愛子駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛子駅
駅舎(2018年1月)
駅舎(2018年1月)
あやし
Ayashi
(秋保温泉口)
陸前落合 (2.5km)
(5.4km) 陸前白沢
所在地 仙台市青葉区愛子中央一丁目8-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 仙山線
キロ程 15.2km(仙台起点)
電報略号 ヤシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
4,010人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1929年昭和4年)9月29日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
仙 仙台市内
テンプレートを表示

愛子駅(あやしえき)は、宮城県仙台市青葉区愛子中央一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)仙山線である。

仙台方面からの列車は大部分が当駅で折り返しとなり、以西では快速列車・普通列車合わせて毎時1 - 2本が運行されるのみである。「秋保温泉口」の副名を持つ。

歴史[編集]

1929年に仙山東線の終点駅として開業した。関山街道愛子宿の近くにできた駅で、当時の広瀬村の中心駅であり、合併して宮城村(後に宮城町)ができるとその中心駅となった。西に路線が延長されるまでは、機関車の転車台を備えていた[1]

2001年皇太子徳仁親王夫妻の長女である敬宮愛子内親王(「愛子」の読みは「あいこ」)の誕生によって全国的に有名な駅になった。入場券は普段1日1枚ほどしか売れないが、名前が発表された12月7日には記念に買い求める行列ができ夕方までに1000枚以上売れた[2]。JR東日本によると、7 - 11日の5日間で約3万3200枚売れたという[3]

年表[編集]

改装および自由通路建設前の様子(1991年8月)
旧駅舎と自由通路(2005年11月)

駅構造[編集]

ホーム 右が1番線(2014年3月)

単式ホーム1面1線(1番線)と島式ホーム1面2線(2・3番線)、計2面3線のホームを持つ地上駅。駅舎は単式ホームに面しており、互いのホームは仙台方にある構内踏切で連絡している。構内踏切にはスロープがあり、車椅子などが使用可能(ただし、列車とホームの間に段差あり)。駅出入口付近と北側を結ぶ歩道橋(自由通路)が設けられている。開業以来の木造駅舎[6](延床面積84m2[5])は、2018年に鉄骨平屋建ての駅舎(延床面積140m2)に建て替えられた[5]

直営駅駅長・管理助役配置)で、みどりの窓口(営業時間は6時40分 - 21時、途中休止時間帯あり)・自動券売機(近距離多機能券売機あり)・自動改札機・LEDの発車案内が設置されている。2014年3月末までは、キオスクも営業していた。管理駅として国見駅 - 奥新川駅間の各駅を管理下に置く。

JRの特定都区市内制度における「仙台市内」の駅である。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 仙山線 下り 作並山形方面  
上り 仙台方面 当駅始発のみ
2・3 仙山線 上り 仙台方面 2番線は一部列車のみ

利用状況[編集]

乗車人員(人/日)は、1960年度は869人/日であった。1960年代後半から1970年代前半にかけて減少し、1975年度から1981年度までは600人/日前後で推移した。その後は増加傾向となり、1985年度には1,000人/日を突破し、2017年度には4,000人/日を突破した。

一日平均乗車人員(人/日)
1,000
2,000
3,000
4,000
5,000
1960年度
1970年度
1980年度
1990年度
2000年度
2010年度
マウスポインタを棒グラフの各要素に合わせると、該当年度の数値がポップアップする。

駅周辺[編集]

駅前広場(2015年7月)

線路は東西に走り、駅舎の南に駅前広場がある。同広場の中心にある枝垂れ桜は、愛子駅の開業時に近くの子愛観音堂から分けてもらったものである。現位置には2000年(平成12年)頃に移された。

同広場から宮城県道134号愛子停車場線が南に伸び、すぐに東西道の作並街道国道457号、旧・国道48号)と交差する。さらに南に直進する道は宮城県道132号秋保温泉愛子線である。同道を南進し、駅の南約600メートルで直交する東西道が現在の国道48号・愛子バイパスである。この周辺から南側は市街化調整区域として水田が残されている。秋保温泉愛子線をそのまま南進すると、蕃山丘陵上の新興住宅地錦ケ丘」に至る。

