田野畑駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田野畑駅
駅舎(2010年5月)
駅舎(2010年5月)
たのはた - TANOHATA
島越 (2.2km)
(9.3km) 普代
岩手県下閉伊郡田野畑村和野第2地割46-16
所属事業者 三陸鉄道
所属路線 北リアス線
キロ程 35.6km(宮古起点)
電報略号 タハ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1984年(昭和59年)4月1日
テンプレートを表示
ホーム(2010年5月4日)
「キット、ずっとカンパネルラ田野畑駅」(2013年5月10日)
列車の運行再開まで店舗として使用されていた駅舎(2011年6月29日)

田野畑駅(たのはたえき)は、岩手県下閉伊郡田野畑村和野にある三陸鉄道北リアス線である。

駅の愛称は「カンパネルラ」。宮沢賢治の童話『銀河鉄道の夜』に登場する人物に由来する(作中ではの文字がとなっているが発音は変わらない)。

開業前、1982年当時の仮の駅名は平井賀であった[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線の地上駅である。田野畑村が受託する簡易委託駅。駅舎には出札窓口のほか、売店・喫茶もある。

のりば
1 北リアス線 宮古方面
2 北リアス線 久慈方面

駅周辺[編集]

当駅近くにある三陸鉄道の車両と同じ塗装の平井賀川の水門
  • 平井賀海水浴場
  • 平井賀郵便局
  • ホテル羅賀荘
  • 羅賀漁港
  • 田野畑村営バス「田野畑駅」停留所

その他[編集]

  • 「のどかな環境に佇む、心休まる和風の駅舎」として、東北の駅百選に選定された。
  • NHK2013年度(平成25年度)上半期連続テレビ小説あまちゃん」のロケ地となり、作中で北三陸鉄道リアス線の「畑野駅」として登場した。

隣の駅[編集]

三陸鉄道
北リアス線
快速
田野畑駅普代駅
普通
島越駅 - 田野畑駅 - 普代駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「久慈線配線略図」、『鉄道ジャーナル』第188号、鉄道ジャーナル社、1982年10月、 68頁。
  2. ^ 憩いの駅へ2商店再出発 運行絶えた三鉄田野畑駅”. 岩手日報 (2011年6月1日). 2011年8月1日閲覧。
  3. ^ “三陸鉄道:陸中野田-田野畑で運転再開”. 毎日新聞. (2012年4月1日). http://mainichi.jp/norimai/train/trainflash/news/20120401mog00m040002000c.html 2012年4月1日閲覧。 
  4. ^ “三鉄が4月全線再開 南リアス線5日、北リアス線6日”. 岩手日報. (2014年1月2日). http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20140102_2 2014年1月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]