タマヨリビメ (日向神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
玉依毘売 / 玉依姫
吉野水分神社 木造玉依姫命坐像

神祇 国津神
全名 玉依毘売 / 玉依姫
別名 玉依毘売命
神格 巫女蛇神龍神
陵所 日南市に伝承あり
大綿津見神(綿津見大神、海童、豊玉彦)
配偶者 鵜草葺不合命火折尊(『先代旧事本紀』)
五瀬命稲氷命御毛沼命若御毛沼命武位起命(『先代旧事本紀』)
綿津見神の宮、宮浦神社
神社 霧島神宮高千穂神社
関連氏族 皇室
テンプレートを表示

タマヨリビメ玉依毘売古事記)またはタマヨリヒメ玉依姫日本書紀)は、日本神話に登場する女神神武天皇(初代天皇)の母として知られる。

概要[編集]

古事記』では玉依毘売玉依毘売命、『日本書紀』では玉依姫と表記される。

神武天皇(初代天皇)の母であり、天皇の祖母である豊玉毘売の妹。

名義は「神霊が依り憑く巫女」と考えられる。大物主神の妻である活玉依毘売や、『山城国風土記』逸文に見える玉依日売と同じく、この名前を持つ者は神と通婚する巫女的神性を持つとされる[1]

宮浦神社宮崎県日南市)は玉依姫の住居跡といわれる[2]。また宮崎県日南市に玉依姫の陵墓であると伝えられる場所がある[2]

龍口明神社では龍神を束ねる海神族の祖先とされ、また姫自身も龍神として崇められている[3]

貴船神社の創始伝承には玉依姫命が、黄色い船に乗って淀川鴨川・貴船川を遡って当地に上陸し、水神を祭ったのに始まるとされている。

系譜[編集]

記紀』によれば、父は綿津見神で母に関する記載はないが、姉に豊玉毘売がいる。また、『古代豪族系図集覧』によれば、弟に宇都志日金拆命(穂高見命。阿曇氏祖)・振魂命尾張氏大倭国造等の祖)がいる。

  • 夫:火折尊(ほおり の みこと、火遠理命、山佐知毘古) - 『先代旧事本紀
    瓊瓊杵尊の子。
  • 夫:彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあわせず の みこと/-ふきあえず の みこと、『古事記』では日子波限建鵜葺草葺不合命) - 『日本書紀』
    火折尊の子。
    • 子:彦五瀬命(ひこいつせ の みこと、『古事記』では五瀬命) - 『日本書紀』
      神武東征の際に賊の矢にあたって薨じた。
    • 子:稲飯命(いない の みこと、『古事記』では稲氷命) - 『日本書紀』
      韓地に渡ったが、神武東征の際に鋤持神となったとも。
    • 子:三毛入野命(みけいりぬ の みこと、三毛野命、『古事記』では御毛沼命) - 『日本書紀』、『先代旧事本紀』
      神武東征の際に常世郷へ行った。
    • 子:神日本磐余彦尊(かむやまといわれびこ の みこと、『古事記』では和風諱号を神倭伊波礼毘古、名を若御毛沼命) - 『日本書紀』
      のちの神武天皇(初代天皇)。

系図[編集]

出典:[4]

記録[編集]

古事記[編集]

古事記』によれば、豊玉毘売命は出産後、子(鵜葺草葺不合命)を置いて去ったが、のちに妹の玉依毘売命を遣わして歌を献り、子を養わせた。のちに鵜葺草葺不合命は玉依毘売命をめとり、四子を生んだという。

日本書紀[編集]

日本書紀』によれば、豊玉姫は火折尊との間の子の鸕鶿草葺不合尊を産むために海から海辺に来たが、この時豊玉姫は妹の玉依姫を従えていた。のちに玉依姫は鸕鶿草葺不合尊(玉依姫から見ればにあたる)の妃となり四子を生んだという。

また、第10段の第1の一書によれば、豊玉姫は出産後、子(鸕鶿草葺不合尊)を置いて海にかえったが、その際に玉依姫を留めて鸕鶿草葺不合尊を養わせたという。

また、第3の一書によれば、豊玉姫は出産後、子を置いて海に去ったが、その後、玉依姫を遣わして火折尊に歌を贈り、鸕鶿草葺不合尊を養わせたという。

また、第4の一書では、「一云」として、豊玉姫は出産後、子を自ら抱いて海に去ったが、のちに玉依姫に子を抱かせて陸に送り出したとする。

先代旧事本紀[編集]

先代旧事本紀』によれば、豊玉姫命は火折尊の子の鸕鶿草葺不合尊を産んだ後、子を置いて自ら抱いて海に去った(または玉依姫命を留めて子を養わせて去り、のちに玉依姫命に子を持たせて陸に送り出した)。のちに豊玉姫命は玉依姫命を遣わして火折尊に歌を贈り、鸕鶿草葺不合尊を養わせた。この時、玉依姫命と火折尊との間に武位起命がうまれた。のちに玉依姫命は自らが養った鸕鶿草葺不合尊の妃となり、四子を生んだという。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 西宮一民『新潮日本古典集成 第27回 古事記』新潮社、1979年6月12日、[要ページ番号]ISBN 4106203278
  2. ^ a b 伝承地詳細70 タマヨリヒメ陵 日南市 - 100の伝承地 - ひむか神話街道(2018年7月24日午後6時41分(JST)閲覧)
  3. ^ [1](2019年8月6日22時19分閲覧)
  4. ^ 古代豪族系図集覧, p. 7.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

日向神話系[編集]

八幡信仰系[編集]