年 5,507
2020年 4,517
2021年 4,781

駅周辺[編集]

駅周辺は住宅開発などが著しい。2004年12月3日には、駅南側の姫路市大津区大津町にイオン姫路大津ショッピングセンター(現在はイオンモール姫路大津)が開店している。なお、駅至近にあったマックスバリュ熊見店は、駅開業直前の2008年2月20日に閉鎖し、売り場面積を拡充の上、同年7月10日にリニューアルオープンした。

また駅前には出入口が回転ゲート式のバイク自転車が停められる有料駐輪場が開業同日にオープンした。

駅南方約1 kmには兵庫県立姫路南高等学校がある。

バス路線[編集]

神姫バス

「はりま勝原駅」停留所

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道(JR西日本)
A 山陽本線(赤穂線直通列車含む)
新快速・普通(普通列車は明石駅以東は快速)
英賀保駅 - はりま勝原駅 - 網干駅

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『兵庫の鉄道全駅 JR・三セク』神戸新聞総合出版センター、2011年12月15日、59頁。ISBN 9784343006028全国書誌番号:22012275 
  2. ^ 新駅の駅名および駅名改称について』(プレスリリース)西日本旅客鉄道、2007年9月19日。 オリジナルの2007年9月27日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20070927172539/http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1173281_799.html2023年9月10日閲覧 
  3. ^ 琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線・大阪環状線の駅のホームで使用している「入線警告音」の音質を見直します』(プレスリリース)西日本旅客鉄道、2015年3月11日https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/03/page_6933.html 
  4. ^ 大盛周平「JR西127本の運転見直し 15年ぶりに秋のダイヤ改正」『神戸新聞神戸新聞社、神戸、2021年7月28日。2021年9月30日閲覧。
  5. ^ 2021 年秋ダイヤ見直しについて』(PDF)(プレスリリース)西日本旅客鉄道、2021年7月28日https://www.westjr.co.jp/press/article/items/210727_03_keihanshin.pdf2021年9月30日閲覧 
  6. ^ 2024年春のダイヤ改正について』(PDF)(プレスリリース)西日本旅客鉄道近畿統括本部、2023年12月15日。 オリジナルの2023年12月15日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20201218051527/https://www.westjr.co.jp/press/article/items/231215_00_press_daiyakaisei_kinto.pdf2023年12月15日閲覧 
  7. ^ 会社概要|事業エリア(2022年7月1日現在)”. JR西日本交通サービス. 2023年9月10日閲覧。
  8. ^ a b はりま勝原駅|構内図:JRおでかけネット”. 西日本旅客鉄道. 2023年2月5日閲覧。
  9. ^ 「播磨勝原駅」申請へ JR山陽線英賀保―網干駅間」『神戸新聞』、2005年3月25日。2010年5月30日閲覧。オリジナルの2005年3月6日時点におけるアーカイブ。
  10. ^ a b 兵庫県統計書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]