仙台市交通局白沢出張所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仙台市交通局白沢出張所(せんだいしこうつうきょく しらさわしゅっちょうじょ)は、宮城県仙台市青葉区上愛子字下十三枚田30番地の1にある仙台市交通局自動車部(仙台市営バス)の出張所。川内営業所管理。

当記事では、バス停である市営バス白沢車庫前バス停についても記す。

概要[編集]

構内は庁舎と整備工場、給油施設、洗浄施設、車庫、バス停留所(後述)を設置する。営業所イラストマークはにわとり

1943年昭和18年)に仙台市に買収された定義乗合自動車(白沢駅前 - 定義如来)は、開業から陸前白沢駅前に車庫を設置していた。市営バスに買収後も使用されてきたが、所有台数の増加により広い車庫用地が求められたこと、また陸前白沢駅前の車庫用地が借用地だったために、それを返還する必要から、新たに愛子寄りの国道48号沿いに設置された。

青葉区宮城総合支所(宮城町)地域のほとんどと、太白区秋保町を事業範囲としている。出入庫系統は少なく、仙台駅と白沢車庫を結ぶ系統が毎時1本程度運行されている。作並線や定義線など観光路線を担当する反面、八ツ森線、二口線は市営バスでも有数の過疎路線である。市営バス事業効率化の一環として、民間委託が開始されたが、その第1号として、2006年平成18年)4月1日よりジェイアールバス東北(JRバス東北)に車両運転業務を5年契約で委託することになった。配置車両は原則として三菱

沿革[編集]

  • 1966年(昭和41年)3月 - 白沢車庫を移転・改組、白沢出張所開設。
  • 2000年(平成12年)3月 - 当出張所で初めてワンステップバスを新造配置。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 白沢出張所の車両運転業務をJRバス東北に委託開始。定義線が川内営業所より全面移管。西花苑線が川内営業所から一時撤退。
  • 2007年(平成19年)
  • 2010年(平成22年)3月 - 当出張所で初めてノンステップバスを新造配置(民間事業者への受託事業所では初の新車導入)。
  • 2011年(平成23年)
    • 4月1日 - JRバス東北への委託が契約延長。
    • 6月1日 - 芋沢、大沢線が川内営業所より全面移管。
  • 2015年(平成27年)12月6日 - 交通公園線が担当から撤退。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - 交通公園線が担当復活。

所管路線[編集]

作並線[編集]

冬期間(12月 - 3月)は作並温泉元湯折り返しとなる。かつては急行便として運行していた。

なお、白沢車庫前 - 作並深沢山間の区間運行は、上下ともに840系統として運行される。

  • X840/S840系統(川内営業所と共管
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 東北大学病院前 - 大崎八幡宮前 - 八幡六丁目 - 折立 - 落合駅前 - 愛子駅前 - 市営バス白沢車庫前
  • 843系統
    • 仙台駅前 → 電力ビル前 → 県庁市役所前 → 東北大学病院前 → 大崎八幡宮前 → 八幡六丁目 → 折立 → 落合駅前 → 愛子駅前 → 市営バス白沢車庫前 → 熊ヶ根駅前 → 熊ヶ根関
  • 80系統
    • 愛子駅 - 市営バス白沢車庫前

定義線[編集]

