総持寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
総持寺駅*
駅舎(西改札口)
駅舎(西改札口)
そうじじ - Sojiji
HK-69 茨木市 (1.4km)
(1.1km) 富田 HK-71
大阪府茨木市総持寺駅前町7番3号[1]
駅番号 HK-70
所属事業者 阪急電鉄
所属路線 京都本線
キロ程 16.2km(十三起点)
梅田から18.6km
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
18,034人/日
-2014年-
開業年月日 1936年昭和11年)4月15日
備考 * 1948年(昭和23年)に総持寺前駅から改称
テンプレートを表示

総持寺駅(そうじじえき)は、大阪府茨木市総持寺駅前町にある、阪急電鉄京都本線。駅番号はHK-70

歴史[編集]

外壁リフォーム前の西口

阪急京都本線の前身である新京阪鉄道が1928年(昭和3年)に大阪から京都に至る路線を敷いた際には当駅は設けられず、のちに新京阪鉄道を合併した京阪電気鉄道(京阪)によって1936年(昭和11年)に開設された。京阪による総持寺前住宅地の分譲に合わせて新設された駅である[1]

  • 1936年昭和11年)4月15日 - 京阪電気鉄道新京阪線の茨木町駅(現在の茨木市駅) - 富田町駅(現在の富田駅)間に、総持寺前駅(そうじじまええき)として新設開業[2][3]
  • 1943年(昭和18年)10月1日 - 会社合併により京阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)の駅となる[2]
  • 1948年(昭和23年)1月1日 - 総持寺駅に改称[2]
  • 1949年(昭和24年)12月1日 - 新京阪線が京都本線に改称され、当駅もその所属となる[2]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。傾斜面上にあるため、ホームの淡路寄りは盛土上にある。改札口(西改札)はホームよりも下層、上り(京都方面)ホームの淡路寄りにある。下り(大阪方面)ホーム側にも改札口(東改札)はあるが自動券売機は設置されていない。

西改札と上りホーム、東側地上部と下りホーム上の東改札をそれぞれ連絡するエレベーターが設置されている。また、上りホームには多機能トイレが併設されている。

のりば[編集]

(西側) 京都本線(上り) 京都(河原町)高槻市嵐山方面
(東側) 京都本線(下り) 大阪(梅田)天下茶屋北千里神戸宝塚方面

※のりば番号は設定されていない。

利用状況[編集]

2014年(平成26年)度の特定日における1日の乗降人員18,034人である。

各年度の特定日における1日の乗車・乗降人員数は下表のとおり。

年度 特定日 出典
乗降人員 乗車人員
1995年 25,080 12,656 [4]
1996年 25,768 12,818 [5]
1997年 26,600 13,162 [6]
1998年 25,275 12,489 [7]
1999年 - -
2000年 23,684 12,030 [8]
2001年 23,154 11,717 [9]
2002年 22,730 11,499 [10]
2003年 21,605 10,921 [11]
2004年 21,012 10,306 [12]
2005年 21,203 10,639 [13]
2006年 19,260 9,609 [14]
2007年 19,339 9,709 [15]
2008年 18,730 9,384 [16]
2009年 17,629 8,798 [17]
2010年 17,904 8,860 [18]
2011年 17,774 8,806 [19]
2012年 17,619 8,677 [20]
2013年 17,938 8,870 [21]
2014年 18,034 8,863 [22]

駅周辺[編集]

駅前は南東側は商店街で、その先には総持寺団地がある。駅の北側は閑静な住宅地であり、その先に総持寺がある。

北西側にはかつてはフジテックの本社があり、赤と白のエレベーター試験塔(高さ150メートル)が見え、遠くからも方向を示すランドマークになっていたが、2006年(平成18年)3月31日限りで本社は滋賀県彦根市に移転した。移転後はフジテックの研修施設が残り、試験塔は2008年(平成20年)9月下旬から同年12月末にかけて解体された。研修施設も本社に移転し、アフターマーケットの拠点となる「ビッグフィット」が新たに設けられた。

フジテック旧本社跡地は東海道本線JR京都線)沿いにあることから、西日本旅客鉄道(JR西日本)はこの地にJR総持寺駅(仮称)を新設することを計画。2018年春の開業を目指して工事が進められている。またこれと並行して、周辺地区の整備やマンション3棟の建設なども進められている。[23][24]

隣の駅[編集]

阪急電鉄
京都本線
快速特急・直通特急・特急・通勤特急・快速急行・快速・準急
通過
普通
茨木市駅 (HK-69) - 総持寺駅 (HK-70) - 富田駅 (HK-71)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『阪急ステーション』 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部〈阪急ワールド全集 4〉、2001年、96頁。ISBN 4-89485-051-6
  2. ^ a b c d 生田誠 『阪急京都線・千里線 街と駅の1世紀』 彩流社〈懐かしい沿線写真で訪ねる〉、2013年、4-6・22-23頁。ISBN 978-4-7791-1726-8
  3. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』9 関西2、新潮社2009年、50頁。ISBN 978-4-10-790027-2
  4. ^ 大阪府統計年鑑(平成8年) (PDF)
  5. ^ 大阪府統計年鑑(平成9年) (PDF)
  6. ^ 大阪府統計年鑑(平成10年) (PDF)
  7. ^ 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  8. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  9. ^ 大阪府統計年鑑(平成14年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  13. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  14. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  15. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  16. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  17. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  18. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  19. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年) (PDF)
  20. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  21. ^ 大阪府統計年鑑(平成26年) (PDF)
  22. ^ 大阪府統計年鑑(平成27年) (PDF)
  23. ^ (仮称)JR総持寺駅 - 茨木市HP
  24. ^ JR京都線新駅設置計画地前 茨木市庄一丁目プロジェクトがいよいよスタート - 株式会社大京 2014年5月10日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]