丸和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 丸和[1]
Maruwa Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
福証 9874
2011年4月23日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
803-0814
福岡県北九州市小倉北区大手町10-10[1]
設立 1947年昭和22年)5月30日[2]
業種 小売業
事業内容 食品スーパーマーケット事業及び外食事業
代表者 代表取締役社長 根石義浩
資本金

19.5万円(設立時)[2]

13億8754万円[2]

36億05百万円
売上高 連結336億59百万円(2011年1月期)
純資産 連結-14億31百万円(2011年1月)
総資産 連結201億66百万円(2011年1月)
決算期 1月31日
主要株主 ユアーズ 66.42%
オリックス 2.86%
外部リンク maruwa-web.jp
特記事項:2011年4月30日時点(ユアーズへの合併直前)の概要
テンプレートを表示
丸和小倉店。2008年10月撮影。
(北九州市小倉北区魚町旦過市場入口)

丸和(まるわ)は、広島県に本社のあるスーパーマーケットチェーン「ユアーズ」の店舗のうち、福岡県山口県で展開する店舗ブランド名。

2011年4月30日までは、福岡県北九州市小倉北区に存在した同名の企業(株式会社丸和)が「丸和」「ラ・パレット」などの店舗ブランドでスーパーマーケットチェーンを展開していたが、2011年5月1日をもって、「ユアーズ」に吸収合併された。

概要[編集]

株式会社丸和は福岡県北部・山口県西部を中心に長崎県対馬市大分県北部などに店舗を展開していた。山口県の店舗の大半は、下関市に本拠を置いていたスーパー「丸富」の店舗を譲受したもの。日本で初めてスーパーマーケットのシステムを導入した企業でもあり、スーパーマーケットとして初の24時間営業を開始するなど、先駆的な取り組みを行ってきた企業でもある。2007年、創業60周年を機にロゴマークを一新している。

近年の不況のあおりを受けて経営難に陥り、広島地場のスーパーマーケット「ユアーズ」の傘下に入って同業アパンダの九州地区における店舗と共に経営再建を目指していたが、二期連続で営業損失を計上するなど好転の兆しがなかなか見えない状況となっていた。

このため、2010年6月30日にユアーズと共同で事業再生ADR手続の申請を行い、抜本的な事業再生に着手することになった。事業再生計画では、両者の管理コストの削減を目指し、2011年5月1日にユアーズが丸和を吸収合併し、既存店舗の改装や不採算店舗の閉鎖などのリストラを推進することとしている。合併後は法人名義としての「丸和」は消滅するものの、ユアーズによる店舗ブランドの一つとして存続している。また、同時期に地場大手のイズミがユアーズを連結子会社化しており、これに伴いシジシージャパンから離脱してニチリウグループの一員となっている。

事業再生計画に基づく不採算店舗の閉鎖にあたっては、2009年11月以降、2011年1月までの間に、旧・アパンダ及び旧・丸富の店舗を中心に21店舗を閉鎖または近日閉鎖予定とした[3]。閉鎖店舗は北九州市7店舗、筑豊地区(飯塚市田川市田川郡)5店舗、山口県長門市4店舗など、建物の老朽化したエリア内の小規模店舗を建て続けに閉鎖するなどドミナント戦略の大幅な見直しを進めている。

丸和は長年、子会社を通じ「小僧寿しチェーン」の福岡県・山口県におけるフランチャイジーとなっていたが、2007年8月末にフランチャイズ契約を解消。小僧寿し名義で展開していた店舗を丸和本体の新ブランド「寿司本舗 季咲楽(きさら)」名義の店舗へ全店変更し、かつて小僧寿し時代に得たノウハウを以って促進を進めていた(メニューなどは殆ど変更されていない)。「季咲楽」事業については、リストラの過程において佐賀市に本社を置くららら社に1,700万円余りで売却(負債は引き継がず)。本業への事業集約を明確にした。

なお、愛知県に本社を置く電子部品用の大手セラミックメーカーである株式会社MARUWAとは無関係。

沿革[編集]

かつてあった店舗[編集]

福岡県[編集]

1978年(昭和53年)8月開店[1]、店舗面積954m²[1]

1981年(昭和56年)7月開店[1]、店舗面積493m²[1]

1982年(昭和57年)6月開店[1]、店舗面積718m²[1]

1983年(昭和58年)2月開店[1]、店舗面積489m²[1]

1985年(昭和60年)1月開店[1]、店舗面積1,356m²[1]

1978年(昭和53年)4月開店[1]、店舗面積996m²[1]

1979年(昭和54年)5月開店[1]、店舗面積856m²[1]

1984年(昭和59年)9月開店[1]、店舗面積2,066m²[1]

1982年(昭和57年)2月開店[1]、店舗面積498m²[1]

1983年(昭和58年)4月開店[1]、店舗面積499m²[1]

1986年(昭和60年)5月開店[1]、店舗面積403m²[1]

山口県[編集]

1966年(昭和41年)6月開店[1]、店舗面積1,646m²[1]

1974年(昭和49年)12月開店[1]、店舗面積2,800m²[1]

1975年(昭和50年)6月開店[1]、店舗面積3,615m²[1]

1979年(昭和54年)5月開店[1]、店舗面積1,040m²[1]

1985年(昭和60年)1月開店[1]、店舗面積299m²[1]

1987年(昭和62年)11月開店[1]、店舗面積403m²[1]

かつて手がけた事業[編集]

小僧寿しフランチャイジー
小僧寿し本部とのフランチャイズ契約解消後は「季咲楽」事業(福岡県・山口県・島根県)
マルワランド
小倉南区平尾台にあったレジャー施設。跡地は「平尾台自然の郷」の一部となっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc 『流通会社年鑑 1990年版』 日本経済新聞社、1990年11月24日。
  2. ^ a b c d 『流通会社年鑑 1998年版』 日本経済新聞社、1997年12月2日。
  3. ^ “事業構造改革の進捗について” (PDF) (プレスリリース), 株式会社丸和, (2010年11月11日), http://maruwa-web.jp/ir/pdf/101111.pdf 2010年11月25日閲覧。 
  4. ^ “丸和 ADR手続き成立、ユアーズに吸収合併へ”. 読売新聞. (2010年10月23日). http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20101023-OYS1T00234.htm 

外部リンク[編集]