※熊ヶ根橋 - 定義間がフリー乗降扱いとなる。

  • 845/S845系統(大倉小学校前・大倉ふるさとセンター経由)
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 東北大学病院前 - 大崎八幡宮前 - 八幡六丁目 - 折立 - 落合駅前 - 愛子駅前 - 市営バス白沢車庫前 - 熊ヶ根 - 大倉ダム - 大倉小学校前 - 大倉ふるさとセンター前 - 定義
  • 845/X845系統
    • 市営バス白沢車庫前 - 熊ヶ根 - 大倉ダム - 大倉小学校前 - 大倉ふるさとセンター前 - 定義
  • 844/S844系統(大倉小学校前・宇治沢経由)
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 東北大学病院前 - 大崎八幡宮前 - 八幡六丁目 - 折立 - 落合駅前 - 愛子駅前 - 市営バス白沢車庫前 - 熊ヶ根 - 大倉ダム - 大倉小学校前 - 宇治沢 - 定義
  • X844系統
    • 定義 → 宇治沢 → 大倉小学校前 → 大倉ダム → 熊ヶ根 → 市営バス白沢車庫前
  • 846系統(ダム西サイド・大倉ふるさとセンター経由。休日ダイヤのみ運行)
    • 仙台駅前 → 電力ビル前 → 県庁市役所前 → 東北大学病院前 → 大崎八幡宮前 → 八幡六丁目 → 折立 → 落合駅前 → 愛子駅前 → 市営バス白沢車庫前 → 熊ヶ根 → 大倉ダム → 大倉ふるさとセンター前 → 定義

芋沢線[編集]

  • 850/S850系統
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 東北大学病院前 - 大崎八幡宮前 - 八幡六丁目 - 折立 - (大國神社行のみ陸前落合駅) - 落合駅入口 - 大竹 - 下辺田 - 大沢市民センター前 - みやぎ台三丁目 - 大國神社前
  • 70系統
    • 愛子駅 - 陸前落合駅 - 大竹 - 高野原三丁目 - 赤坂一丁目 - 赤坂三丁目 - 川前小学校前 - 大沢中学校前 - 大沢市民センター前 - みやぎ台三丁目 - 大國神社前
  • 73系統
    • 赤坂三丁目 → 赤坂一丁目 → 高野原三丁目 → 大竹 → 陸前落合駅
  • 75系統
    • 愛子駅 - 開成橋 - 赤坂 - 川前小学校前 - 大沢中学校前 - 大沢市民センター前 - みやぎ台三丁目 - 大國神社前

大沢線[編集]

※青野木下 - 畑前北間がフリー乗降扱いとなる。

  • 855/S855系統(陸前落合駅発便あり)
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 東北大学病院前 - 大崎八幡宮前 - 八幡六丁目 - 折立 -(畑前北行のみ陸前落合駅) - 落合駅入口 - 大竹原 - 赤坂 - 川前小学校前 - 赤坂一丁目 - 赤坂三丁目 - 青野木 - 畑前北
  • 856/S856系統(赤坂三丁目止まり)
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 東北大学病院前 - 大崎八幡宮前 - 八幡六丁目 - 折立 -(赤坂三丁目行のみ陸前落合駅) - 落合駅入口 - 大竹原 - 赤坂 - 川前小学校前 - 赤坂一丁目 - 赤坂三丁目
  • 77系統
    • 愛子駅 - 開成橋 - 赤坂 - 川前小学校前 - 赤坂一丁目 - 赤坂三丁目 - 青野木 - 畑前北

折立・茂庭台線[編集]

全系統川内営業所と共管

  • 760/S760系統
  • 761/S761系統
    • 仙台駅前 - 広瀬通駅 - 広瀬通一番町 - (西道路) - 折立小学校前 - 西花苑スポーツ公園前 - 西花苑二丁目
  • 765/S765系統
    • 仙台駅前 - 広瀬通駅 - 広瀬通一番町 - (西道路) - 広瀬病院前 - 茂庭台一丁目 (→ 茂庭台一丁目南)
  • 766/S766系統
    • 仙台駅前 - 広瀬通駅 - 広瀬通一番町 - (西道路) - 広瀬病院前 - 茂庭台一丁目 - 生出市民センター前 - 生出橋
  • 860/S860系統
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 東北大学病院前 - 大崎八幡宮前 - 八幡六丁目 - 折立 - 折立小学校前 - 西花苑スポーツ公園前 - 西花苑二丁目
  • 861/S861系統
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 東北大学病院前 - 大崎八幡宮前 - 八幡六丁目 - 葛岡駅前(お盆・お彼岸期間は経由せず) - 折立 - 折立小学校前 - 西花苑スポーツ公園前 - 西花苑二丁目
  • 866/S866系統
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 東北大学病院前 - 大崎八幡宮前 - 八幡六丁目 - 折立 - 広瀬病院前 - 茂庭台一丁目 - 生出市民センター前 - 生出橋
      • 2017年4月1日より、760/765系統の茂庭台方向のみ、終点を茂庭台一丁目南に延伸(S760/S765系統は、従来通り茂庭台一丁目を始発地とする)[1]。 

