茶屋町駅 (大阪府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
茶屋町駅
ちゃやまち
Chayamachi
梅田
北野
所属事業者 京阪神急行電鉄
所属路線 北野線
キロ程 (梅田起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1926年7月5日
廃止年月日 1949年1月1日
テンプレートを表示

茶屋町駅(ちゃやまちえき)は、かつて阪急北野線に存在した電停である。

概要[編集]

1910年箕面有馬電気軌道開業以来、梅田-十三間では地上の併用軌道を通っていた宝塚線神戸線であるが、将来の列車本数増加に対応しきれないこととスピードアップのため、高架線路別複々線専用軌道を敷設し、両線の運転を分離する工事が行われることになった。

1926年7月5日に工事が完成してその供用が開始されるが、旧線のうち梅田駅から北野駅に至る区間に関しては、支線の北野線として単行電車による運転が継続されることになった。その際、需要掘り起こしのため唯一の中間停留所として新設されたのがこの茶屋町駅である。

電停は中国街道との分岐点、現在のアーバンテラス茶屋町南西角から阪急かっぱ横丁(高架下)入口付近に設けられた。

1949年、北野線の営業が休止されるのに伴い、この駅も消滅した。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

廃止当時

京阪神急行電鉄
北野線
梅田駅 - 茶屋町駅 - 北野駅

関連項目[編集]