弁天町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
弁天町駅
JR環状線(下)と地下鉄中央線(上)の交差部分。橋脚は両線で共用されている。
JR環状線(下)と地下鉄中央線(上)の交差部分。
橋脚は両線で共用されている。
べんてんちょう - Bentenchō
所在地 大阪市港区波除三丁目
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本・駅詳細
大阪市交通局駅詳細
テンプレートを表示

弁天町駅(べんてんちょうえき)は、大阪府大阪市港区波除(なみよけ)三丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・大阪市交通局大阪市営地下鉄)のである。

概要[編集]

天保山を擁する大阪築港への入口にあたる駅で、JR西日本の大阪環状線と、大阪市営地下鉄の中央線との乗換駅となっている。地下鉄の駅には「C13」の駅番号が与えられている。

JR駅の高架のさらに上層に地下鉄駅が位置するという構造が特徴的である。これは駅付近の地盤がやわらかく、地下掘削が不可能だったためである。[要出典]この他、駅周辺では阪神高速17号西大阪線国道43号阪神高速16号大阪港線が交差し、交通の要所となっている。

駅名は開設当時の町名である大阪市港区弁天町に由来するが、駅自体は2筋西の八雲町に位置していた。この「弁天」は市岡新田会所に弁才天が祀られていたことに由来する。駅周辺は元来の地名である市岡(いちおか)と呼ばれることが多いが、岡山県市岡駅(1953年開設)がすでに存在していたため、現在の駅名になった。[要出典]

駅開設当時の大阪市内には、当地の港区弁天町の他にも東区(現在の中央区)弁天町や東住吉区瓜破弁天町があったが、前者は1979年に城見に改称、後者は1974年平野区分離の際に瓜破に改称された。

歴史[編集]

駅構造[編集]

JR西日本[編集]

JR 弁天町駅
駅入口
駅入口
べんてんちょう - Bentenchō
西九条 (1.6km)
(1.8km) 大正
所在地 大阪市港区波除三丁目11-6
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 O 大阪環状線
キロ程 5.2km(大阪起点)
電報略号 ヘテ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
31,692人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1961年昭和36年)4月25日
備考 直営駅
みどりの窓口
阪 大阪市内
テンプレートを表示

相対式ホーム2面2線を有する高架駅であるが、分岐器絶対信号機がない停留所に分類される。ホームは3階、改札口は北口と南口の2ヶ所。北口の改札口は1階にありORC(オーク)200に、南口の改札口は2階にあり交通科学博物館と大阪市営地下鉄の駅に、それぞれ通路を経て直結している。エスカレーターは北口及び南口の1・2番のりばへの階段前に、エレベーターは南口の1・2番のりば階段前に設置されている。また、1番のりば(内回り)の南側では立ち食いうどん店が営業しているが、交通科学博物館が営業していた頃には、同館の野外展示車両の一部を見下ろすことができ、壁面にも同館への最寄り駅であることが案内されていた。

西九条駅が管理している直営駅であり、アーバンネットワークエリアに入っている。また、JRの特定都区市内制度における「大阪市内」に属する駅である。また、ICOCAの利用が可能である(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 O 大阪環状線 内回り 新今宮天王寺奈良関西空港和歌山方面
2 外回り 西九条大阪方面

※長らくのりば番号が存在しなかったが、2006年10月中にのりば番号が付与された。

JRホーム


発車メロディ[編集]

「大阪環状線改造プロジェクト」の一環として、2015年3月22日から発車メロディに「線路は続くよどこまでも」を導入している[2]。かつて駅前に交通科学博物館があったことにちなんでいる。

大阪市営地下鉄[編集]

大阪市営地下鉄 弁天町駅
べんてんちょう - Bentencho
C12 朝潮橋 (1.6km)
(1.3km) 九条 C14
所在地 大阪市港区波除三丁目11-6
駅番号  C13 
所属事業者 大阪市交通局Osaka Metro Logo.svg大阪市営地下鉄
所属路線 C 中央線
キロ程 5.5km(コスモスクエア起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
18,523人/日(降車客含まず)
-2015年-
乗降人員
-統計年度-
36,676人/日
-2015年-
開業年月日 1961年昭和36年)12月11日
テンプレートを表示
地下鉄ホーム

駅は中央大通中央分離帯部分の高架部にあり、大阪市交通局内で最も標高が高い場所にある駅であり、地表面からの高さでは日本国内で最も高い位置にある地下鉄の駅となっている。[要出典]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅で、2階が改札口、3階がプラットホームである。改札口は東西2ヶ所で、東口はJR駅への連絡通路があり、西口は大阪市教育センター、クロスタワー大阪ベイ、ORC200とつながっている。エスカレーターは東口が1番線ホームへの階段に、西口が1・2番線ホーム両方の階段に併設されている。エレベーターはORC200内がオープンしてからは同施設のものしか利用できなかったが、2006年に4ヶ所のエレベーター(東改札内 - 1番線ホーム、東改札内 - 2番線ホーム、4号出入口 - JR駅連絡通路 - 東改札外、6号出入口 - 東改札外)が大阪市交通局によってそれぞれ設置され、同年8月から供用を開始した。

