コンテンツにスキップ

羽後本荘駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
羽後本荘駅
西口(2023年4月)
うごほんじょう
Ugo-Honjō
地図上は羽後本荘オフレールステーション
所在地 秋田県由利本荘市西梵天85-1
北緯39度23分11.8秒 東経140度3分26秒 / 北緯39.386611度 東経140.05722度 / 39.386611; 140.05722座標: 北緯39度23分11.8秒 東経140度3分26秒 / 北緯39.386611度 東経140.05722度 / 39.386611; 140.05722
所属事業者
電報略号 ホン
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
(JR東日本)-2022年-
906人/日(降車客含まず)
乗降人員
-統計年度-
(由利高原鉄道)-2018年-
277人/日
開業年月日 1922年大正11年)6月30日[1]
乗入路線 2 路線
所属路線 羽越本線(JR東日本)
キロ程 228.9 km(新津起点)
西目 (5.8 km)
(7.1 km) 羽後岩谷
所属路線 由利高原鉄道鳥海山ろく線
キロ程 0.0 km(羽後本荘起点)
(2.2 km) 薬師堂
備考
テンプレートを表示
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
東口(2023年4月)

羽後本荘駅(うごほんじょうえき)は、秋田県由利本荘市西梵天(にしぼんてん)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・由利高原鉄道である。

本稿では、駅周辺にある日本貨物鉄道(JR貨物)のコンテナ集配基地、羽後本荘オフレールステーションについても記述する。

概要[編集]

JR東日本の羽越本線と、由利高原鉄道の鳥海山ろく線が乗り入れ、接続駅となっている。鳥海山ろく線については当駅が起点である。

由利本荘市の中心駅であり、特急いなほ」が停車する。かつては寝台特急「あけぼの」、「鳥海」や「日本海」、臨時快速「きらきらうえつ」も停車していた。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有し、その上に橋上駅舎を有する地上駅で、東口と西口は東西連絡自由通路「ごてんまりロード」で結ばれている。

JRは、1・2番線(第1ホーム)、3番線(第2ホーム)を使用する。由利高原鉄道は、4番線(第2ホーム)を使用している。通路と陸橋はJR・由利高原鉄道で共用しているが、改札口・出札口は、待合室を挟んで、JRと由利高原鉄道のものが別々にあり、乗降する会社のものを使用することになる。国鉄末期には1・2番線ホーム中間に森川弁当部が売店を営業していた(キオスク受託運営&駅弁そばうどんを販売)。また、4番線ホームにはトイレが設置されていた。

JRの駅は直営駅である。秋田統括センターの管理駅として、本楯駅 - 道川駅間の各駅を管理する。2021年8月に橋上駅舎となり[10]、駅舎には自動券売機自動改札機、待合室、話せる指定席券売機が設置され、西口の1階には由利本荘市の観光情報発信施設が入っている。なお、2015年9月までびゅうプラザが、2018年6月までキヨスクが営業していた。

由利高原鉄道の駅は直営駅だが、改札口・出札口とも日中のみ営業する(営業時間7時30分 - 18時00分、閉鎖時間あり)。営業時間外は改札口も閉鎖され、JRの有人改札を利用する。なお、駅員がいる時間帯も羽後本荘駅で下車する際は車内精算となっている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 羽越本線 下り 秋田方面[14]
2 上り 酒田新潟方面[14]
3 (待避線・当駅始発・終電留置
4 鳥海山ろく線 下り 前郷矢島方面
  • 別に留置線が敷設されているが、電化されていないため使われていない。
  • 夜間滞泊列車は3番線を使う。また、当番線を発着する全て列車はホームの酒田方面側に停車する。
  • 由利高原鉄道4番線のすぐ隣に羽越本線3番線秋田方と由利高原鉄道をつなぐ側線があり、由利高原鉄道がメーカーからの車両を搬入するときにだけ使用されている(通常は途中に簡易車止めが置かれ、由利高原鉄道の保守用車が留置)。

