玉屋 (百貨店)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

玉屋(たまや、英称:Tamaya)は、佐賀県長崎県にある百貨店の屋号。現在、2社の「玉屋」を冠する企業がある。

概要[編集]

  • のちに「九州の百貨店王」とも呼ばれ[要出典]た二代目田中丸善蔵(幼名善吉)が創業、現在も同族により経営されている。
  • 九州北部の主要都市で、1店舗1社制で百貨店ネットワークを形成し、「デパート文化」の一時代を築く[要出典]。現在は福岡県からの百貨店事業の撤退で、西九州地域に密着した展開を行っている。
  • 高島屋主体のハイランドグループに加盟[1]シンボルマークに同じ「バラ」の花を採用しており、紙袋とレジ袋、ギフトカードのデザインは昔から高島屋と全く同じものを使用しており、高島屋のロゴの部分が玉屋のロゴに変わっただけである(ただし、高島屋は2007年に紙袋とギフトカードのデザインを変更したため、現在は両デパートで共通して使用されているデザインのものはレジ袋のみである[要出典])。
  • 同じく九州で創業から今に至るまで百貨店の経営を続ける一族として、かつて福岡県岩田屋を経営し、現在は長崎県浜屋を経営する中牟田一族が挙げられる。

店舗[編集]

長崎県佐世保市栄町2番1号[2]
1918年大正7年)10月30日設立[2]
佐賀県佐賀市中の小路2番5号(本館、南館)[3]
1930年昭和5年)12月3日設立[3]
1933年(昭和8年)12月1日に佐賀市呉服町に開店[4]
1965年(昭和40年)12月1日に佐賀市中央大通りの現在地に移転[5]

関連会社[編集]

株式会社タマヤサンローズ(店名:タマヤサンローズ)
福岡県北九州市小倉北区浅野二丁目14番2号 リーガロイヤルホテル小倉1階
小倉玉屋従業員が中心となり設立、佐賀玉屋北九州地区販売代行などを行っている。
玉屋のブランド名を借りて営業しているが、田中丸一族の経営ではない。

かつて存在した玉屋の店舗[編集]

歴史[編集]

※詳しくは、各店舗の項目を参照のこと。

脚注[編集]

  1. ^ 日本商業年鑑 1972年版, 商業界, (1972), pp. 112 
  2. ^ a b c d e f g h i j 流通会社年鑑 1990年版, 日本経済新聞社, (1990-11-24), pp. 31 
  3. ^ a b c d 流通会社年鑑 1990年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 30-32 
  4. ^ a b 松尾建設百年史, 松尾建設, (1986-02-10), pp. 260-262 
  5. ^ a b 佐賀経済のあゆみ 佐賀商工会議所創立七十周年記念, 佐賀商工会議所, (1966-09-29), pp. 403 
  6. ^ a b 流通会社年鑑 1990年版, 日本経済新聞社, (1990-11-24), pp. 28-29 
  7. ^ a b c 流通会社年鑑 1990年版, 日本経済新聞社, (1990-11-24), pp. 69-70 
  8. ^ 菅原普 (2016年2月1日). “伊万里玉屋が閉店 50年の歴史に幕 惜しむ客、県内外から”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 佐賀全県版 
  9. ^ 佐賀経済のあゆみ 佐賀商工会議所創立七十周年記念, 佐賀商工会議所, (1966-09-29), pp. 415 
  10. ^ 川端基夫. “戦前・戦中期における百貨店の海外進出とその要因”. 龍谷大学経営学論集Vol.49 No.1 (龍谷大学) (2009-06): 1-22. 
  11. ^ a b “来年閉店、伊万里玉屋惜別の「同窓会」”. 佐賀新聞. (2015年11月11日). http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/248617?area=ranking 2015年11月12日閲覧。 
  12. ^ 週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2009年版, 東洋経済新報社, (2009), pp. 1786 

関連項目[編集]