デルタ線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デルタ線(デルタせん)は、三角線(さんかくせん)とも言い、三角形状に敷設された鉄道線路の配線のことで[要検証 ]転車台(ターンテーブル)の代わりに、各頂点の分岐の先で折り返して機関車などの車両や、特に、転車台と違い車両単位ではなく列車の編成ごと向きを変えることができる。また、3方向からの路線が集まる地点をこの配線とした場合、列車の進行方向を変えずにどの方向からどの方向へも直通できる[1]。日本ではギリシャ文字デルタ(Δ)に形が似ていることから付けられた名前で、英語ではwye(ワイ)という。

デルタ線の利用例[編集]

日本の場合、東海道本線を中心に1950年代頃まで運行されていた特別急行列車「つばめ」・「はと」は、上下列車とも編成の最後尾に展望車を配する必要や、また三等車スハ44形の2人がけ座席が一方向き固定式であることから、東京・品川、大阪の双方において、全編成を方向転換させるという方法を採った。このような方向転換方法は三角線回し(さんかくせんまわし)と呼ばれている。なお、このような編成の方向転換については、電車列車の場合でもまれに行われることがあり、京浜東北線に投入されているE233系電車を試運転後、浦和電車区に搬入する際に山手貨物線 - 大崎 - 品川 - 東京経由としたため、京浜東北線では向きが逆になってしまうことから事前に武蔵野線を利用して方向転換が行われた。また、1997年に上野駅停車時の騒音源を離すため「北斗星」・「あけぼの」等の荷物電源車の向きを逆転させるために、同じく武蔵野線及び青森駅構内を利用してこのようにして全ての使用編成の方向転換を行ったことがある。

また、蒸気機関車も車両の進行方向によって前後が決まっているため、進行したい方向によって、車両全体の向きを転換する必要がある。通常はターンテーブルが用いられる。しかし、ターンテーブルを設置せずにデルタ線を使用して、方向転換する事もあった。敷地が確保できる場合、ターンテーブルよりデルタ線の方がコスト的に安いためか、軽便鉄道等に多く見られた(曲率の制限の関係もある)。数は少ないが、国鉄にも蒸気機関車の方向転換を目的としたデルタ線がかつて存在していた。

日本国内では路線の分岐の数に比してデルタ線の数は多くない。一方で世界のほとんどの国では路線の分岐する所はデルタ線が設けられているところが多く、日本が手がけた韓国の鉄道においても多くのデルタ線が敷設されている。

デルタ線の例
「つばめ」・「はと」で行われた、デルタ線を使用しての宮原客車区への出入庫[2]
京葉線西船橋駅付近図
京葉線西船橋駅付近写真。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
京葉線西船橋駅付近模式図

日本のデルタ線一覧[編集]

現存するデルタ線[編集]

本四備讃線デルタ線の分岐部分
本四備讃線デルタ線右辺側から。右辺側は高松から岡山、左辺側は松山から岡山、底辺側は松山から高松方面へ各路線分岐している。
枇杷島分岐点付近 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

廃止されたデルタ線[編集]

※路面電車は実例が多いため割愛。

計画されていたデルタ線[編集]

未成となったデルタ線[編集]

世界のデルタ線一覧[編集]

台湾[編集]

中国[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 端部のある環状線のために1周毎に向きが変わるユーカリが丘線のような例外を除き、進行方向に縛られない車両は通常、向きが決められているため、逆にしないよう運用には考慮が必要である。
  2. ^ 明石孝「つばめ到着」によれば、実際にはこの図の範囲では転向することはできず、大阪に着いてから、外側線を下り、本線を越えて福知山線の塚口で向きを変えて宮原に入れ、翌日は宮原から大阪にそのまま出していたという。(『鉄道ピクトリアル アーカイブス セレクション 10 国鉄客車開発記 1950』、2006年)
  3. ^ 嵯峨野線 京都~丹波口駅間新駅設置に関する事業基本計画の変更認可申請ならびに東海道線(梅小路~丹波口間)の廃止届出書の提出について、JR西日本ニュースリリース2015/2/27発表

関連項目[編集]