中国四国百貨店協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中国四国百貨店協会(ちゅうごくしこくひゃっかてんきょうかい)は、かつて中国四国地方百貨店業の健全な発達を図り、もって消費者の利益に寄与することを目的として存在した、百貨店業者の業界団体任意団体)である。日本百貨店協会を上位団体とし、岡山市に事務所を置いていた。

加盟店は日本百貨店協会に加盟する店舗と、同協会の加盟基準に満たない一部の店舗が混在。郊外大型店などとの競争により閉店が相次いでいることから、加盟店は年々減少していた。

なお、日本百貨店協会の事業効率化方針に基づき、2010年、他の地方協会とともに日本協会に統合され、その地域分会となった[1][2]

加盟していた百貨店[編集]

★は統合前に閉店となった店舗、☆は統合後に閉店となった店舗、◆は統合後に開店・加入となった店舗。区分は閉店時または統合時におけるもの。

日本百貨店協会加盟 日本百貨店協会非加盟
鳥取
島根
岡山
  • ★株式会社三越 倉敷店(倉敷市)
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知

脚注・出典[編集]

  1. ^ 日本百貨店協会 概要”. 日本百貨店協会. 2013年1月3日閲覧。
  2. ^ 破産した大浦株式会社(都城大丸)の破産管財人が宮崎地方裁判所に提出した報告書によると、九州百貨店協会の事務所はこの組織統合により閉鎖されたという。報告は手続報告用に残された同社サイトに掲載されている。
  3. ^ 一旦閉店後別の場所で再開したが、その際加盟基準を満たさなくなったため復帰できなかった。
  4. ^ 当初は旧宇部電気鉄道とちまきやの提携により開業し、紆余曲折を経て「宇部井筒屋」となる。ちまきやから山口店を譲渡され再開店したタイミングで会社ごと日本百貨店協会に加盟、形式はちまきやの地位承継。