盛駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
盛駅
駅舎(2013年5月)
駅舎(2013年5月)
さかり
Sakari
所在地 岩手県大船渡市盛町字東町裏16
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
三陸鉄道
岩手開発鉄道
電報略号 カリ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
(JR東日本)-2016年-
248人/日(降車客含まず)
(三陸鉄道)-2015年-
185人/日(降車客含まず)
開業年月日 1935年昭和10年)9月29日
乗入路線 4 路線
所属路線 大船渡線(JR東日本)
キロ程 105.7km(一ノ関起点)
大船渡 (2.6km)
所属路線 三陸鉄道南リアス線
キロ程 0.0km(盛起点)
(3.7km) 陸前赤崎
所属路線 岩手開発鉄道日頃市線(貨物線)
キロ程 0.0km(盛起点)
(3.3km) 長安寺
所属路線 岩手開発鉄道赤崎線(貨物線)
キロ程 0.0km(盛起点)
(2.0km) 赤崎
備考 共同使用駅
JR東日本:業務委託駅
JR東日本:みどりの窓口
テンプレートを表示

盛駅(さかりえき)は、岩手県大船渡市盛町字東町裏にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・三陸鉄道岩手開発鉄道である。

乗り入れ路線[編集]

旅客路線としては、JR東日本の大船渡線と、三陸鉄道の南リアス線が乗り入れており、接続駅となっている。これに加え、岩手開発鉄道の日頃市線赤崎線が乗り入れているが、この2路線は貨物列車のみの運行である。ただし日頃市線は1992年(平成4年)まで旅客営業を行っていた。

なお、上記の路線がいずれも当駅が起点・終点である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

JR・三陸鉄道[編集]

2011年10月5日から三陸鉄道側の駅舎と津波で冠水した車両を活用した「ふれあい待合室」が開設され、グッズの販売やお茶の提供などが行われている。この車両については2012年11月に利用を終了し解体された[6]

2012年に三陸海岸の復興支援の目的で、列車の運行は再開していないもののJR駅舎のリニューアル工事が行われた。駅のテーマは「海岸のまち」で、大船渡市の名所「碁石海岸穴通し磯」をイメージして駅舎入口にルーバー状のひさしを設置している。また待合室の床は碁石海岸を模して丸い石の模様で敷き詰め、境界線が波打ち際を表現するようにカーブを描かせたものとなっている[7]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅。南リアス線は3番線発着となっている。2013年4月26日からは、1番線と2・3番線の間の線路部分をかさ上げし専用道が整備されBRTが構内に乗り入れるようになった。専用道上に横断通路を設置し、BRTや三陸鉄道の利用の際に跨線橋を使わずに移動できるようになった。

JRの駅は気仙沼駅が管理しJR東日本東北総合サービスが受託する業務委託駅。以前は管理駅として細浦駅 - 大船渡駅間の各駅を管理していた。JR駅舎には自動券売機みどりの窓口がある。

三陸鉄道は社員配置駅(早朝夜間駅員不在)。三鉄駅舎には自動券売機・出札窓口がある。また構内には三陸鉄道南リアス線運行本部(旧・大船渡鉄道事務所)があり、南リアス線に使用される車両が配置されている。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 大船渡線 降車専用
2 大船渡線 気仙沼方面
3 三陸鉄道南リアス線 釜石方面

東日本大震災発生以前は、1・2番線で気仙沼方面への列車の発着があった。夜間滞泊の設定もある。

岩手開発鉄道[編集]

岩手開発鉄道の駅は、同線の拠点駅として機能しており、車両基地が置かれている。

JRや三陸鉄道のホームの西側に1面1線のホームがあるが、旅客営業廃止により立ち入り禁止となっている。

利用状況[編集]

  • JR東日本
    • 鉄道:2010年度(平成22年度)の1日平均乗車人員は328人[JR 1]
    • BRT:2016年度(平成28年度)の1日平均乗車人員は248人[JR 2]
  • 三陸鉄道:2015年度(平成27年度)の年間乗車人員は67,662人[三陸鉄道 1]。(2011年度・2012年度は東日本大震災の影響で運休)