秋保・二口線[編集]

※770/S770系統を除き、並木 - 二口間がフリー乗降扱いとなる。

  • 83系統
  • 84系統
    • (愛子駅 →)市営バス白沢車庫前 - 折葉 - 秋保中学校前 - 境野 - 秋保中学校前 - 上の原
    • 2016年4月1日より、平日の朝1本が愛子駅始発となる。
  • 85系統
    • 愛子駅 - 錦ヶ丘一丁目 - 秋保文化の里センター前 - 湯向 - 境野 - 秋保中学校前 - 上の原 - 秋保大滝 - 野尻町北
  • 86系統
    • 市営バス白沢車庫前 - 折葉 - 秋保中学校前 - 境野 - 秋保中学校前 - 上の原 - 秋保大滝 - 野尻町北
  • 87系統
    • 愛子駅 - 錦ヶ丘一丁目 - 秋保文化の里センター前 - 湯向 - 境野 - 秋保中学校前 - 上の原 - 秋保大滝 - 野尻町北 - 二口
  • 770/S770系統
    • 仙台駅前 - 広瀬通駅 - 広瀬通一番町 - (西道路) - 折立 - 栗生 - 錦ヶ丘一丁目 - 錦ヶ丘八丁目
    • 平日のみ運行。

八ツ森線[編集]

※ニッカ橋 - 八ツ森間がフリー乗降扱いとなる。

  • 60系統
    • 作並駅 - 作並駅前 - ニッカ橋 - 新川分校入口 - 八ツ森
  • 63系統
    • 市営バス白沢車庫前 - 熊ヶ根駅前 - 熊ヶ根関 - ニッカ橋 - 新川分校入口 - 八ツ森 - 新川分校入口 - ニッカ橋 - 作並駅前 - 作並駅 - 作並駅前 - ニッカ橋 - 熊ヶ根関 - 熊ヶ根駅前 - 市営バス白沢車庫前
  • 65系統
    • 市営バス白沢車庫前 - 熊ヶ根駅前 - 熊ヶ根関 - ニッカ橋 - 新川分校入口 - 八ツ森

交通公園線[編集]

  • 739 - 839系統(交通公園循環。広瀬通先回り739 - S839系統、大学病院前先回り839 - S739系統、川内営業所主管長町営業所も担当。)
    • 仙台駅前 - 電力ビル前 - 県庁市役所前 - 東北大学病院前 - 宮城一高前(S739系統:尚絅学院中学・高校前) - 八幡三丁目(S739系統:ドミニコ学院前) - 交通公園・三居沢水力発電所前 - 川内駅 - 二高宮城県美術館前 - 広瀬通一番町 - 広瀬通駅 - 仙台駅前

市営バス白沢車庫前バス停[編集]

市営バス白沢車庫前バス停は仙台市営バスの停留所である。バス停は白沢出張所構内にある。

停車路線[編集]

  • [63] (作並駅経由)八ツ森
  • [65] 八ツ森
  • [80] 愛子駅
  • [84] 上の原
  • [86] 野尻町北
  • [840] 作並深沢山
  • [843] 熊ヶ根関
  • [844] (宇治沢経由)定義
  • [845] (大倉ふるさとセンター経由)定義
  • [846] (ダム西サイド経由)定義
  • [S840][S844][S845] (愛子駅・東北大学病院前経由)仙台駅
白沢車庫で運転手が交代する行路がある(仙台 - 作並温泉、仙台 - 定義)。またかつては白沢車庫より八ツ森、二口温泉、定義方面は道路が狭いために補助員が乗務していたが、現在は補助員の乗務は行っていない。

脚注[編集]