羽後本荘オフレールステーション[編集]

羽後本荘オフレールステーション(略称、羽後本荘ORS・北緯39度23分17.4秒 東経140度3分28.9秒)は、駅の東側にあるJR貨物のコンテナ集配基地(オフレールステーション)。線路は敷設されていないため貨物駅ではなく、貨物列車の発着もない。秋田貨物駅との間で列車代替のトラック便が1日3往復運行されていたが、2021年3月の時点では『貨物時刻表』の「オフレールステーション・新営業所時刻表」頁に当施設発着のトラック便時刻は掲載されていない[15]。ただ、取扱拠点としては存続しており貨物取扱駅コードも付与され、2023年3月改正時点でも『貨物時刻表』の「貨物取扱駅コード図表」頁及び「コンテナ取扱駅一覧」頁に掲載されている[16]

取扱貨物は、コンテナ貨物のみで、12フィートコンテナを取り扱っている。

1986年に駅での貨物取扱が廃止され、代替として羽後本荘コンテナセンターが設置された。その後2006年の名称整理の際に羽後本荘オフレールステーションに改称した。

利用状況[編集]

JR東日本[編集]

2022年度(令和4年度)の1日平均乗車人員906人である[利用客数 1]

2000年度(平成12年度)以降の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 2,021 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,951 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,868 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,762 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,703 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,642 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,600 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,516 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 1,415 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 1,367 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 1,338 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 1,316 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 1,301 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 1,333 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 1,240 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 1,225 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 1,159 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 1,109 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 1,088 [利用客数 20]
2019年(令和元年) 1,064 [利用客数 21]
2020年(令和02年) 892 [利用客数 22]
2021年(令和03年) 870 [利用客数 23]
2022年(令和04年) 906 [利用客数 1]

由利高原鉄道[編集]

1日乗降人員推移 [17][18]
年度 1日平均人数
2015年 339
2016年 335
2017年 293
2018年 277

駅周辺[編集]

西口側は由利本荘市(旧・本荘市)の中心部である一方、東口側は国道105号線本荘東バイパスの開通以降、宅地や商業地の開発が進んだ地域である。

当駅東口へアクセス道路である停車場東口線(市道)の幅員は3.0 - 5.1メートルと狭隘な道路で問題になっていた[19][20]。2023年4月1日に駅の東西に整備されていた広場が完成し、24時間利用可能な有料駐車場も東西に配置され、屋根付きの歩道が整備されるとともにバリアフリー化された[13]

バス路線[編集]

羽後交通の路線バスが、西口側において連絡する[注釈 4]。実質的なバスターミナルは、当駅からやや離れた場所にある、羽後交通本荘自動車営業所となっている(循環バスも、「羽後交通前」の停留所名で停車する)。なお、西口駅前広場の整備期間中、待合所は仮設のプレハブ小屋となっていた[21]。また、バス停の位置も暫定的なものとなっていたが、一部整備終了[注釈 5]に伴い、乗り場はこれまでの位置に戻り、降り場は仮バス停の位置になった[22]

その他[編集]

踊る銅像が人々を迎える駅であるとして、2002年(平成14年)、東北の駅百選に選定された。

隣の駅[編集]

※東日本旅客鉄道の特急「いなほ」の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

東日本旅客鉄道(JR東日本)
羽越本線
西目駅 - 羽後本荘駅 - 羽後岩谷駅
由利高原鉄道
鳥海山ろく線
羽後本荘駅 - 薬師堂駅

脚注[編集]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 高崎線本庄駅と区別するため「羽後」が付いた。
  2. ^ 横荘鉄道はのちに羽後鉄道から羽後交通になる。
  3. ^ 当初は2020年10月の供用開始が予定されていたが、旧駅舎のアスベスト除去のため2021年3月末に延期された[12]。さらに、地盤にコンクリートのくいを設置する「くい基礎工事」の工期が延びたことを理由に、供用開始時期が2021年8月末に再び延期された[12]
  4. ^ 由利本荘市循環バスの事業主体は由利本荘市で、羽後交通に委託する形をとっている
  5. ^ 駐車場を除く
  6. ^ 12月 - 3月までの運行。

