宇美駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇美駅
Umi Station 20190118.jpg
駅舎(2019年1月18日)
うみ
Umi
JD15 新原 (1.3 km)
所在地 福岡県糟屋郡宇美町宇美五丁目13-1
北緯33度34分8.59秒 東経130度30分47.70秒 / 北緯33.5690528度 東経130.5132500度 / 33.5690528; 130.5132500座標: 北緯33度34分8.59秒 東経130度30分47.70秒 / 北緯33.5690528度 東経130.5132500度 / 33.5690528; 130.5132500
駅番号 JD  16 
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 JD 香椎線
キロ程 25.4 km(西戸崎起点)
電報略号 ウミ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
1,649人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 1905年明治38年)12月29日[2]
備考 無人駅
駅集中管理システム(Smart Support Station)導入駅
テンプレートを表示
宇美駅
うみ
Umi
下宇美 (0.8 km)
(2.8 km) 筑前勝田
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 勝田線
キロ程 11.0 km(吉塚起点)
開業年月日 1918年大正7年)9月19日[3]
廃止年月日 1985年昭和60年)4月1日[3]
備考  無人駅(香椎線側のみ配置)
テンプレートを表示
路線終端部
路線終端部
勝田線跡
勝田線跡
駅名標
駅名標
名所案内
名所案内
駅前(2015年)
駅前(2015年)

宇美駅(うみえき)は、福岡県糟屋郡宇美町宇美五丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)香椎線。駅番号はJD16。同線の終着駅

かつては比較的大規模な駅であったが現在は大幅に縮小されている。1985年(昭和60年)に廃線となった勝田線も宇美駅を設けていたが、建設した会社がそれぞれ別であったことから、同じ国鉄路線にもかかわらず香椎線の駅から100m程度離れた場所に置かれていた[1]。駅員の配置は香椎線の宇美駅で行われていた。

国鉄時代には、国鉄線同士でありながら改札外連絡となる、類似する構造の駅が当駅を含めて尼崎駅浜川崎駅石巻駅の4駅存在した。現在もそのままの駅は浜川崎駅のみで、尼崎駅とこの宇美駅は片方の路線が廃止され、石巻駅は統合された。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と側線1線を有する無人駅で、駅舎を併設している。なお、新しく建て替えた駅舎は、宇美八幡宮に沿って、鳥居のような形をイメージして作られている[1]。また、異常時には遠隔操作に対応している。

かつては大きな駅で、機関車の機回し線や貨物施設、機回し線にもホームの跡が有り、町道に再利用されていた。この機回し線の先で勝田線が全通以前に連絡線もあって、香椎線経由で石炭輸送を仮営業。香椎線側の駅には大きめな開業時からの木造駅舎が建っていた。一方の勝田線の駅舎は早くから小さくされてブロック積みの粗末な駅舎に建て替えられて最終日を迎えていた。

2009年マルス導入により、みどりの窓口が設置されたが、2015年の無人化に伴い廃止された。SUGOCAの利用が可能であり、チャージや無記名SUGOCAの発売も行っている[9]。液晶ディスプレイ式の小型発車標自動改札機が設置されている。但し、自動改札機は無人化と同時に磁気券投入口が塞がれたためICカード専用である。

利用状況[編集]

2020年(令和2年)度の1日平均乗車人員1,529人であり、JR九州の駅としては第94位である[10]

近年の1日平均乗車人員は下表のとおりである。

年度別1日平均乗車人員
年度 1日平均
乗車人員
2016年(平成28年) 1,884
2017年(平成29年) 1,913
2018年(平成30年) 1,890
2019年(令和元年) 1,902
2020年(令和02年) 1,529

駅周辺[編集]

駅自体の規模に対して駅前広場がやや広い。これは勝田線跡や勝田線の当駅の土地を活用しているためである。勝田線跡は道路の一部となっていたり、自転車道として整備されている。

バス路線[編集]