阿波座管区駅に所属し、駅長を配置する。また、九条駅を管轄する。

PiTaPaスルッとKANSAI対応各種カードの利用が可能である(相互利用可能ICカードはPiTaPaの項を参照)。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 C 中央線 本町森ノ宮長田生駒学研奈良登美ヶ丘方面
2 コスモスクエア方面

幻の連絡通路[編集]

地下鉄中央線とJR大阪環状線の連絡は、地下鉄とJRのそれぞれのコンコースを歩廊橋で結ぶ形となっているが、地下鉄弁天町駅の設計時、大阪市交通局は大阪環状線のホームから直接地下鉄のホームへと連絡できるような歩廊橋を計画していた。日本国有鉄道(国鉄)に提出された設計図によれば、大阪環状線の内・外回り両ホームから南側へ20メートルにわたり幅員6.5メートルの連絡通路が延び、階段を上った先で両通路が合流、大阪環状線を跨いで幅員12メートルの通路となるものである。もし完成していれば現在のJR新今宮駅における南海乗り換えとほぼ同じ構造になったと考えられる。この計画は国鉄側が反対したため採用されなかった。なお、設計図は大阪市公文書館に保管されている。

利用状況[編集]

  • JR西日本 - 2014年(平成26年)度の1日平均乗車人員は31,692人である[3]
  • 大阪市営地下鉄 - 2015年11月17日に行われた交通調査によると、一日乗降人員36,676人(乗車人員:18,523人、降車人員:18,153人)であった[4]

各年度の1日乗降・乗車人員数は下表の通り。

  • JR西日本のデータは一日平均乗車人員である。
  • 大阪市営地下鉄のデータは交通調査に基づく特定日の乗降・乗車人員である。
年度 JR西日本 大阪市営地下鉄 出典
乗車人員 乗降人員 乗車人員
1997年 38,119 - [5]
1998年 36,859 32,531 17,130 [6]
1999年 35,834 - [7]
2000年 35,273 - [8]
2001年 35,375 - [9]
2002年 34,129 - [10]
2003年 33,450 - [11]
2004年 33,051 - [12]
2005年 33,263 - [13]
2006年 33,489 - [14]
2007年 34,298 38,073 19,460 [15]
2008年 34,538 37,569 19,110 [16]
2009年 32,823 35,731 18,081 [17]
2010年 32,296 35,722 17,995 [18]
2011年 32,464 34,708 17,540 [19]
2012年 31,960 34,254 17,339 [20]
2013年 32,284 34,872 17,578 [21]
2014年 31,692 35,378 17,886 [22]
2015年 36,676 18,523

駅周辺[編集]

交通科学博物館(現在は閉館)
交通科学博物館(現在は閉館)
ORC200とクロスタワー大阪ベイ(画像一番奥)
ORC200とクロスタワー大阪ベイ(画像一番奥)

1990年代以降、梅田大阪駅への近さから新たな住環境の魅力が見直され、周辺では高層マンションなどが多く建設されている。2014年4月6日までは駅に隣接して交通科学博物館があった(跡地は大阪環状線改造プロジェクトの一環として再開発の予定)。

官公庁
  • 大阪市港区役所
    • 大阪市港区保健福祉センター
  • 大阪市港区民センター
  • 大阪市港区子ども・子育てプラザ
  • 大阪市港消防署
  • 大阪市教育センター
  • 大阪府港警察署
文化施設等
学校
商業施設
企業その他

バス路線[編集]

大阪市営・弁天町バスターミナル

路線バス[編集]

大阪市営バスが運行しており、地下鉄中央線2-B号出入口付近に「弁天町駅前」停留所が設置されている。

弁天町駅前

高速バス[編集]

日本交通が運行しており、乗車は「弁天営業所」、降車は地下鉄中央線3号出入口付近の「大阪弁天町」停留所で扱う。

山陰特急バス鳥取駅前倉吉バスセンター・米子営業所行

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
O 大阪環状線
大和路快速・区間快速・関空快速・紀州路快速・快速・B快速・直通快速・普通
西九条駅 - 弁天町駅 - 大正駅
Osaka Metro Logo.svg大阪市営地下鉄
C 中央線
朝潮橋駅 (C12) - 弁天町駅 (C13) - 九条駅 (C14)
  • ( ) 内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]