女鹿駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
女鹿駅
旧駅舎
旧駅舎
めが
Mega
吹浦 (3.6km)
(5.1km) 小砂川
所在地 山形県飽海郡遊佐町吹浦字女鹿
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 羽越本線
キロ程 189.7km(新津起点)
電報略号 メカ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
4人/日(降車客含まず)
-2004年-
開業年月日 1987年昭和62年)4月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示
女鹿駅の位置
女鹿駅の位置
女鹿駅の
位置
女鹿駅の位置
女鹿駅の位置 別地図
女鹿駅の位置 別地図
女鹿駅の
位置
女鹿駅の位置 別地図
時刻表(2007年)

女鹿駅(めがえき)は、山形県飽海郡遊佐町吹浦字女鹿にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線である。

山形県最北端の駅である。停車する列車は酒田 - 秋田間を運行する普通列車のうち、上りが朝2本、下りが昼1本・夕方3本の計6本が停車するのみで、その他の列車はすべて通過する。

歴史[ソースを編集]

駅構造[ソースを編集]

相対式ホーム1面1線を有する地上駅。両ホームは構内踏切で連絡している。停車する列車はいずれも駅舎(西側)に面する1番線から発着する。駅舎から離れた側のホームは撤去された。

羽後本荘駅管理の無人駅。2016年3月に新駅舎がJR東日本によって建設された。旧駅舎は信号場時代に地元の3集落が建てたもので、待合室の機能のみで、公衆電話はなく、トイレも使用できず、駅舎内の電灯は自動スイッチになっていないため、利用者自らスイッチを入れなければならないものであった。

のりば[ソースを編集]

1 羽越本線 (上り) 酒田鶴岡方面
(下り) 象潟羽後本荘秋田方面
2 羽越本線 (通過線)

利用状況[ソースを編集]

2004年度の乗車人員は、1日平均4人[2]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 10
2001 11
2002 11
2003 6
2004 4

駅周辺[ソースを編集]

駅前には車寄せ、駐輪場等はなく、国道7号のバイパスから通じる30m程の小路があるのみ。女鹿地区の集落とは若干離れており、駅周辺にはバイパスを挟んで民家が数軒あるのみ。

隣の駅[ソースを編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
羽越本線(一部列車は通過)
吹浦駅 - 女鹿駅 - 小砂川駅

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 駅舎に書かれている「女鹿」の横に白い「□」が3つ書かれているのはその頃の名残で、もともと「女鹿信号場」と書かれていたのを塗りつぶしたもの
  2. ^ 『山形県の鉄道輸送』平成26年度版 - 山形県

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

  • 女鹿駅(各駅情報) - 東日本旅客鉄道