荒本駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荒本駅
地上出入口と駅前ロータリー
地上出入口と駅前ロータリー
あらもと
ARAMOTO
(東大阪市役所前)
C23 長田 (1.2km)
(1.8km) 吉田 C25
所在地 大阪府東大阪市荒本北2-8-10
駅番号  C24 
所属事業者 社章近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 C けいはんな線
キロ程 1.2km(長田起点)
コスモスクエアから19.1km
電報略号 アラモ
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
14,945人/日
-2015年-
開業年月日 1986年昭和61年)10月1日
テンプレートを表示
プラットフォーム

荒本駅(あらもとえき)は、大阪府東大阪市荒本北にある近畿日本鉄道けいはんな線。駅番号はC24

副駅名は東大阪市役所前(ひがしおおさかしやくしょまえ)。

歴史[編集]

1986年、近鉄東大阪線の開通と同時に開業[1]1990年国際花と緑の博覧会の際には、当駅から会場までシャトルバスが運行されていた[2]

2006年の近鉄けいはんな線の開業の際、東大阪線部分も含めけいはんな線に名称が統一され、東大阪の名称が路線名から消えたことから、市役所最寄り[3]である当駅の「東大阪駅」への改称を近鉄の負担で行うよう求める意見が、一部の東大阪市議から出た[4]が、実現に至っていない。

駅構造[編集]

島式1面2線ホームを持つ半地下駅。改札・コンコースは地下1階、ホームは地下2階にある。改札口は1ヶ所のみ。なお、ホームにはワンマン運転支援用のホームセンサーが設けられている。定期券・特急券は自動発売機で即時購入が可能。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 C けいはんな線 下り 生駒学研奈良登美ヶ丘方面
2 上り 長田本町コスモスクエア方面

利用状況[編集]

2015年11月10日における1日乗降人員14,945人である[6]

近年の1日乗降・乗車人員は以下の通り。

年度別1日乗降・乗車人員
年度 特定日 1日平均
乗車人員[7]
出典
調査日 乗降人員 乗車人員
1990年(平成02年) 11月06日 9,260 4,495 5,664 [8]
1991年(平成03年) - 5,788
1992年(平成04年) - 6,164
1993年(平成05年) - 6,434
1994年(平成06年) - 6,407
1995年(平成07年) - 6,677
1996年(平成08年) - 7,094
1997年(平成09年) - 7,056
1998年(平成10年) 11月10日 11,188 5,455 6,653 [9]
1999年(平成11年) - 6,374
2000年(平成12年) 11月07日 11,122 5,077 6,217 [10]
2001年(平成13年) - 6,104
2002年(平成14年) - 5,956
2003年(平成15年) 11月11日 13,673 6,470 6,834 [11]
2004年(平成16年) - 7,214
2005年(平成17年) 11月08日 13,824 6,608 7,479 [12]
2006年(平成18年) - 7,839
2007年(平成19年) - 7,808
2008年(平成20年) 11月18日 14,576 7,182 7,720 [13]
2009年(平成21年) - 7,249
2010年(平成22年) 11月09日 14,023 6,845 7,168 [14]
2011年(平成23年) - 7,137
2012年(平成24年) 11月13日 13,605 6,656 7,117 [15]
2013年(平成25年) - 7,284
2014年(平成26年) - 7,212
2015年(平成27年) 11月10日 14,945 7,296 [16]

駅周辺[編集]

公共施設[編集]

商業施設[編集]

その他[編集]

バス路線[編集]

近鉄バス

  • 国道308号沿いのりば(東行き)
  • 南側ロータリー
    • 15番(春宮線) 小阪駅前
    • 30・36・39番(萱島線) 若江岩田経由 近鉄八尾駅前 行
    • 43・44番(萱島線) 若江岩田・アリオ八尾経由 近鉄八尾駅前 行(昼間のみ)
    • 37・39・44番(萱島線) JR住道経由 萱島 行
    • 36・41・43番(萱島線) JR住道 行
萱島線は南側ロータリーでターンして国道308号東行乗場にも停車するダブルストップになっている。

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
C けいはんな線
長田駅 (C23) - 荒本駅 (C24) - 吉田駅 (C25)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、19頁。ISBN 978-4-02-340133-4
  2. ^ 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、428頁。全国書誌番号:21906373
  3. ^ 2003年に若江岩田駅付近の旧河内市役所であった場所より移転。
  4. ^ “変わる近鉄「東大阪」線、けいはんな線に…市名残して”. 読売新聞大阪版夕刊 (読売新聞大阪本社). (2005年4月6日). オリジナル2005年4月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20050406164238/osaka.yomiuri.co.jp/news/20050406p502.htm 2016年3月3日閲覧。 
  5. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月3日閲覧。 
  6. ^ 駅別乗降人員 けいはんな線 - 近畿日本鉄道
  7. ^ 東大阪市統計書
  8. ^ 大阪府統計年鑑(平成3年) (PDF)
  9. ^ 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  13. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  14. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  15. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  16. ^ 大阪府統計年鑑(平成28年) (PDF)
  17. ^ 大阪モノレールの延伸について (PDF) - 大阪府、2016年1月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]