河内小阪駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
河内小阪駅*
駅全景(2006年9月)
駅全景(2006年9月)
かわち こさか
Kawachi-Kosaka
(大阪商業大学・大阪樟蔭女子大学前)
A07 河内永和 (0.8km)
(0.8km) 八戸ノ里 A09
所在地 大阪府東大阪市小阪一丁目8-8
駅番号  A08 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 A 奈良線
キロ程 1.6km(布施起点)
大阪難波から7.7km
電報略号 コサ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
14,399人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1914年大正3年)4月30日
* 改称経歴
- 1928年 小阪駅→大軌小阪駅
- 1941年 大軌小阪駅→河内小阪駅
テンプレートを表示
プラットホーム

河内小阪駅(かわちこさかえき)は、大阪府東大阪市小阪一丁目に所在する近畿日本鉄道(近鉄)奈良線。駅番号はA08

「大阪商業大学・大阪樟蔭女子大学前」という副名標が付いている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ高架駅。改札・コンコースは1階、ホームは2階にある。改札口は1ヶ所のみ。

布施駅管理の有人駅で、PiTaPaICOCA対応の自動改札機および自動精算機回数券カードおよびICカードのチャージに対応)が設置されている。定期券・特急券は専用の自動発売機で購入が可能である[5]

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 A 奈良線 下り A 東花園大和西大寺奈良方面 H 天理方面
2 上り A 大阪難波尼崎神戸三宮方面

利用状況[編集]

2015年11月10日における1日乗降人員27,790人である[6]

近年における1日乗降・乗車人員は以下の通り。

年度別1日乗降・乗車人員
年度 特定日 1日平均
乗車人員[7]
出典
調査日 乗降人員 乗車人員
1990年(平成02年) 11月06日 45,032 22,537 26,313 [8]
1991年(平成03年) - 26,412
1992年(平成04年) 11月10日 45,215 22,650 26,155 [9]
1993年(平成05年) - 25,792
1994年(平成06年) - 25,093
1995年(平成07年) 12月05日 43,368 22,087 24,806 [10]
1996年(平成08年) - 24,417
1997年(平成09年) - 23,352
1998年(平成10年) 11月10日 41,487 21,021 22,602 [11]
1999年(平成11年) - 21,788
2000年(平成12年) 11月07日 27,357 13,742 20,990 [12]
2001年(平成13年) - 20,403
2002年(平成14年) - 19,300
2003年(平成15年) 11月11日 33,755 16,927 18,557 [13]
2004年(平成16年) - 17,981
2005年(平成17年) 11月08日 33,485 16,759 17,679 [14]
2006年(平成18年) - 17,672
2007年(平成19年) - 17,239
2008年(平成20年) 11月18日 30,584 15,499 16,210 [15]
2009年(平成21年) - 15,410
2010年(平成22年) 11月09日 28,693 14,492 15,019 [16]
2011年(平成23年) - 14,690
2012年(平成24年) 11月13日 27,357 13,742 14,526 [17]
2013年(平成25年) - 14,502
2014年(平成26年) - 13,948
2015年(平成27年) 11月10日 27,790 13,973 14,608 [18]
2016年(平成28年) - 14,399

駅周辺[編集]

駅周辺に商店街があり、付近一帯は住宅街である。

バス[編集]

近鉄バスが乗り入れている。以下のいずれの路線も隣の八戸ノ里駅を経由する。

駅構内にはバス発車時刻案内表示装置(LED式)が設置されているが、2017年をもって稼働を終了した。かつてはバスロケーションシステムも稼動していたが現存しない。

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
A 奈良線
快速急行・急行
通過
準急・区間準急
布施駅 (A06) - 河内小阪駅 (A08) - 東花園駅 (A12)
普通
河内永和駅 (A07) - 河内小阪駅 (A08) - 八戸ノ里駅 (A09)
  • 括弧内は駅番号を示している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、11-13頁。ISBN 978-4-02-340133-4
  2. ^ 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、680頁。全国書誌番号:21906373
  3. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』8 関西1、新潮社2008年、28頁。ISBN 978-4-10-790026-5
  4. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月2日閲覧。 
  5. ^ 近鉄時刻表2018年3月17日ダイヤ変更号、p.70 - p.87
  6. ^ 駅別乗降人員 奈良線 - 近畿日本鉄道
  7. ^ 東大阪市統計書
  8. ^ 大阪府統計年鑑(平成3年) (PDF)
  9. ^ 大阪府統計年鑑(平成5年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成8年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  13. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  14. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  15. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  16. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  17. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  18. ^ 大阪府統計年鑑(平成28年) (PDF)
  19. ^ 【2018年10月1日~】八戸ノ里駅前~上小阪住宅前間の運賃を100円に値下げいたします”. 近鉄バス (2018年9月6日). 2018年10月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]