須恵駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
須恵駅
駅舎(2007年2月25日)
駅舎(2007年2月25日)
すえ - Sue
酒殿 (1.3km)
(1.2km) 須恵中央
所在地 福岡県糟屋郡須恵町大字植木587-8
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 香椎線
キロ程 21.9km(西戸崎起点)
電報略号 スエ←スヱ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[要出典]
開業年月日 1904年明治37年)1月1日[1]
備考 2015年(平成27年)3月14日無人駅[2]。(自動券売機 有[要出典]

須恵駅(すええき)は、福岡県糟屋郡須恵町大字植木にある、九州旅客鉄道(JR九州)香椎線である。

歴史[編集]

1994年の須恵駅

駅構造[編集]

下り側に向かって右側に駅舎があり、単式ホーム1面1線を有する無人駅。

SUGOCAの利用が可能であるが、カード販売は行わずチャージのみ取り扱いを行う[要出典]

異常時に対応するため、香椎線で無人化される駅にはインターホンなどが設置されることになった[10]

駅周辺[編集]

駅前を県道91号線が香椎線に並行する形で通っている。駅周辺は須恵町の中心部からは離れており、住宅地や農地となっている。

  • 須恵町立須恵第二小学校
  • 若宮八幡宮
  • 旅石八幡宮
  • 金子商店

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
香椎線
酒殿駅 - 須恵駅 - 須恵中央駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『糟屋郡志』 名著出版、1972年5月。
  2. ^ a b “ JR九州の駅半数無人化、新たに8路線20駅”. 読売新聞(読売新聞社). (2015年3月7日)
  3. ^ 宗像市史編纂委員会 『宗像市史 通史編 第三巻 近現代』 宗像市、1999年3月1日。
  4. ^ 古賀町誌編さん委員会 『古賀町誌』 古賀町、1985年11月1日。
  5. ^ 財団法人運輸調査局編 『日本国有鉄道版 日本陸運史料 第3巻 日本陸運十年史 戦時交通編』 クレス出版、1990年11月。
  6. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  7. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  8. ^ 石川尹巳「香椎線旅客誘致策」、『鉄道ピクトリアル』第503号、電気車研究会、1988年11月、 88頁。
  9. ^ 「JR九州ダイヤ改正、香椎線の"ANSWER"とは? 香椎駅・長者原駅除く14駅無人化」2014年12月24日(マイナビニュース)
  10. ^ “無人化、新たに20駅 ダイヤ改定、14日から計32駅 JR九州”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2015年3月7日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 須恵駅(駅情報) - 九州旅客鉄道