田老駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田老駅
駅舎(2010年5月)
駅舎(2010年5月)
たろう - TARŌ
佐羽根 (3.6km)
(8.8km) 摂待
所在地 岩手県宮古市田老字小林
所属事業者 三陸鉄道
所属路線 北リアス線
キロ程 12.7km(宮古起点)
電報略号 タロ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
52人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1972年昭和47年)2月27日
テンプレートを表示

田老駅(たろうえき)は、岩手県宮古市田老字小林にある三陸鉄道北リアス線の駅である。また、当駅は日本の私鉄で最東端の旅客駅である[注 1]

駅の愛称は「銀色のしぶき」。アワビの養殖やサケ漁が盛んな港町の駅であることに由来する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅である。また、山側に側線を1本持つ。

かつて田老町観光協会が受託する簡易委託駅であり、出札窓口などを備える「田老物産観光センター」を駅舎として有していたが、東日本大震災によりその駅舎は外壁を残して全壊、更に駅舎とホームの間を結ぶ階段も瓦礫で埋め尽くされたほか、駅周辺の一部箇所で津波に晒された[1][2][3]

その後、駅舎は取り壊され、現在は完全な無人駅と化している[1]

のりば
1 北リアス線 宮古方面
2 北リアス線 久慈方面

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2008 176
2009 173
2010 154
2011 47
2012 49
2013 52

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

三陸鉄道
北リアス線
佐羽根駅 - 田老駅 - 摂待駅

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 貨物駅を加えると、北海道釧路市にある太平洋石炭販売輸送臨港線の春採駅が最東端になる。

出典[編集]

  1. ^ a b 冨手淳 (2013年9月). “田老駅(三陸鉄道北リアス線…東北)”. Web日本鉄道旅行地図帳 全線・全駅・全廃線. 新潮社. 2014年7月27日閲覧。→アーカイブ
  2. ^ 望月正彦(三陸鉄道代表取締役社長)「お年寄りや高校生の足「三鉄」の震災から復興へ (PDF) 」 、『Consultant』第263巻、建設コンサルタンツ協会、2014年4月、 26-29頁、2014年7月27日閲覧。→アーカイブ
  3. ^ (第2編 各鉄道の被災と復旧)第3章 三陸鉄道 (PDF) 」 、『よみがえれ!みちのくの鉄道』、東北の鉄道震災復興誌編集委員会(国土交通省東北運輸局)、2012年9月、 140-159頁、2014年7月27日閲覧。→アーカイブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]