向日神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
向日神社
Muko-jinja, shaden.jpg
舞殿(右)・拝殿(左奥)
所在地 京都府向日市向日町北山65
位置 北緯34度56分38.8秒
東経135度41分49.6秒
座標: 北緯34度56分38.8秒 東経135度41分49.6秒
主祭神 向日神
火雷神
玉依姫命
神武天皇
社格 式内社(名神大)・府社
本殿の様式 三間社流造(国の重要文化財)
例祭 5月第二日曜日
テンプレートを表示
鳥居

向日神社(むこうじんじゃ)は、京都府向日市に鎮座する神社向日明神とも。式内社名神大)で、旧社格府社

由緒[編集]

元々は、同じ向日山に鎮座する「向神社」(上ノ社)「火雷神社」(下ノ社)という別の神社だった。いずれも延喜式神名帳に現れる古社で、「火雷神社」については名神大社「乙訓坐火雷神社(乙訓神社)」の論社である(他の論社は長岡京市の角宮神社)。

向神社は御歳神(向日神)が向日山にとどまり、稲作を奨励したことに始まるという。また火雷神社は神武天皇大和国橿原から山城国へ遷った際、当地に火雷神を祀ったことに始まると伝える。

火雷神社は養老2年(718年)の社殿新築にあたり玉依姫命と神武天皇を合祀したが、中世に至ると衰微、建治元年(1275年)には向神社が併祭することとなり、向日神社と社名を改めて今日に至っている。

境内[編集]

  • 京都府道67号西京高槻線(アストロ通り)から、長い石畳の参道に入る。参道は桜・ツツジ・カエデ等の並木が連なる緩やかな登り坂で情緒があるが、時折自動車も走るので注意が必要。
  • 境内に入ると、舞楽殿が控える。拝殿・本殿はその奥にある。
  • 本殿は応永25年(1418年)建築。室町時代の流造を代表するものとして、国の重要文化財に指定されている。また明治神宮本殿は、当社本殿を1.5倍のスケールにした設計である。

主な祭礼[編集]

  • 年頭祭
  • 索餅祭

境内社[編集]

括弧内は祭神・神体。

  • 勝山稲荷社(宇迦之御魂神
  • 天満宮社(菅原道真公ほか)
  • 増井神社(火雷神の荒魂神を祀る井戸が御神体)
  • 五社
  • 春日社
  • 御霊社

文化財[編集]

重要文化財[編集]

延喜4年(904年)の奥書があるが、南北朝時代の写本である[1]

国の登録有形文化財[編集]

  • 幣拝殿及び本殿覆屋[2]
  • 南門・北門及び瑞垣
  • 末社祖霊社本殿
  • 末社祖霊社渡廊
  • 末社五社神社本殿
  • 末社春日神社本殿
  • 末社御霊神社本殿
  • 末社天満宮社本殿
  • 末社天満宮社瑞垣
  • 末社勝山稲荷神社本殿
  • 末社勝山稲荷神社拝殿
  • 客殿
  • 手水舎

その他[編集]

  • 飾太刀

交通[編集]

最寄駅
阪急京都本線西向日駅から北西へ500m
  • 京都府道67号西京高槻線

脚注[編集]

  1. ^ 紙本墨書日本書紀神代紀下巻(向日市サイト)
  2. ^ 平成27年8月4日文部科学省告示第125号(本件以下「手水舎」まで、同告示による登録)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]