産業道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

産業道路(さんぎょうどうろ)とは、主に貨物輸送の交通に供される日本道路通称である。

概要[編集]

工業地域を通る道路や工業団地と埠頭を結ぶ目的を持って作られた道路を指す。対義語は生活道路。東京都道・神奈川県道6号東京大師横浜線国道55号徳島県)など、戦前より産業道路を通称する道路もある。

主には高度経済成長期に、企業誘致を目的として自治体が道路法に基づき整備した路線が多く、地方において産業道路と呼ばれた道路には、奥地等産業開発道路整備臨時措置法[1](1964年制定・2003年失効)による補助を受けながら整備した物も多い。

一覧[編集]

北海道[編集]

東北[編集]

関東[編集]

中部[編集]

近畿[編集]

中国[編集]

四国[編集]

九州[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 奥地等産業開発道路整備臨時措置法
  2. ^ 藤岡市略年表
  3. ^ 泉区小史編集委員会 『いずみ いまむかし - 泉区小史 - 』 泉区小史編集委員会・横浜市泉区地域振興課、1996年
  4. ^ 1933年、産業道路大阪池田線として開通した(「ちょっと昔み~つけた」『広報とよなか平成13年12月号(通巻620号)、豊中市、2001年、52頁、および「豊中の「近代遺産」めぐり」『広報とよなか』平成20年3月号(通巻695号)、豊中市、2008年、7頁)。「池田なつかし小事典」『連続テレビ小説「てるてる家族」 関連情報』、池田市観光協会、2003年4月16日、および「第十二番札所 仏日山東光院 萩の寺」『新西国霊場-新しい巡礼の旅』、新西国霊場会に用例あり。
  5. ^ 「神辺の未来像」、『のびゆく かんなべ』、神辺町商工観光課(神辺町役場)、1972年、 26頁。

関連項目[編集]