近年の推移は下記のとおりである。

乗車人員推移
年度 JR東日本
(1日平均)
三陸鉄道
(年間)
鉄道 BRT
2000年(平成12年) 436[JR 3]  
2001年(平成13年) 421[JR 4]
2002年(平成14年) 404[JR 5] 105,053[三陸鉄道 2]
2003年(平成15年) 425[JR 6] 101,960[三陸鉄道 2]
2004年(平成16年) 400[JR 7] 102,593[三陸鉄道 2]
2005年(平成17年) 413[JR 8] 93,950[三陸鉄道 3]
2006年(平成18年) 379[JR 9] 92,695[三陸鉄道 3]
2007年(平成19年) 365[JR 10] 93,052[三陸鉄道 3]
2008年(平成20年) 362[JR 11] 85,267[三陸鉄道 4]
2009年(平成21年) 349[JR 12] 83,518[三陸鉄道 4]
2010年(平成22年) 328[JR 1] 82,652[三陸鉄道 4]
2013年(平成25年)   173[JR 13] 37,100[三陸鉄道 1]
2014年(平成26年) 226[JR 14] 75,283[三陸鉄道 1]
2015年(平成27年) 272[JR 15] 67,662[三陸鉄道 1]
2016年(平成28年) 248[JR 2]

駅周辺[編集]

その他[編集]

  • 大船渡線を走る列車の行先表示幕ではさかりと平仮名表記されていた。これは国鉄時代の行先標からのことであり、盛岡との混同を避けるためであった。ただし「三鉄祭りさかり号」では、行き先表示に「盛岡 - 盛」と表示されていた。
  • 三陸鉄道の駅には「椿の里」という愛称がついている。これは大船渡市の花であるツバキに由来するものである。
  • 大船渡市役所の最寄り駅で、かつ、同市内で最大の乗車人員のある駅でもあるが、JTB時刻表では、同市の代表駅は、大船渡駅となっている。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
大船渡線
大船渡駅 - 盛駅
三陸鉄道
南リアス線
盛駅 - 陸前赤崎駅
岩手開発鉄道
日頃市線
盛駅 - 長安寺駅
赤崎線
盛駅 - 赤崎駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ 『よみがえれ!みちのくの鉄道 〜東日本大震災からの復興の軌跡〜』東北の鉄道震災復興誌編集委員会、2012年、p.210 (PDF)
  2. ^ 交通新聞(2012年12月13日)
  3. ^ 大船渡線におけるBRTの運行開始について (PDF)”. 東日本旅客鉄道盛岡支社 (2013年1月31日). 2013年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月2日閲覧。
  4. ^ “三陸鉄道南リアス線・盛-吉浜間 4月3日に運行再開”. 河北新報. (2013年2月16日). オリジナル2013年2月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130218103354/http://www.kahoku.co.jp/news/2013/02/20130216t35011.htm 2013年2月20日閲覧。 
  5. ^ 大船渡線BRTの専用道延伸について (PDF)”. 東日本旅客鉄道盛岡支社 (2013年3月29日). 2013年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月13日閲覧。
  6. ^ 三陸鉄道車両を解体 被災後も憩いの場”. 共同通信 (2012年11月14日). 2013年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月8日閲覧。
  7. ^ 交通新聞(2013年1月18日)

利用状況[編集]

JR東日本[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月30日閲覧。
  2. ^ a b BRT駅別乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2017年7月11日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月30日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月30日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月30日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月30日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月30日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月30日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月30日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月30日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月30日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月30日閲覧。
  13. ^ BRT駅別乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月30日閲覧。
  14. ^ BRT駅別乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月30日閲覧。
  15. ^ BRT駅別乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月30日閲覧。

三陸鉄道[編集]

  1. ^ a b c d 10.運輸・通信 (PDF)”. 大船渡市統計書 平成28年版. 大船渡市. p. 43 (2017年4月). 2018年3月30日閲覧。
  2. ^ a b c 10.運輸・通信 (PDF)”. 大船渡市統計書 平成17年版. 大船渡市. p. 62 (2006年3月). 2018年3月30日閲覧。
  3. ^ a b c 10.運輸・通信 (PDF)”. 大船渡市統計書 平成20年版. 大船渡市. p. 58 (2009年3月). 2018年3月30日閲覧。
  4. ^ a b c 10.運輸・通信 (PDF)”. 大船渡市統計書 平成23年版. 大船渡市. p. 58 (2012年8月). 2018年3月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]