出戸信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯39度18分44秒 東経139度59分03秒 / 北緯39.31222度 東経139.98417度 / 39.31222; 139.98417

出戸信号場
構内配線図 A:西目 B:仁賀保
構内配線図 A:西目 B:仁賀保
でと
Deto
仁賀保 (3.1km)
(5.3km) 西目
所在地 秋田県由利本荘市西目町出戸
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 羽越本線
キロ程 217.8km(新津起点)
電報略号 テト
開業年月日 1962年昭和37年)9月29日
テンプレートを表示

出戸信号場(でとしんごうじょう)は、秋田県由利本荘市西目町出戸にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線信号場である。

歴史[編集]

構造[編集]

仁賀保駅より西目駅方向に約3.1kmにある2線の信号場。

本線副本線とも双方向に出発信号機を備えた一線スルー構造となっている。

以前は国道7号線側には2階建屋が、海側にはホームがあった。

周辺[編集]

信号場西側約250mに日本海、東側は山林である。東側すぐ横に国道7号が平行している。一部がにかほ市に入っている。

2007年9月から2012年10月まで日本海東北自動車道両前寺仮出入口が近くに設置されていた。

交通手段[編集]

仁賀保駅からタクシーを利用するか徒歩しか交通手段はない。

隣の施設[編集]

東日本旅客鉄道
羽越本線
仁賀保駅 - 出戸信号場 - 西目駅