エクスプレス鳥海号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エクスプレス鳥海号(エクスプレスちょうかいごう)は東京都秋田県由利本荘市を結ぶ夜行高速バスである。

本稿では改名前の愛称であるドリーム鳥海号(ドリームちょうかいごう)についても記載する。

運行会社[編集]

  • 羽後交通
    • 本荘自動車営業所担当、ツーマン運行。
    • 電話予約は、横手市にある高速バス予約センターが担当する。発券は、本荘自動車営業所など、羽後交通の高速バス券が発券できる拠点であればどこでも可能。
  • 関東バス

過去の運行会社[編集]

  • ジェイアールバス東北
    • 乗務員は福島支店担当、ワンマン運行(福島西ICで交代)。車両は秋田支店所属。
    • ジェイアールバス東北側への運行に関する連絡先は、同社ホームページでは福島支店となっていた。乗車券の電話予約は、ジェイアールバス東北側では受付しない。
※東京側の運行支援業務はJRバス関東東京支店が担当。

運行経路[編集]

現行[編集]

東京駅(乗車:八重洲南口、降車:日本橋口) - (東京発は宝町出入口、本荘発は呉服橋出入口) - (首都高速道路) - (川口JCT) - (東北自動車道) - (村田JCT) - (山形自動車道) - (鶴岡JCT) - (日本海東北自動車道) - (酒田IC) - (国道7号) - 象潟駅前 - 金浦駅前角 - 仁賀保駅前 - 西目高校前 - 羽後本荘駅前 - 本荘営業所

※ただし、月山道路が通行止めとなった際、旧運行経路で運行される場合がある。

旧運行経路(2001.2.28まで)[編集]

東京駅 - (首都高速道路) - (川口JCT) - (東北自動車道) - (村田JCT) - (山形自動車道) - (山形北IC) - (国道13号) - (新庄市) - (国道47号) - (立川町) - (国道7号) - 象潟駅 - 金浦駅前角 - 仁賀保駅前 - 西目高校前 - 羽後本荘駅 - 本荘営業所

運行回数[編集]

  • 1日1往復。

歴史[編集]

  • 1992年平成4年)2月11日: 運行開始。
  • 1996年(平成8年)2月28日: JRバスの担当が象潟営業所から秋田支店となる。
  • 2001年(平成13年)3月1日: 山形北IC - 酒田IC間が高速道経由となり、所要時間を35分短縮。
  • 2007年(平成19年)11月30日: 同日の本荘発便より降車場所が東京駅日本橋口となる。
  • 2009年(平成21年)11月1日: 同日出発便よりコンビニエンスストア(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)での乗車券発売を開始。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月19日: 同年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により運休していたが、この日の本荘発の便(東京発は翌3月20日)より羽後交通が関越自動車道経由で隔日運行を再開。
    • 3月28日: この日の出発便よりJRバス東北も運行を再開、通常運行に戻る。
  • 2014年(平成26年)4月1日: 運賃改定[1](運賃の詳細は運行各社のサイトを参照)。
  • 2018年(平成30年)10月1日: この日よりJRバス東北が運行を休止、羽後交通の単独運行となる[2]
  • 2019年(平成31年)4月1日:この日より関東バスが参入、あわせて愛称を『エクスプレス鳥海号』に改名[3][4]

車両[編集]

原則的にトイレ付独立3列シート日野・セレガSHD、三菱ふそう・エアロクイーンが使用される。

羽後交通の運行開始当時の車両はボルボ・アステローペであった。JR系のバス事業者ではないものの、これがドリーム号では初のアステローペ導入と見ることもできる。なおこの車両の後方部(いわゆる1階席)にサロン室が設置されており、当時の路線バスとしては珍しく喫煙が可能であった。

なお、JRバス東北(運行休止)は日野・セレガHD、三菱ふそう・エアロエースを使用していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]