宇美駅前にもバス乗り場(JR宇美駅)が存在するが、ユービオスに隣接して転回場を備えた上宇美バス停があり、こちらで折り返す便も多い。なお、JR宇美駅を通るバスはすべて上宇美も経由する。また、宇美町役場が近いこともあり、コミュニティバスの「ハピネス号」は、4ルートすべてがJR宇美駅に乗り入れる[11]

  • 2021年3月13日時点の路線

JR宇美駅・上宇美経由[編集]

33番
極楽寺 - 障子岳 - JR宇美駅 - 上宇美 - 志免 - 亀山 - 博多バスターミナル
無番
上宇美 - JR宇美駅 - 障子岳
37番
四王寺坂 - JR宇美駅 - 上宇美 - 志免 - 月隈団地 - 福岡空港前 - 博多バスターミナル
37-1番
四王寺坂 - JR宇美駅 -[12] 上宇美 - 志免 - 月隈団地 - 福岡空港前 - 榎田町 - 博多バスターミナル
11番
障子岳→JR宇美駅[13] 上宇美 - 中 - 西鉄雑餉隈駅入口 - JR南福岡駅

上宇美発着・経由[編集]

  • 志免方面
32番
上宇美 - 志免 - 亀山 - 博多バスターミナル - 天神 - 大濠公園
34番
上宇美 - 志免 - 亀山 - 吉塚駅東口 - 千代町 - 天神 - 大濠公園
2番
上宇美 - 志免 - イオンモール福岡
370番
上宇美 - 志免 - 月隈団地 -(月隈)都市高速(千代)- 天神
  • ひばりヶ丘方面
1番
上宇美→ひばりヶ丘→桜丘→月隈団地→福岡空港
無番
上宇美←ひばりヶ丘←桜丘
39番
上宇美 - ひばりヶ丘 - 桜丘 - 月隈団地 - 福岡空港 - 博多バスターミナル - 天神 - 大濠公園
139番
上宇美 - ひばりヶ丘 - 桜丘 - 月隈団地 - 福岡空港 - 博多バスターミナル -(呉服町都市高速西公園)- PayPayドーム前 - 福岡タワー
390番
上宇美 - ひばりヶ丘 - 桜丘 - 月隈団地 -(月隈)都市高速(千代)- 天神
  • 太宰府方面
4-1番
宇美営業所 - 上宇美 - 原田橋 - 松川口 - 太宰府 - 太宰府市役所前

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道(JR九州)
JD 香椎線
新原駅(JD15) - 宇美駅(JD16)

かつて存在した路線[編集]

勝田線(1985年廃止)
下宇美駅 - 宇美駅 - 筑前勝田駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 『週刊 JR全駅・全車両基地』 08号 博多駅・伊万里駅・西戸崎駅ほか81駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年9月30日、24頁。 
  2. ^ a b c d e f 停車場変遷大事典、696頁
  3. ^ a b c d e 停車場変遷大事典、698頁
  4. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1919年5月27日(国立国会図書館デジタル化資料)
  5. ^ 「地方鉄道駅名改称」『官報』1919年12月6日(国立国会図書館デジタル化資料)
  6. ^ “門鉄、来月から9線区で合理化 25駅無人化 委託化は5駅”. 交通新聞 (交通協力会): p. 1. (1984年1月24日) 
  7. ^ 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2009年3月3日) 
  8. ^ “香椎線の各駅が「Smart Support Station」に変わります” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, (2014年12月22日), オリジナルの2019年1月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190120043047/http://www.jrkyushu.co.jp/news/pdf/m185.pdf 2020年2月7日閲覧。 
  9. ^ SUGOCA 利用可能エリア 九州旅客鉄道、平成28年3月26日時点(2016年10月5日閲覧)。
  10. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2020年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. p. 1. 2021年9月9日閲覧。
  11. ^ 宇美町福祉巡回バス「ハピネス号」 宇美町、2010年12月20日(2014年9月15日閲覧)。
  12. ^ 博多バスターミナル発の一部の便は上宇美止まり。
  13. ^ 南福岡駅発は全便上宇美止まり。

参考文献[編集]

  • 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日。ISBN 978-4-533-02980-6 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 宇美駅(駅情報) - 九州旅客鉄道