和白駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
和白駅
わじろ
Wajiro
所在地 福岡市東区和白三丁目
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州・駅詳細
西日本鉄道(西鉄・駅詳細
テンプレートを表示

和白駅(わじろえき)は、福岡県福岡市東区和白三丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)・西日本鉄道(西鉄)のである。

利用可能な鉄道路線[編集]

歴史[編集]

旧西鉄駅舎(2014年5月、現存せず)

駅構造[編集]

香椎線の西戸崎方面ホームに簡易IC改札機があり、双方の乗換は容易である。1966年(昭和41年)までは国鉄和白駅西方(奈多・三苫方)で西鉄宮地岳線(現・貝塚線)と平面交差していた。

JR九州[編集]

JR 和白駅
わじろ
Wajiro
JD04 奈多 (1.8 km)
(3.7 km) 香椎 JD06
所在地 福岡市東区和白三丁目8-1
北緯33度41分21.16秒 東経130度25分46.72秒 / 北緯33.6892111度 東経130.4296444度 / 33.6892111; 130.4296444 (JR 和白駅)座標: 北緯33度41分21.16秒 東経130度25分46.72秒 / 北緯33.6892111度 東経130.4296444度 / 33.6892111; 130.4296444 (JR 和白駅)
駅番号 JD  05 
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 JD 香椎線
キロ程 9.2 km(西戸崎起点)
電報略号 ワシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[10]
乗車人員
-統計年度-
1,384人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 1905年明治38年)1月24日
備考 無人駅
駅集中管理システム(Smart Support Station)導入駅
福 福岡市内
テンプレートを表示

相対式ホーム2面2線を有する地上駅[10]。互いのホームは跨線橋で連絡している。駅番号はJD05

ANSWERシステムによって遠隔案内を行う無人駅で、SUGOCAの利用が可能であり、チャージと無記名SUGOCAの発売も行っている[11]

自動改札機が導入されているが、無人化と同時に磁気券投入口が塞がれたためICカード専用である。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 JD 香椎線 下り 香椎宇美方面[12]
2 上り 西戸崎方面[12]

西日本鉄道[編集]

西鉄 和白駅
わじろ
Wajiro
NK07 唐の原 (1.1 km)
(1.8 km) 三苫 NK09
所在地 福岡市東区和白三丁目8-2
駅番号 NK  08 
所属事業者 西日本鉄道(西鉄)
所属路線 貝塚線
キロ程 7.2 km(貝塚駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,754人/日
-2020年-
開業年月日 1924年大正13年)5月23日
テンプレートを表示

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。駅舎は貝塚線とJR側の2番ホームに挟まれる所にある。駅番号はNK08

自動券売機自動改札機は無く、窓口で乗車券を発売する。nimocaは簡易改札機による対応。西鉄ステーションサービスが駅務を管理し、福岡管理駅傘下である。

のりば[編集]

乗り場 路線 方向 行先
1 貝塚線 下り 新宮方面
2 上り 貝塚方面

利用状況[編集]

  • JR九州 - 2020年度の1日平均乗車人員(降車客含まず)は1,306人である[13]
  • 西日本鉄道 - 2021年度の1日平均乗降人員1,862人である。各年度の1日平均乗車および乗降人員は下表のとおり[14][15]
年度 JR九州 西日本鉄道
1日平均
乗車人員
1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
1996年

1,781 3,395
1997年 1,679 3,181
1998年 1,584 2,973
1999年 1,432 2,833
2000年 1,340 2,677
2001年 1,263 2,526
2002年 1,249 2,507
2003年 1,148 2,290
2004年 1,052 2,104
2005年 1,033 2,066
2006年 1,030 2,058
2007年 967 1,931
2008年 1,014 2,029
2009年 1,000 2,001
2010年 956 1,915
2011年 951 1,905
2012年 929 1,858
2013年 953 1,908
2014年 975 1,948
2015年 995 1,992
2016年 1,575 1,044 2,094
2017年 1,667[16] 1,079 2,163
2018年 1,630[17] 1,110 2,218
2019年 1,637[18] 1,134 2,270
2020年 1,306[13] 1,754
2021年 1,862

駅周辺[編集]

海側は駅前にはマンションが建ち並んでいるものの、やや歩いていけばも残る。山側は、駅前に商店街があり、マンションも目立つ。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道(JR九州)
JD 香椎線
奈多駅(JD04) - 和白駅(JD05) - 香椎駅(JD06)
西日本鉄道
貝塚線
唐の原駅(NK07) - 和白駅(NK08)- 三苫駅(NK09)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「営業開始」『官報』1905年1月31日(国立国会図書館デジタル化資料)
  2. ^ a b c 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、695頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  3. ^ “日本国有鉄道公示第280号”. 官報. (1974年3月5日) 
  4. ^ “「通報」●室木線八尋駅ほか16駅の駅員無配置について(旅客局)”. 鉄道公報 (日本国有鉄道総裁室文書課): p. 4. (1974年3月5日) 
  5. ^ 石川尹巳「香椎線旅客誘致策」『鉄道ピクトリアル』第503号、電気車研究会、1988年11月、 88頁。
  6. ^ 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2009年3月3日) 
  7. ^ “香椎線の各駅が「Smart Support Station」に変わります” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, (2014年12月22日), オリジナルの2019年1月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190120043047/http://www.jrkyushu.co.jp/news/pdf/m185.pdf 2020年2月7日閲覧。 
  8. ^ 西鉄電車の全駅に駅ナンバリングを導入します! (PDF)”. 西日本鉄道 (2017年1月24日). 2017年3月20日閲覧。
  9. ^ 訪日外国人のお客さまに、安心してご利用いただけるご案内を目指します!北部九州エリア157駅に「駅ナンバリング」を導入します (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2018年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月28日閲覧。
  10. ^ a b 『週刊 JR全駅・全車両基地』 08号 博多駅・伊万里駅・西戸崎駅ほか81駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年9月30日、24頁。 
  11. ^ SUGOCA 利用可能エリア 九州旅客鉄道、平成28年3月26日時点(2016年10月5日閲覧)。
  12. ^ a b 和白駅 時刻表(JR九州)”. 九州旅客鉄道. 2022年9月13日閲覧。
  13. ^ a b 駅別乗車人員上位300駅(2020年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2021年9月9日閲覧。
  14. ^ 鉄道事業|企業・グループ情報《西鉄について》 2020年度 駅別乗降人員”. 2021年9月9日閲覧。
  15. ^ 福岡市統計書 (運輸・通信) 私鉄各駅乗降人員”. 2021年9月9日閲覧。
  16. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2017年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2019年3月10日閲覧。
  17. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2018年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2019年8月5日閲覧。
  18. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2019年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2020年9月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]