河内花園駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河内花園駅*
高架化以前の上り(大阪難波方面)駅舎
高架化以前の上り(大阪難波方面)駅舎
かわち はなぞの
- Kawachi-Hanazono -
A10 若江岩田 (0.9km)
(0.8km) 東花園 A12
所在地 大阪府東大阪市吉田一丁目13-13
駅番号  A11 
所属事業者 社章近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 奈良線
キロ程 5.0km(布施起点)
大阪難波から11.1km
電報略号 ハナ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
11,553人/日
-2012年-
開業年月日 1915年大正4年)6月15日
備考 * 改称経歴
- 1932年 花園駅→大軌花園駅
- 1941年 大軌花園駅→河内花園駅
テンプレートを表示

配線図

若江岩田駅

2 1


hSTRg hSTRf
hSTR+BSr hSTR+BSl
hSTR+BSr hSTR+BSl
hSTRg hSTRf

東花園駅

高架化前の駅北口。奥に見えるのが下り駅舎入り口。手前は上り駅舎へ続く地下道。

河内花園駅(かわちはなぞのえき)は、大阪府東大阪市吉田一丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)奈良線。駅番号はA11

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線の高架駅(下りは2010年5月30日から。上りは2014年9月21日から)。上りホームは仮設エレベーターと本設階段で接続し、ホーム拡張工事に合わせてエスカレーターを設置する。改札口は1か所。

各駅停車しか停車しないものの、LCD式の発車案内機が設置されている。

なお自動改札機は東芝製が設置されている。赤い自動改札機 (EG-2000)は、出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCAに対応する。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 A 奈良線 下り A 東花園生駒大和西大寺奈良方面 H 天理方面
2 A 奈良線 上り A 布施大阪上本町大阪難波方面  HS 尼崎甲子園神戸三宮方面

当駅では、特急券・定期券の購入が可能であったが、2014年9月21日の高架化に伴い、同日から特急券・定期券売り場が東花園駅に移転している。

利用状況[編集]

  • 2012年11月13日の調査結果によると、1日の乗降人員は11,553人。
  • 2010年11月9日の調査結果によると、1日の乗降人員は12,088人[6]
    • 近鉄の全調査対象駅の中では287駅中59位。
    • 難波線・奈良線の駅(大阪線複々線区間や他線接続駅含む)としては24駅中18位。
    • 大阪府内の近鉄の駅としては61駅中26位。
  • 2008年11月18日の調査では1日の乗降人員は12,116人、2005年11月8日の調査では14,881人。

近年における1日平均乗車人員は以下の通り。

年度別1日平均乗車人員
年度 1日平均
乗車人員[7]
2009年(平成21年) 5,756
2010年(平成22年) 5,762
2011年(平成23年) 5,696
2012年(平成24年) 5,752
2013年(平成25年) 5,857
2014年(平成26年)

駅周辺[編集]

付近は住宅地で、駅の南北と線路沿いには商店街がある。

駅西側の道路を南に約5キロメートル行くと大阪線河内山本駅へ抜ける。

なお、高校ラグビーの聖地として有名な東大阪市花園ラグビー場は隣の東花園駅が最寄であるが、間違って下車する乗客が少なくないため、シーズンになると下り改札にその旨を注意する張り紙がされることがある。

バス[編集]

近鉄バス

北口ロータリー発

  • 80番吉田駅前 行(吉田下島、大阪朝鮮高級学校経由)
  • 90番山本駅前 行(福万寺口、青葉町経由)
    駅高架化工事と関連して行われた駅前整備により完成したロータリーを使用。80番は2008年4月1日の運行開始から使用しているが、90番はロータリー設置前からあった南口西側上り線脇の転車台を設けた折返場を使用、2011年2月21日から北口ロータリー発着に変更した[8]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
A 奈良線
快速急行・急行・準急・区間準急
通過
普通
若江岩田駅 (A10) - 河内花園駅 (A11) - 東花園駅 (A12)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、11-13頁。ISBN 978-4-02-340133-4
  2. ^ a b 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、680頁。全国書誌番号:21906373
  3. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』8 関西1、新潮社2008年、24頁。ISBN 978-4-10-790026-5
  4. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月2日閲覧。 
  5. ^ 近鉄奈良線連続立体交差事業(八戸ノ里~瓢箪山間)9月21日(日)、大阪難波方面(上り線)を高架化します。 (近畿日本鉄道公式ホームページ2014年5月16日)
  6. ^ 近畿日本鉄道 駅別乗降人員
  7. ^ 東大阪市統計書(平成26年度)
  8. ^ 花園駅前のバス停が移転 東大阪市政だより 2011年3月15日号参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]