額田駅 (大阪府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
額田駅
奈良方面駅舎
奈良方面駅舎
ぬかた
Nukata
A14 枚岡 (0.7km)
(1.1km) 石切 A16
所在地 大阪府東大阪市山手町2-10
駅番号  A15 
所属事業者 社章近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 A 奈良線
キロ程 9.0km(布施起点)
大阪難波から15.1km
電報略号 ヌカタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
3,535人/日
-2015年-
開業年月日 1920年大正9年)7月13日
テンプレートを表示

配線図

枚岡駅

STRg STRf
STR+BSl
STR+BSr
STRg STRf

石切駅

難波方面駅舎
駅東側
駅西側

額田駅(ぬかたえき)は、大阪府東大阪市山手町にある、近畿日本鉄道(近鉄)奈良線である。駅番号はA15

歴史[編集]

戦前大阪環状線桜ノ宮駅を起点とし当駅を終点とする四条畷線が計画され、一部区間では着工されていたが、未成線となった。

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地上駅。30パーミルを超える勾配の途中に駅が設置されている。ホーム有効長は6両。互いのホームを結ぶ跨線橋も地下道も無いため、両ホームとも改札口が別々に存在する。

便所は1番ホームの改札内のみにあり、男女別の水洗式

ダイヤ編成の都合により、石切側の踏切は遮断機の閉鎖時間が比較的長く、時間帯によっては遮断機が下りると列車が連続して通過することがある。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 A 奈良線 下り A 大和西大寺奈良方面 H 天理方面
2 上り A 大阪難波尼崎神戸三宮方面

利用状況[編集]

2015年11月10日における1日乗降人員3,535人である[3]。難波線・奈良線の駅(大阪線複々線区間や他線接続駅含む)では最も利用客が少ない。

近年における1日乗降・乗車人員は以下の通り。

年度別1日乗降・乗車人員
年度 特定日 1日平均
乗車人員[4]
出典
調査日 乗降人員 乗車人員
1990年(平成02年) 11月06日 4,763 2,359 1,697 [5]
1991年(平成03年) - 1,629
1992年(平成04年) 11月10日 4,256 2,177 1,649 [6]
1993年(平成05年) - 1,632
1994年(平成06年) - 1,649
1995年(平成07年) 12月05日 3,759 1,740 1,637 [7]
1996年(平成08年) - 1,585
1997年(平成09年) - 1,583
1998年(平成10年) 11月10日 4,482 2,235 1,583 [8]
1999年(平成11年) - 1,526
2000年(平成12年) 11月07日 3,465 1,800 1,508 [9]
2001年(平成13年) - 1,494
2002年(平成14年) - 1,488
2003年(平成15年) 11月11日 3,541 1,722 1,511 [10]
2004年(平成16年) - 1,503
2005年(平成17年) 11月08日 3,371 1,637 1,499 [11]
2006年(平成18年) - 1,605
2007年(平成19年) - 1,642
2008年(平成20年) 11月18日 3,490 1,672 1,701 [12]
2009年(平成21年) - 1,767
2010年(平成22年) 11月09日 3,701 1,832 1,765 [13]
2011年(平成23年) - 1,793
2012年(平成24年) 11月13日 3,612 1,779 1,790 [14]
2013年(平成25年) - 1,801
2014年(平成26年) - 1,736
2015年(平成27年) 11月10日 3,535 1,779 [15]

駅周辺[編集]

生駒山の中腹にあり、駅東西の斜面に住宅街が広がっている。また、石切駅にかけて車窓から見下ろす夜景が美しいことでも知られる。

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
A 奈良線
快速急行・急行・準急
通過
区間準急・普通
枚岡駅 (A14) - 額田駅 (A15) - 石切駅 (A16)
  • 括弧内は駅番号を示している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]