西山天王山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西山天王山駅
Nishiyama-Tennozan Station.JPG
駅舎(東改札口側)
にしやま てんのうざん
Nishiyama-tennozan
HK-75 大山崎 (2.5 km)
(1.5 km) 長岡天神 HK-77
所在地 京都府長岡京市友岡四丁目22-1[1]
北緯34度54分48秒 東経135度41分19秒 / 北緯34.91333度 東経135.68861度 / 34.91333; 135.68861 (西山天王山駅)座標: 北緯34度54分48秒 東経135度41分19秒 / 北緯34.91333度 東経135.68861度 / 34.91333; 135.68861 (西山天王山駅)
駅番号 HK76[1][2][3]
所属事業者 阪急電鉄
所属路線 京都本線
キロ程 30.2 km(十三起点)
大阪梅田から32.6 km
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
14,695人/日
-2019年-
乗降人員
-統計年次-
(通年平均) 12,333人/日
-2019年-
開業年月日 2013年平成25年)12月21日[1][2][4]
テンプレートを表示
駅舎(西改札口)
プラットホーム

西山天王山駅(にしやまてんのうざんえき)は、京都府長岡京市友岡四丁目にある、阪急電鉄京都本線駅番号HK-76[2][3]

概要[編集]

2013年平成25年)12月21日に開業した[2][4][5]長岡天神駅大山崎駅の間の前者寄り、京都縦貫自動車道との交差地点に設置された。

当初は2013年春に開業予定だったが、2012年(平成24年)3月30日の駅名の決定と同時に開業時期の延期が発表され、翌2013年6月5日に同年12月21日の開業決定が発表された[1][2]。駅名の正式決定前は「南長岡京市駅」という仮称が使われていた。同年11月22日には、コンセプトワードとして「つながる ひろがる かなであう[4]、駅から直接アクセスできる観光スポットをイメージした「シンボルビジュアル」が制定された。

なお、当駅の開業日には、阪急電鉄で駅ナンバリングの導入(当駅はあらかじめナンバリング設定済み)、三宮駅(現在の神戸三宮駅)など4駅で駅名変更が実施された[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線[5]を有する地上駅である[1][2]

改札口は東西に2箇所あり、互いのホームは地下道で連絡している。また、ホームと改札口を結ぶエレベーターが2基、エスカレーターが4基設置されている[1]

駅舎は、和風を基調にしながらも現代風にアレンジした「和モダン」を基本コンセプトとしている。また、高速道路の高架下という立地のため、駅舎正面はガラス張りとされ、外光をより多く採り入れられる構造となっている。

なお、駅の整備に際して駅舎整備費用の約20億円は阪急電鉄と長岡京市が折半し、駅前広場は市側が負担した費用により整備された[6]

直上を走る京都縦貫自動車道には、当駅の開業に合わせて新たに「高速長岡京バスストップ」が設けられ[4][7]、エレベーターを介して当駅の東口と連絡している。

のりば[編集]

号線 路線 方向 行先
1 京都本線 上り 京都河原町嵐山方面
2 下り 高槻市淡路大阪梅田天下茶屋方面

利用状況[編集]

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員14,695人である。

開業以降の1日平均乗降・乗車人員の推移は下表のとおりである。なお、開業当初予測していた1日あたりの乗降客数は8千人であった[7]

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
2013年 6,278 3,265 [8]
2014年 6,538 3,420 [9]
2015年 11,652 5,943 [10]
2016年 12,244 6,250 [11]
2017年 13,261 6,715 [12]
2018年 13,584 6,905 [13]
2019年 14,695 7,412 [14]

駅周辺[編集]

広範囲にわたって住宅街が続いている。

バス路線[編集]

一般路線[編集]

東口のロータリー阪急バス京阪バスの他京都京阪バスが乗り入れ、以下の路線を運行している。バス停の名称は「阪急西山天王山[17][18]

京阪バスは淀競馬場線のみ。京都京阪バスは、阪急バスとの共同運行である八幡営業所の90号経路のみ。

  • 1のりば
    • 1系統 - 金ヶ原・西陣町・阪急長岡天神JR長岡京方面行き(循環)
    • 3系統 - 友岡・阪急長岡天神経由JR長岡京方面行き
    • 49系統 - 金ヶ原・西陣町・阪急長岡天神・JR長岡京経由菱川方面行き
    • 5・6・7・48系統 - 美竹台住宅・光風台住宅経由、JR長岡京 行き(循環)
    • 80系統 - 阪急東向日 行き / JR山崎 行き
    • 82系統 - JR長岡京 行き
    • 90系統 - 東浦経由JR長岡京行き
  • 2のりば

