志免駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
志免駅
志免駅跡(志免鉄道記念公園)
志免駅跡(志免鉄道記念公園)
しめ
Shime
所在地 福岡県糟屋郡志免町大字志免
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
電報略号 シメ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 香椎線 : 1909年明治42年)8月1日
勝田線 : 1919年大正8年)5月20日
廃止年月日 香椎線 : 1985年昭和60年)1月1日
勝田線 : 1985年(昭和60年)4月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 香椎線(貨物支線)
キロ程 1.6km(酒殿起点)
酒殿 (1.6km)
(1.5km) (貨)旅石
所属路線 勝田線
キロ程 7.3km(吉塚起点)
上亀山 (1.1km)
(2.8km) 下宇美
テンプレートを表示

志免駅(しめえき)は、かつて福岡県糟屋郡志免町に所在した日本国有鉄道(国鉄)勝田線廃駅)である。勝田線廃止と共に1985年(昭和60年)3月31日限りで営業を終えた。

なお、香椎線酒殿駅からの貨物支線がここで合流し、1953年(昭和28年)に京都 - 博多間で運転開始した特急「かもめ」号は博多 - 吉塚 - 志免 - 酒殿 - 香椎 - 博多で形成されたデルタ線を使用して、方向転換を行った。しかし走行距離が長くなり経費が高騰したことから、後に客車のクロスシートを一方向のものからボックスタイプに置換え、この作業を廃止している。

歴史[編集]

当駅は、1909年に博多湾鉄道(現・香椎線)の貨物支線の駅として開業し1919年に筑前参宮鉄道(後の勝田線)が接続した。1942年に、陸上交通事業調整法により両鉄道が九州電気軌道(現・西日本鉄道)に合併された後、1944年には戦時買収により国有化された。その後、炭鉱の衰退とともに勝田線は特定地方交通線に指定され1985年に廃止。当駅も運命をともにした。

年表[編集]

  • 1909年(明治42年)8月1日 - 博多湾鉄道(後の香椎線)酒殿駅 - (貨)志免駅路線開設
  • 1915年(大正4年)3月11日 - 志免駅 - (貨)旅石駅貨物支線が延伸開業
  • 1919年(大正8年)5月20日 - 筑前参宮鉄道(後の勝田線)の新志免駅が開設
  • 1942年(昭和17年)9月19日 - 博多湾鉄道汽船と筑前参宮鉄道は九州電気軌道に大同合併し西日本鉄道糟屋線・宇美線となり新志免駅と志免駅は志免駅に統合
  • 1944年(昭和19年)5月1日 - 九州電気軌道が社名を改めた西日本鉄道糟屋線・宇美線の戦時買収により運輸通信省に継承
  • 1960年(昭和35年)12月15日 - 志免駅 - 旅石駅間の香椎線貨物支線廃止
  • 1985年(昭和60年)
    • 1月1日 - 貨物営業と酒殿駅 - 志免駅間の香椎線貨物支線廃止
    • 4月1日 - 勝田線廃止と同時に営業廃止

駅構造[編集]

廃線時は島式ホーム1面2線と貨物側線1本となっていた。駅本屋も貨物で賑わった時代の名残でかなり大きいものとなっていた。

終戦直後、1947年、1948年の航空写真(米軍撮影)[1]を見ると廃止時と場所が異なり、粕屋線との連絡線の南側に位置しているようだが、移転の記録は見当たらない。線路跡の緑道もこの辺りは若干広くなっている。

確かに連絡線との位置関係でみると、こちらのほうが効率的である(廃止時の位置ではスイッチバックで駅に入らなければならない)。航空写真からは鮮明には判別できないが、規模も大きかったようである。

1956年の航空写真(米軍撮影)[2]では現在地に移転しているのが確認できる。

輸送量・収入[編集]

年度 筑前参宮 博多湾鉄道汽船
旅客(人) 貨物(トン) 旅客(円) 貨物(円) 貨物(トン) 貨物(円)
1921 171,195 105,820 44,685 53,068 148,582 163,254
1924 135,821 114,162 24,048 64,012 177,498 195,070
1928 173,532 89,644 24,026 45,158 167,768 195,390
1931 106,805 127,807 12,673 57,060 158,414 170,717
1935 246,508 140,055 21,036 63,243 256,564 248,706
  • 福岡県統計書各年度版より

昭和35年度の利用者数は3078人だった。鉄道統計年報より。

駅周辺[編集]

志免鉄道記念公園から望む志免鉱業所竪坑櫓

かつては、国鉄で使用される石炭を掘り出す国鉄志免炭鉱があった。遺構として高さ52.5mの志免鉱業所竪坑櫓が近くに現存している。

現在の跡地[編集]

廃駅後に復元された旧勝田線の駅名標

廃駅後跡地は志免鉄道記念公園となった。

現在、ホームの途中を道路(福岡県道91号志免須恵線)が横切っているため、ホームは分断されており、道路を跨いだ先にもホームがある。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
香椎線貨物支線
酒殿駅 - 志免駅 - (貨)旅石駅
勝田線
上亀山駅 - 志免駅 - 下宇美駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1947年3月22日撮影/1948年4月7日撮影 - 地図・空中写真閲覧サービス(国土地理院
  2. ^ 1956年3月14日撮影 - 地図・空中写真閲覧サービス(国土地理院)

関連項目[編集]