大船渡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大船渡駅
BRT整備後の駅待合室(2013年3月3日)
BRT整備後の駅待合室(2013年3月3日)
おおふなと
Ōfunato
(2.6km)
所在地 岩手県大船渡市大船渡町字茶屋前69-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 大船渡線
キロ程 103.1km(一ノ関起点)
電報略号 フト
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
56人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1934年昭和9年)9月3日
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示
被災前の駅全景(2010年10月23日)
駅本屋ホーム側を列車車内より望む。(2006年10月9日)

大船渡駅(おおふなとえき)は、岩手県大船渡市大船渡町字茶屋前にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)大船渡線である。

歴史[編集]

大船渡駅構内のバス専用道路を走行するバス高速輸送システム (BRT) 専用バス(2013年3月3日)
県道上に一時移設されていた大船渡駅(2015年12月)

駅構造[編集]

東日本大震災により被災するまでは単式ホーム1面1線を有する地上駅で、出札窓口を備えた駅舎があり、盛駅が管理する簡易委託駅(大船渡市委託)であった。

震災前には駅舎の改築と駅東西間の歩道橋の設置が大船渡市の港湾開発事業として正式決定しており、2階建ての駅舎が新築される予定となっていた。

利用状況[編集]

  • 2010年度の一日平均の乗車人員は46人。2015年度のBRTにおける乗車人員は56人[7]
乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員 備考
2000 124
2001 112
2002 105
2003 105
2004 94
2005 78
2006 70
2007 69
2008 65
2009 52
2010 46
2011 東北地方太平洋沖地震を受け運休中
2013 46
2014 46
2015 56

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
大船渡線(BRT区間)
大船渡魚市場前駅 - 大船渡駅 - 盛駅
大船渡線(鉄道運用時)
下船渡駅 - 大船渡駅 - 盛駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JR時刻表1993年2・3月号
  2. ^ 東日本大震災:駅の跡形もなく…津波被害の岩手県大船渡”. 毎日新聞 (2011年3月12日). 2011年3月12日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 大船渡線におけるBRTの運行開始について (PDF) - 東日本旅客鉄道盛岡支社プレスリリース(2013年1月31日)
  4. ^ 大船渡線BRTのダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道盛岡支社プレスリリース(2014年7月17日)
  5. ^ “JR盛岡支社 大船渡線BRT一部ルート変更”. 交通新聞 (交通新聞社). (2016年3月3日) 
  6. ^ “大船渡線BRTのルート変更のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道株式会社 盛岡支社, (2016年2月26日), オリジナル2016年3月25日時点によるアーカイブ。, http://megalodon.jp/2016-0325-2015-29/www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1456470764_1.pdf 2016年3月25日閲覧。 
  7. ^ BRT駅別乗車人員(2015年度) - 東日本旅客鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]