高速バス[編集]

高速バスは、駅直上の「高速長岡京バスストップ」に停車する[4]。高速バス利用者のためにパークアンドライド用の駐車場が設置されている[4]

駅の現状[編集]

当駅の開業後、京都・大阪方面への通学・通勤や立命館中学校・高等学校の移転の効果もあり、予測を上回る乗降客数となっている(2019年度は開業初年度の約2.5倍)[7]

その一方で、当駅に連絡している「高速長岡京バスストップ」の存在を知らない周辺住民が6割もいたことが長岡京市が実施した調査で明らかとなっている[7]。停車する高速バスの本数は開業初年の2013年に18便でスタート[15]2015年4月の86便[15]をピークに減少し続けている(2017年時点では69便[15]、2018年時点では65便[7])。減少の理由として、名神高速道路を走行するバスの場合、バス停車のために大山崎JCTから長岡京ICを一度下りてUターンして再度長岡京ICから入ることによって追加料金が発生することが事業者の負担となっていることが背景にある[15]。また、長岡京市がバス利用者に実施したアンケートでは、バス停周辺に店舗が少ないこと[15]、待合室がないこと(バスストップはベンチがあるのみ)[4]が不満として挙げられている[15]

隣の駅[編集]

阪急電鉄
京都本線
快速特急A・快速特急・特急・通勤特急・快速急行・快速
通過
準急・普通
大山崎駅 (HK-75) - 西山天王山駅 (HK-76) - 長岡天神駅 (HK-77)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h “阪急京都線 大山崎駅~長岡天神駅間で建設中の『西山天王山駅』を2013年12月21日に開業します!” (PDF) (プレスリリース), 長岡京市・阪急電鉄, (2013年6月5日), https://www.hankyu.co.jp/company/news/pdf/ER201306051N2.pdf 2022年2月23日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g 阪急電鉄「西山天王山駅」京都府長岡京市に12/21開業! 高速バスとも接続”. マイナビニュース (2013年6月6日). 2022年2月23日閲覧。
  3. ^ a b 旅と鉄道 2019, p. 44.
  4. ^ a b c d e f g h 旅と鉄道 2019, p. 99.
  5. ^ a b c 広報長岡京 西山天王山駅開業特別号 (PDF)”. 長岡京市役所 (2013年12月18日). 2022年2月23日閲覧。
  6. ^ a b 乙訓の「新玄関」、阪急・西山天王山駅が開業”. 京都新聞 (2013年12月21日). 2013年12月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年2月23日閲覧。
  7. ^ a b c d e f “鉄道と高速道路が直結する「駅」が生み出す利便性”. 日刊工業新聞. (2019年4月28日). オリジナルの2021年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210305104625/https://newswitch.jp/p/17485 2021年2月23日閲覧。 
  8. ^ 長岡京市統計書(平成26年) (PDF)
  9. ^ 長岡京市統計書(平成27年) (PDF)
  10. ^ 長岡京市統計書(平成28年) (PDF)
  11. ^ 長岡京市統計書(平成29年) (PDF)
  12. ^ 長岡京市統計書(平成30年) (PDF)
  13. ^ 長岡京市統計書(令和元年)
  14. ^ 長岡京市統計書(令和2年)
  15. ^ a b c d e f g 「高速長岡京」便利すぎるのになぜ苦戦? 駅ホーム直上高速バス乗り場の課題とは?”. 乗りものニュース (2017年7月30日). 2022年2月23日閲覧。
  16. ^ 5月8日 西山天王山駅前交番の落成式がありました”. 長岡京市対話推進部広報発信課 (2014年5月9日). 2022年2月23日閲覧。
  17. ^ 長岡京線 2013年12月21日(土) ダイヤ変更のお知らせ (PDF) - 阪急バス、2013年12月11日、2013年12月12日閲覧。
  18. ^ 長岡京線、若山台線、長岡京淀線 運行系統図(2013年12月21日から) (PDF) - 阪急バス、2013年12月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 旅と鉄道」編集部 (編) 『鉄道まるわかり003 阪急電鉄のすべて』山と渓谷社、2019年3月5日。ISBN 978-4-635-82110-0 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]