西向日駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西向日駅 *
駅舎(西口)
駅舎(西口)
にしむこう - Nishi-muko
HK-77 長岡天神 (1.9km)
(1.4km) 東向日 HK-79
所在地 京都府向日市上植野町南開23番地1[1]
駅番号 HK-78
所属事業者 Hankyu-logo.svg阪急電鉄
所属路線 京都本線
キロ程 33.6km(十三起点)
梅田から36.0km
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
11,920人/日
-2012年-
開業年月日 1928年昭和3年)11月1日
備考 * 1972年(昭和47年)に西向日町駅から改称
テンプレートを表示
ホーム

西向日駅にしむこうえきは、京都府向日市上植野町南開にある、阪急電鉄京都本線。駅番号はHK-78

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。のりば番号は設定されていない。河原町方面ホームの梅田寄り4両分には屋根が設置されていない。

駅舎(改札口)は両ホームの河原町寄りにあり、各ホーム間は地下道により連絡している。この地下道は駅の両側を結ぶ一般道としても機能しており、道の中央に仕切りを設けることで駅の構内外を分けている[1]

のりば[編集]

(西側) 京都本線(上り) 京都(河原町)烏丸嵐山方面
(東側) 京都本線(下り) 大阪(梅田)天下茶屋北千里神戸宝塚方面

利用状況[編集]

2012年度(平成24年度)の1日平均乗降人員11,920人である[4]。近年の1日平均乗降・乗車人員は下記の通り。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
2007年(平成19年) 12,353 6,264
2008年(平成20年) 12,803 6,459
2009年(平成21年) 11,972 6,048
2010年(平成22年) 11,762 5,926
2011年(平成23年) 12,053 6,053
2012年(平成24年) 11,920 6,012
2013年(平成25年) 6,099

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

当駅最寄りのバス停留所は京都府道67号西京高槻線沿いの「向日町郵便局前」であり、阪急バスにより運行される以下の路線が発着する。

その他[編集]

  • 阪急京都本線を建設した京阪電気鉄道の子会社・新京阪鉄道は、当駅から分岐して伏見山科を経由し大津市馬場に至るまでの免許を有していた。京阪では、さらにそこから名古屋までの高速電気鉄道線を建設する名古屋急行電鉄の構想を持っており、1929年(昭和4年)には免許を取得した。だが世界恐慌の影響で京阪本体の経営が危うくなったことから、このような計画は実現不可能となり、1935年(昭和10年)に免許が失効した。当駅のホーム幅員が広いのは、その分岐線計画を考慮して設計されたからである。
  • 1978年(昭和53年)に、それまで上下のホームをつないでいた構内踏切に代えて地下道を建設する工事を行った際、当駅の地下から長岡京時代の遺構やそれ以前の時代の遺跡が発掘されている[1]

隣の駅[編集]

阪急電鉄
京都本線
快速特急・直通特急・特急・通勤特急・快速急行・快速
通過
準急・普通
長岡天神駅 (HK-77) - 西向日駅 (HK-78) - 東向日駅 (HK-79)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『阪急ステーション』 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部〈阪急ワールド全集 4〉、2001年、105頁。ISBN 4-89485-051-6
  2. ^ a b c d e f 生田誠 『阪急京都線・千里線 街と駅の1世紀』 彩流社〈懐かしい沿線写真で訪ねる〉、2013年、4-6・34-35頁。ISBN 978-4-7791-1726-8
  3. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』9 関西2、新潮社2009年、50頁。ISBN 978-4-10-790027-2
  4. ^ 向日市統計書(平成25年版)8. 運輸・通信 (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]