三瀬駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三瀬駅
駅舎
駅舎
さんぜ
Sanze
小波渡 (3.1km)
(5.7km) 羽前水沢
所在地 山形県鶴岡市三瀬丁88
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 羽越本線
キロ程 123.2km(新津起点)
電報略号 サン
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
58人/日(降車客含まず)
-2009年-
開業年月日 1922年大正11年)5月22日
備考 無人駅
テンプレートを表示
ホーム

三瀬駅(さんぜえき)は、山形県鶴岡市三瀬丁(さんぜてい)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線である。

歴史[編集]

  • 1922年大正11年)5月22日:国鉄陸羽西線の駅として、羽前大山 - 当駅間開業と同時に開設。
  • 1924年(大正13年)7月31日:羽越線の駅となる。
  • 1925年(大正14年)11月20日:支線となる赤谷線の開業に伴い、羽越本線の駅となる。
  • 1972年昭和47年)
    • 9月1日:貨物及び荷物の取扱を廃止。
    • 12月1日:荷物の取扱を再開。
    • 12月5日:業務委託駅に指定。
  • 1981年(昭和56年)11月:新駅舎(現駅舎)竣功。
  • 1984年(昭和59年)2月1日:荷物の取扱を廃止。
  • 1985年(昭和60年)3月14日:無人化。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道の駅となる。
  • 2012年(平成24年)5月1日名誉駅長を配置[1]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

酒田駅管理の無人駅であるが、かつては駅員が配置されていた。その後、駅および駅周辺の美化活動を行うボランティアとしてJR東日本OBに名誉駅長を委嘱している[1]。以前は簡易型自動券売機が設置されていたが、現在は撤去されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 羽越本線 下り 鶴岡酒田方面[2]
2 (待避線)
3 上り 村上新津方面[2]

利用状況[編集]

1日平均乗車人員および年間乗車人員の推移は以下のとおりであった。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
年間
乗車人員
出典
一般 定期
1965年(昭和40年) 778     [3]
1970年(昭和45年) 554     [4]
1975年(昭和50年) 485     [5]
1989年(平成0元年)   20,200 50,800 [6]
1990年(平成02年)   19,600 51,300
1991年(平成03年)   16,600 52,700
1992年(平成04年)   9,100 51,300
1993年(平成05年)   7,300 52,000
1994年(平成06年)   10,200 51,300
1995年(平成07年)   12,800 50,300
1996年(平成08年)   11,500 48,600
1997年(平成09年)   11,900 43,200
1998年(平成10年)   10,500 36,100
1999年(平成11年)   9,900 34,000
2000年(平成12年)   8,500 34,700
2001年(平成13年)   7,900 34,200
2002年(平成14年)   8,600 28,700
2003年(平成15年)   7,500 30,700
2004年(平成16年)   6,800 26,500
2005年(平成17年)   7,100 25,100
2006年(平成18年)   7,000 25,700
2007年(平成19年)   6,800 25,500
2008年(平成20年)   6,900 23,700
2009年(平成21年)   6,900 21,100


駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
羽越本線
小波渡駅 - 三瀬駅 - 羽前水沢駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “「名誉駅長」の配置について” (pdf) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道 新潟支社, (2014年4月27日), オリジナルの2013年1月17日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130117165933/http://jrniigata.co.jp/press/20120427meiyoekityou.pdf 2014年10月25日閲覧。 
  2. ^ a b 時刻表 三瀬駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月12日閲覧。
  3. ^ 鉄道統計年報昭和40年版p102 新潟鉄道管理局
  4. ^ 鉄道統計年報昭和45年版p90-91 新潟鉄道管理局
  5. ^ 鉄道統計年報昭和50年版p64-65 新潟鉄道管理局
  6. ^ 11.運輸・通信 (PDF)”. 平成22年版 鶴岡市の統計書. 鶴岡市. p. 111 (2011年8月). 2019年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]