新興住宅地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大正末期の新興住宅地
東京都大田区田園調布
昭和後期の新興住宅地
高槻市南平台

新興住宅地(しんこうじゅうたくち)とは、新たに開発した住宅地のことである。

概要[編集]

開発後どの程度の期間までが“新興”かという基準や居住者層の要件は、特段見られないが、都市人口が集中すると、都市縁辺の未開発地域や近郊農村などの未開発地を確保し、住居確保、住宅供給のため次々に住宅地開発が行われる。もともと集落の無かった森林などを開拓する場合や、大規模なものなどはニュータウン多摩ニュータウンなど)と呼ばれることが多い。おもに計画的に造成された2・3階建ての戸建て住戸が建ち並ぶ住宅地を指し、団地やマンションも広義の新興住宅地に含むことがある。

日本における新興住宅地[編集]

日本では明治期の入植と、その後の沿線開発関東大震災を契機とする郊外への移住が住宅地を供給する展開をみせる。これらを境に住宅地の観念が定着するとしており、戦後に開始される宅地造成日本のニュータウンなどの住宅地供給が新興住宅地を形成したとしている。大正末期から昭和初期の例では東京信託による新町住宅、田園都市株式会社の田園調布成城埼玉県浦和などが新興住宅地として開発された。高度経済成長期以降、日本住宅公団住宅供給公社などが次々に団地造成事業などで多くの住宅造成地を建設し住宅供給が行われ、既存の大都市周辺部への住宅開発が進んだ。集落の点在していた場所に路線が開通し宅地化が進んだ例としてはつくばエクスプレス沿線や東急線沿線、世田谷区などが顕著である。

関連項目[編集]