出典[編集]

  1. ^ a b 「鐵道省告示第67号」『官報』1922年06月27日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ a b c “国鉄羽後本荘駅 60年間ごくろうさん 23日から解体作業” 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p11. (1981年5月19日 朝刊)
  3. ^ 「鐵道省告示第278号」『官報』1937年08月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ “新駅舎が完成 15日に開業式 羽後本荘駅” 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p13. (1981年12月6日 朝刊)
  5. ^ a b c d 石野哲(編)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、564頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  6. ^ 各駅情報
  7. ^ 「羽後本荘駅」仮駅舎使用開始のお知らせ』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道秋田支社、2019年5月15日。オリジナルの2020年3月27日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20200326164351/https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20190515.pdf2020年3月27日閲覧 
  8. ^ a b 駅の情報(羽後本荘駅):JR東日本”. 東日本旅客鉄道. 2021年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月1日閲覧。
  9. ^ a b 「話せる指定席券売機」の導入について提案を受ける!” (PDF). 東日本旅客鉄道労働組合秋田地方本部 (2021年5月25日). 2021年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月27日閲覧。
  10. ^ a b 羽後本荘駅新駅舎の供用を開始します!』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道秋田支社、2021年7月1日。オリジナルの2021年7月1日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20210701080705/https://www.jreast.co.jp/press/2021/akita/20210701_a02.pdf2021年7月1日閲覧 
  11. ^ “「きれい」「便利になった」 羽後本荘駅新駅舎、供用始まる”. 秋田魁新報. (2021年8月5日). オリジナルの2021年8月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210809035501/https://www.sakigake.jp/news/article/20210805AK0036/ 2021年8月9日閲覧。 
  12. ^ a b “羽後本荘駅・橋上駅舎供用、来年8月に 工期再延長で”. 秋田魁新報. (2020年3月28日). オリジナルの2020年9月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200907141012/https://www.sakigake.jp/news/article.jsp?kc=20200328AK0012 2020年9月7日閲覧。 
  13. ^ a b 羽後本荘駅の東西に有料駐車場備えた広場完成 4月1日供用開始”. 秋田魁新報. 2023年4月1日閲覧。
  14. ^ a b JR東日本:駅構内図・バリアフリー情報(羽後本荘駅)”. 東日本旅客鉄道. 2024年4月30日閲覧。
  15. ^ 貨物時刻表』2021年3月ダイヤ改正版、鉄道貨物協会、2021年、pp.143-149
  16. ^ 『貨物時刻表』2023年3月ダイヤ改正版、鉄道貨物協会、2023年、p.60・200
  17. ^ 国土数値情報(駅別乗降客数データ) - 統計情報リサーチ、2020年8月30日閲覧
  18. ^ 国土数値情報(駅別乗降客数データ) - 国土交通省、2020年9月12日閲覧
  19. ^ 由利本荘市総合都市交通体系調査”. 国土交通省. 2023年4月1日閲覧。
  20. ^ 新・羽後本荘駅(下)近隣住民の声 整備効果、期待と疑問 - 秋田魁新報、2021年8月5日閲覧
  21. ^ 羽後本荘駅の「バス停」移設について”. 由利本荘市. 2022年12月11日閲覧。
  22. ^ 羽後本荘駅西口駅前広場の路線バスなどの乗車場所が変わります” (pdf). 由利本荘市. 2022年12月11日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2022年度)”. 東日本旅客鉄道. 2023年7月13日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月21日閲覧。
  21. ^ 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月13日閲覧。
  22. ^ 各駅の乗車人員(2020年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月25日閲覧。
  23. ^ 各駅の乗車人員(2021年度)”. 東日本旅客鉄道. 2022年8月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]