鵜住居駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鵜住居駅
ホームと車両 (2019年3月)
ホームと車両 (2019年3月)
うのすまい
Unosumai
両石 (2.2km)
(4.0km) 大槌
所在地 岩手県釜石市鵜住居町16
所属事業者 三陸鉄道
所属路線 リアス線
キロ程 44.9km(起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
229人/日(降車客含まず)
-2003年-
開業年月日 1939年昭和14年)9月17日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示
JR時代のホーム
駅舎
東日本大震災により被災した駅の様子

鵜住居駅(うのすまいえき)は、岩手県釜石市鵜住居町にある、三陸鉄道リアス線

駅の愛称は「トライステーション」。

歴史[編集]

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)による津波で大きな被害を受け休止していたが、2019年3月23日に三陸鉄道の駅として営業再開された。

駅構造[編集]

三陸鉄道での復旧後も、被災前と同じ島式ホーム1面2線を持つ列車交換可能な地上駅の構造を踏襲している。

復旧工事にあたりホームや駅舎は全て新築され、ホームへの連絡方法は被災前は地下道だったものが踏切に改められた。


利用状況[編集]

JR東日本によると、1日平均乗車人員の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 275 [利用客数 1]
2001年(平成13年) 281 [利用客数 2]
2002年(平成14年) 271 [利用客数 3]
2003年(平成15年) 229 [利用客数 4]

駅周辺[編集]

その他[編集]

  • JR東日本が管理していた当時はエスペラントによる、「Plaĝo(プラージョ:砂浜)」という愛称がついていた。

隣の駅[編集]

三陸鉄道
リアス線
両石駅 - 鵜住居駅 - 大槌駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』21号 釜石線・山田線・岩泉線・北上線・八戸線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年12月6日、18-19頁。
  2. ^ 津波を受けた7線区の点検状況(2011年3月30日現在)、東日本旅客鉄道、2011年4月2日閲覧
  3. ^ 【東日本大震災】JR東日本、太平洋沿岸の23駅流失、SankeiBiz 2011年4月1日(2011年4月7日閲覧)

利用状況[編集]

  1. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月8日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月8日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月8日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年3月8日閲覧。

関連項目[編集]