宇美八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇美八幡宮
Umi-Hachimangu shrine Fukuoka,JAPAN.jpg
所在地 福岡県糟屋郡宇美町宇美一丁目1番1号
位置 北緯33度34分13秒
東経130度30分32秒
座標: 北緯33度34分13秒 東経130度30分32秒
主祭神 応神天皇
神功皇后
玉依姫命
住吉大神
伊弉冉尊
社格 県社・別表神社
創建 敏達天皇3年
例祭 1月5日(誕生祭)
テンプレートを表示

宇美八幡宮(うみはちまんぐう)は、福岡県糟屋郡宇美町にある神社である。旧社格県社で、現在は神社本庁別表神社

安産の神として信仰される。

祭神[編集]

応神天皇神功皇后玉依姫命住吉大神伊弉諾尊を祀る。

歴史[編集]

社伝「伝子孫書」によれば、神功皇后が三韓征伐からの帰途に応神天皇を産んだ地に、敏達天皇3年に応神天皇を祀ったのに始まる。「宇美」の地名も「産み」に由来するものである。平安時代ごろから石清水八幡宮と本末関係となった。鎌倉時代初期から安産の神として信仰されるようになった。別当寺も宇美山誕生寺と称していた。

明治5年に村社に列格し、明治24年に県社に昇格した。

施設[編集]

境内には、神功皇后が出産のときにすがりついたという「子安の木」、応神天皇の産湯に使ったと伝えられる「産湯の水」などがある。境内末社・湯方殿の前には「子安の石」と呼ばれる拳大の石が納められており、妊婦は安産を祈願してこの石を持ち帰り、出産後は別の新しい石を添えて返すという風習がある。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 筑前国四王寺阯経塚群出土品(明細は後出)

天然記念物(国指定)[編集]

  • 湯蓋の森・衣掛の森(クスノキ)

交通[編集]

外部リンク[編集]

ギャラリー[編集]