他方、駅の周りは東西に長い市街地で、駅の北側約600から800メートル先を流れる広瀬川まで低層住宅地である。この市街地にかつて広瀬村役場があり、駅の東側の現・青葉区愛子東六丁目4に所在した。同村は大沢村との合併を機に宮城村となり、翌1956年(昭和31年)に役場を駅の南東にある現・宮城総合支所の地に移転した[8]1963年に町制を施行して宮城町)。1987年(昭和62年)の仙台市との合併後、町役場は仙台市役所青葉区役所宮城総合支所(敷地内には仙台市図書館の広瀬図書館などが入る広瀬文化センターなどが立地)に転用された。すなわち、当駅は広瀬村以来、当地の行政庁舎等の最寄駅としての歴史が続いており、当地の中心駅と見なされてきた。

しかし、#利用状況が示すように、当地の中心駅としては利用客を集めることが出来ず、1980年代初頭まで駅の乗車人員は低調だった。1980年代から当駅周辺で仙台市のベッドタウンとしての開発が始まると、駅の利用者は顕著な増加傾向を見せ、愛子副都心構想も生まれた。現在は周辺でマンション開発も進んでいる。

バス路線[編集]

駅ロータリー内の「愛子駅」停留所と、駅から南の国道457号に設置されている「愛子駅前」停留所がある。設定本数は「愛子駅前」停留所の方が多い。

「愛子駅」停留所
のりば 運行 行先
1 愛子観光バス 西道路経由仙台駅前

錦ヶ丘八丁目

仙台市営バス [25]高野原・赤坂三丁目・みやぎ台経由泉中央駅

[26]住吉台経由実沢営業所

[70]落合駅・高野原・赤坂三丁目経由みやぎ台・大國神社

[75]開成橋経由みやぎ台・大國神社

[77]開成橋経由赤坂・畑前北

2 仙台市営バス [80]白沢車庫

[83]錦ケ丘・秋保文化の里センター経由上の原

[85]錦ケ丘・秋保文化の里センター経由野尻町北

[87]錦ケ丘・秋保文化の里センター経由二口

[84]白沢車庫経由上の原

「愛子駅前」停留所
  • 落合方面:【仙台市営バス】[25]高野原・赤坂NT・みやぎ台経由泉中央駅、[26]住吉台経由実沢営業所、[70]陸前落合駅・高野原・赤坂NT経由みやぎ台・大國神社、[75]開成橋経由みやぎ台・大國神社、[77]開成橋経由赤坂・畑前北、[S840][S843][S844][S845]八幡町・県庁市役所経由仙台駅
  • 白沢方面:【仙台市営バス】[80][848][X840]白沢車庫、[840]熊ケ根駅経由作並温泉、[843]熊ケ根関、[844][845][846]定義

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
仙山線
快速
陸前落合駅 - 愛子駅 - 作並駅
普通
陸前落合駅 - 愛子駅 - 陸前白沢駅

その他[編集]

  • 「駅前広場の樹齢50年を超える枝垂桜の木は、春には鮮やかな花を咲かせ、乗客の目を楽しませる駅」として、東北の駅百選に選定された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『宮城町誌』本編692頁。
  2. ^ 仙台のJR「愛子」駅に切符求め行列 駅員2回びっくり - 朝日新聞(2001年12月7日)
  3. ^ 読売新聞(2001年12月12日)
  4. ^ 仙山線 愛子駅が新しくなります - JR東日本仙台支社、2017年11月22日
  5. ^ a b c “愛子駅新駅舎使用開始”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2018年1月26日) 
  6. ^ “<東仙台駅>築74年の木造駅舎お別れ”. 河北新報 ONLINE NEWS (河北新報社). (2015年9月9日). オリジナル2016年3月23日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2016-0323-0100-30/www.kahoku.co.jp/tohokunews/201509/20150909_13020.html 2016年3月23日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m 宮城町誌(続編)(仙台市役所 1989年12月25日 発行) p.450
  8. ^ 2-7、1975年(昭和50年)の愛子の地理

参考文献[編集]

  • 宮城町誌編纂委員会『宮城町誌』本編、宮城町役場、1969年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]